ひとつぶの麦

北海道標茶町のふわふわ・もちもちの小さなパン家

お盆休み

ひとつぶの麦の物語

お盆休み期間中も通常どおり営業いたしました。お盆をふるさとや行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュ、ひとつぶの麦にもそういったお客様がたくさん寄って下さいます。週刊フィットの表紙に載った事も影響してか、今年は特に忙しかったように感じました。昨年は札幌の姉夫婦が墓参りに来たり、横浜から甥夫婦が遊びに来たりと大変賑やかでしたが、今年は仕事、仕事、仕事のお盆だったような気がします。それでもお盆になると、仏壇の飾り付けに墓参り、神社(お祭り)にお神輿にetc、欠かせない行事もたくさん有るわけです。が、しかし、そんな多忙な折りにもプールだけは休みませんでした。ご先祖様怒ってるかな・・・?
KIMG0146-1.jpg
KIMG0147-1.jpg
スポンサーサイト

▲PageTop

ちょっとハードで、ちょっと焦った一週間

ひとつぶの麦の物語

川崎市のクレッセント川崎2階カフェと、東京の加賀学園通り1階のミニショップJBSへのパンの発送日。今回は両方とも量が多かったので、ヤマト運輸のクルール便では規格オーバー、なので、佐川急便で発送する事になりました。箱詰めするとがさ張り、ひとつぶの麦の冷凍庫には入らないので、急遽三楽荘さんの大型冷凍庫に保管させていただく事に、箱詰め等で連絡が遅れ、危うく発送が出来なくなるところでした。三楽荘さんには大変ご迷惑をお掛けいたしました。店の販売と予約のパン作り、そして、クレッセント川崎とミニショップのパン作りと発送、ちょっとハードで、ちょっと焦った一週間でした。
KIMG0144-2.jpg
KIMG0145-1.jpg

▲PageTop

孫の面倒

ひとつぶの麦の物語

さくらが泊まりに来ました。晩ご飯は中学時代の同級生が営む「寿々屋」で食べる事に、偶然ですが寿々屋の息子と次男の雄記も同級生なのです。今はお店を継ぎ、お寿司を握るお父さんの横で修行中でした。日曜日、息子夫婦は映画を見に行くとの事で、さくらの面倒は私たち夫婦が見る事になりました。最近は玩具で遊ぶ事を覚えたので少しは楽になりましたが、やはり目が離せません。今回もパソコンのマウスを投げ、二つのうち一つが壊されました。部屋の中も、ベットの上も玩具だらけ、とにかく台風でも通ったあとのように、家中すごいありさまなんです。やっとの思いで昼ねをさせ、その隙にプールに行ってひと泳ぎ、孫を預かっても水泳は休みません。気持ちを切り替え、2.000メートルを一時間掛けゆっくりと泳いで来ました。考えてみるとプールで一時間泳ぐよりも、孫の面倒を見るほうが大変なのかも?でもやっぱり孫は可愛いもんです。
IMG_8041-6.jpg
IMG_8046-1.jpg
IMG_8049-2.jpg
IMG_8051-7.jpg
IMG_8054-5.jpg


▲PageTop

大根のしょうゆ漬け

ひとつぶの麦の物語

谷川さん家から頂いた大根の余りで、大根のしょうゆ漬けを作りました。大根は皮をむいて2㎝の角切りにし、塩をまぶして15分ほど置きます。しんなりしたら水洗いし、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。ポリ袋に大根を入れ、手でもんだ削り節とだし汁(醤油、みりん、砂糖、酢)を混ぜ、軽くもんで口を閉じます。冷蔵庫に入れ、2時間ほど置くと完成です。その間プールに行き、クロールに背負泳ぎに平泳ぎ、たっぷり1時間泳いで来ました。
KIMG0120-1.jpg
KIMG0121-1.jpg
KIMG0122.jpg
KIMG0124.jpg
KIMG0126-1.jpg

▲PageTop

大根の煮物

ひとつぶの麦の物語

谷川旅館の奥さんから、採りたての大根をいただきました。何でもご主人が栽培したとの事で、少し小ぶりですが愛情はたっぷりのようです。なので、晩ご飯のおかずに大根の煮物を作る事にしました。
KIMG0132.jpg
2~3㎝にカット、1センチほど十字の切りこみ(隠し包丁)をいれ、面とりをしました。
KIMG0133.jpg
昆布と大根を鍋に入れ煮立ったら中火にし、だし汁(醤油、みりん、白だし、酒、砂糖)を加え落としぶたをし1時間煮込みました。
KIMG0135.jpg
KIMG0136.jpg
KIMG0138-2.jpg
KIMG0139-1.jpg
火を止め、味がしみるまで1時間ほどおき、さらに弱火で30分煮込みました。しばらく置いておくと味がしっかりとしみるので、その間にプールに行き、たっぷりと1時間泳いで来ました。大根だけのシンプルな煮物ですが、ご飯もドンドン(ビールもガンガン)すすんじゃいます。作り置きできるので、冷蔵庫に入れ一晩置くと更においしくいただけます。
KIMG0142-1.jpg

▲PageTop

Menu

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻の和ちゃんと二人で、自宅の玄関を改良してのパン屋づくり。未知(職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)は似顔絵とカメラ、和ちゃんはお花とステンドグラス。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが二人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード