FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

スマホの機種変更

2019/01/14
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
日曜日、スマホの機種変更と、ヤマダ電機で購入したCD(不良品)の交換で、和ちゃん(妻)と釧路に行ってきました。ブログの写真を撮るのに手軽なコンパクトカメラでもと購入を検討していましたが、機種変更したスマホで部屋の写真を撮ってみたら、以前とは違い写真機能の充実しているのにビックリ!勇んでカメラを購入しないで良かったなと喜んでいます。担当の女子職員から、「家電も全てSoftBsnkに以降するとお得ですよ!」や何やらの説明を聞くのに時間が掛り、長時間和ちゃんを待たせてしまいました。釧路の帰り、「研ちゃんは女性に甘いんだから~!」と、女性と決断力が弱さを和ちゃんに指摘されました。
IMG_9808.jpg
部屋
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

謹賀新年

2019/01/13
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
謹賀新年
新年あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりうました。お陰様でひとつぶの麦も十年目に突入いたしました。これもひとえに皆様のご愛顧とご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。昨年は筋トレと水泳で老体に鞭打って、暮れは断捨離に夢中になった一年でした。今年も体調管理に努め、不要な物を減らし、心も身も生活もスッキリして、パン作り十周年を迎えたいものだと切に願っています。皆様に喜んでいただけるパン作り、ご期待に添えるべくパン作りに精進して参りますので、本年も何卒よろしくお願いいたします。皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
                                                           猪

                                 
                                      
            

達古武の湿原デッサン画

2018/12/21
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
ひとつぶの麦も今年の10月で十年目、オープンしてから九年が経過いたしました。先日、釧路の畠山さんご夫婦がお見えになり、十年目の区切りとして絵をプレゼントしてくれました。絵は、佐々木栄松記念 釧路湿原美術館(釧路市阿寒町)の佐々木栄松画伯の達古武の湿原デッサン画で、額縁も素晴らしく、とても高価なものでした。佐々木画伯は、湿原を画かせたら天才的センスの持ち主で、右に出るものはいないと言っても過言ではないでしょう。箱を開け絵を見た瞬間、言葉では表せない迫力に圧倒され、何も言わずに絵を抱えて二階に飛んで行き、部屋の壁に掛け感動しまくりました。当然ですが、夜はステンドとクラッシックをバックに、いただいた絵を眺めながらひとり男の世界に浸っていました。
IMG_9800.jpg
IMG_20190116_093734_BURST001_COVER.jpg
                                 
                                      
            

断捨離(だんしゃり)

2018/12/13
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
断捨離始めました。和ちゃん(妻)がNHKで見たミニマリスト(ミニマムな生き方/持たない暮らし)が切っ掛けでした。食器に衣類にetc、使っていない物は全てクリーンセンター行き、タンスはハンマーとバルでぶっ壊し、薪ストーブを焚いている人にあげました。部屋も広くなり、整理整頓も出来て最高です。それでも思い出の詰まった物はなかなかすぐには投げられないものです。時間を掛け、必要かどうか十分に検討し、後から悔やむことのないように処分していくのも大切です。男性の場合、そもそも断捨離という言葉自体知らない人が多く、知人に話すと、「もう終活やってるの?」って言われてしまいました。それに比べると女性の反応は全然違い、「羨ましいな~」なんて言いながら話を聞いてくれます。それにしても使わないのに捨てられない物のって多いですよね。
IMG_9781.jpg
                                 
                                      
            

一期一会の会

2018/12/05
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
12月2日()、養老牛温泉の「湯宿だいいち」に行ってきました。一期一会の会と称し、JA時代の役職員OBで、温泉と料理を楽しもうと、年に1~2度集まっています。夕食後、お食事処「野鳥のもり」を貸し切り、午前二時までワイワイガヤガヤ楽しい一夜を過ごしました。
IMG_6049.jpg
IMG_9778.jpg
乾杯
IMG_9758.jpg
IMG_9771.jpg
カウンター
                                 
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード