FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻の和ちゃんと二人で、自宅の玄関を改良してのパン屋づくり。未知(職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)は似顔絵とカメラ、和ちゃんはお花とステンドグラス。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが二人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

「ひとつぶの麦」の由来について

2009/08/30
category - ひとつぶの麦の由来
コメント - 0
                         
店名「ひとつぶの麦」の由来は、三浦綾子読書会の「塩狩峠」で下記の聖書の下りに出会い感動、自分が店を始める時には、この福音に基づいた店づくりをしたいと心に決めていました。(いわゆる夢の実現といったとこです!)売ることも大切ですが、それ以上に人との出会いやふれあいを大切にし、子供からお年寄りまで気軽に立ち寄り、話と買い物が出来るような、そんな「お休み処のパン家」、「焼きたてのパン家」が二人の夢でもあり、また、目標でもあるわけです。ですからひとつぶの麦では、安全で安心、そして、ふわふわもちもちの美味しいパンを作りたい、食べて喜んでもらいたいと願っているのです。
s-IMG_2631.jpg小説:塩狩峠 
結納のため札幌に向かった鉄道職員永野信夫の乗った列車が、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走し始めた。声もなく恐怖に怯える乗客。信夫は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけた・・・・・。
自らの命を犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、人間存在の意味を問う長編小説。
s-名称未設定 1作家:三浦綾子
新訳聖書 ヨハネの福音書(12章24節)
一粒(ひとつぶ)の麦がもし地に落ちて死ななければ、
それは一つのままです。
しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。
s-キリスト-1イエス・キリスト
アーメン。
                
スポンサーサイト
                
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード