FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

いよいよです。明日開店

2009/09/30
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
開店日を明日に控え、パン焼きと準備と来客に追われ、てんやわんやの一日でした。疲れた~~。
s-IMG_0640.jpg
きょうの夕刊に間に合うようにするため、1.770枚を午前t中に新聞屋に届ける。
チラ紙づくりには、親友裕ちゃん顔4と大手リビングホーマー社長テッちゃんハリーが来てくれた。かんしゃ~で~す!
s-IMG_0659.jpg
沢山の開店祝いに、感謝です。厚くお礼申し上げます。頑張ります。
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

いよいよ国際的に

2009/09/29
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 2
                         
朝、三時に起きて食パンを焼く。お世話になった人たちに焼きたてのパンを届けるために。開店が10月1日と決まり店の準備で、なんやかんやとバタバタの日々。やらなければならない事はまだまだ沢山有るのでしょうが、和ちゃんと二人で話し合い、自分たちのペースでのんびり楽しくパンを焼こうと決め、お互いにプレッシャー掛け合わないようにするもののすぐ忘れ、あれもこれもと気持ちが焦って、ついつい火花が散ってしまうこともしばしばです。そんな今日、バタバタした気持ちに休息を与えるお客様が来ました。知り合いのMadokaさんが友人のアメリカ人、ダグラスさんを連れてきてくれたのであります。この国際的出会いに、和ちゃんと研ちゃんはしばしパンづくりを忘れ、一緒にコーヒーや紅茶を飲みながら(当然、ひとつぶの麦のパンも食べながら)会話(日本語ですが)を楽しみました。
s-IMG_0647.jpg写真をクリック
このハチミツはダグラスさんのおみやげ。この珍しいお客様にスターウォーズたちもビックリ「おー・まい・ガットビックリ
サンキュー!ダグラスさん。とても楽しい時間をありがうございます。真心のこもった「おみやげ」に感謝します。味のほうもベリーベリーグットでした。研ちゃんと和ちゃんより。追伸、今度は夕食をご一緒に。是非!
                                 
                                      
            

ひとつぶの麦とかかしとパン

2009/09/27
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
問題だった店(家)の入口をどうパン家の入口らしく見せるか、残されたこの問題を解決してくれたのが、大手リビングホーマー社長のテッちゃんです。ハリーテッちゃん(社長をつかまえて、テッちゃんは失礼ですが)はイラストレターなるソフトを巧みあやつり、研ちゃんの要望や難問を次からつぎへとを解決してくれたので有ります。しかも無償で(社長は請求するつもりかもしれませんが)やってくれたのです。あっテッちゃん!ついでにかかし君のところに麦の絵も~!
s-IMG_0601.jpg写真をクリック
ひとつぶの麦とパンのイラスト
s-IMG_0603.jpg
我が社のトップ宣伝マン「かかし君」
s-IMG_0606.jpg
男性どうだい!カッコついたんでないかい~!
厨房の作業台や調理器具を乗せる棚など、この狭い店(家)にどう設置値するかは、親友顔4裕ちゃん(大手クリーニング店の社長をつかまえて裕ちゃんは失礼ですが)解決してくれました。しかも自分の仕事が終わった夜に、かつ無償で(本人は請求するつもりかもしれませんが)やってくれたので有ります。ご親切なお二人に、この場をおかりして厚くお礼申し上げます。あの~、まさか~、今さら~、請求書は届きませんよんよね。お二人顔3ハリー・!?





                                 
                                      
            

子供連れのお客様

2009/09/26
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
今日、ひとつぶの麦に突然、子供連れのお客様が入って来ました。歩道を歩きながら目に止まったのがこの看板。
s-IMG_0549.jpg
なんのお店かとのぞいて見ると、目に止まったのがこの看板。
s-IMG_0001.jpg
店のドアを開けデイジー男の子男の子私のむすこ女の子「ここでパン買えるんですか食パン・!?男性「まだ、開店はしてませんが、どうぞー!」にっこり「10月1日がオープンなんです!よろしく~!」男性にっこり「今朝、焼いたパンです。よろしかったら、どうぞ皆さんでお食べ下さい!」デイジー「お金払います!」
と言った出来事が・・・・・・・。研ちゃんと和ちゃんの夢に描いていたパン家、小さなパン家、焼きたてのパン家がまさに、この親子の来店に現れているのです。看板に惹かれ、焼きたてのにおいに惹かれ入ると店の中はジブリの世界だったなんて夢の店を。中で休むことも出来ますのでと説明すると、あら、イイですね~!と笑顔が返ってきました。子供たちが我が社のトップ宣伝マンかかし君を見て「これ、カワイイ~!」ごめんなー!涙が出ますわ、マジで。大感謝で~す!!!
s-IMG_0492.jpg
宣伝いたしますからと言っていただいたので、フライヤーを渡し「よろしくお願い致しま~す!」と、二人で深々と頭を下げました。小樽の兄が言っていました。たとえ一人でも自分のお客様は大切だと。お客様は神様です。(古い台詞ですみません)
                                 
                                      
            

ゴジラ岩(藻琴山)

2009/09/25
category - 山日記
コメント - 1
                         
23日の朝、天気も良好なので急遽登山に行くことに決定。和ちゃんの親友良ちゃんに連絡を取り和ちゃんにっこり「良ちゃんなにしてる~、もし良かったら登山でもどうかと」良ちゃん絵文字名を入力してください「いいよ、行く!行く!」となった次第です。大雪や十勝岳、雄阿寒岳、雌阿寒岳(地元の西別岳も最高ですが)の100名山を含め、年間40回は登っていた山もパン家の開店の準備のため(腰痛もありましたが)今年はゼロでした。
途中セイコマでおにぎりや飲み物を買い、いざ藻琴山へ!と、愛車オデッセイを走らせる。
s-IMG_0484.jpgs-IMG_0480.jpgs-IMG_0474.jpg写真をクリック
左:この看板が登山口の目印。中央:雲のかかった斜里岳。右:ハイランド小清水725。
s-IMG_0483.jpgs-IMG_0482.jpgs-IMG_0384.jpg
左:登山口の看板。中央:案内図。右:スタートは8合目、ここで登山届け。
s-IMG_0386.jpgs-IMG_0395.jpgs-IMG_0396.jpgs-IMG_0397.jpgs-IMG_0398.jpg
8合目と9合目の間に有る休憩場所。二人はここを8.5合目だとか・!?
s-IMG_0399.jpgs-IMG_0401.jpgs-IMG_0403.jpgs-IMG_0405.jpgs-IMG_0407.jpgs-IMG_0406.jpg
左:頂上まで1500㍍の標識。中央:山は既に紅葉。右:紅葉を楽しみながら登る二人。
s-IMG_0408.jpgs-IMG_0409.jpgs-IMG_0411.jpgs-IMG_0413.jpg
屏風岩が見えると頂上もあと少し。屈斜路湖を眺めながらの登山、二人の足取りも段々と軽くなる。
s-IMG_0414.jpgs-IMG_0415.jpgs-IMG_0417.jpgs-IMG_0418.jpgs-IMG_0420.jpg
二人はこの屏風岩を絵文字名を入力してくださいにっこり「ゴジラ岩~!」と呼ぶ。屏風岩を登ると、そこでリンドウが二人を。
s-IMG_0423.jpgs-IMG_0425.jpgs-IMG_0426.jpg
馬の背に到着。あとは最後の登りを残すだけ。
s-IMG_0428.jpgs-IMG_0427.jpgs-IMG_0430.jpgs-IMG_0435.jpgs-IMG_0436.jpg
無事登頂です。8合目から約1時間程度の行程、満足そうな二人。
s-IMG_0432.jpg
近くの人にお願いして三人で記念写真。
s-IMG_0441.jpgs-IMG_0443.jpgs-IMG_0460.jpgs-IMG_0464.jpg
左:馬の背でお昼ご飯。右:やっぱり山は「おにぎり」に限ります(セイコマのほっとシェフ)。
s-名称未設定 1s-IMG_0468.jpgs-IMG_0473.jpgs-IMG_4731.jpg
心からリフレッシュ!マジで気持ちのいい一日でした。感謝!感謝!感謝です。
















                                 
                                      
            

おのぼり和子

2009/09/25
category - 山日記
コメント - 0
                         
残雪の西別岳(道東)斜里岳を望む
残雪の西別岳
紅葉の黒岳(大雪山)初冠雪の日
初冠雪の黒岳
愛山渓・沼の平(大雪山)展望の沼の平
画像 164
平山(北大雪)ニセイの小槍を身近に
平山岳
羅臼岳(道東)頂上から海を眺めて
羅臼岳
赤岳(大雪山)紅葉に向って
赤岳
十勝岳(十勝連峰)頂上を目指して
十勝岳
                                 
                                      
            

小さなパン家のビフォ→アフター(完成編)

2009/09/24
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
不思議な事に店の完成と、パンの依頼を受けたのが同じ日とは。局長アイコン名を入力してくださいタケちゃんからパンの依頼を受け、今朝起きたのが午前三時(天然酵母のパンの場合は前日からの仕込み)焼き終わったのが頼まれた時間の七時ジャスト。焼き終えたパンを渡し、朝食を済ませた和ちゃんは、今度はステンド作りにと工房へ消えたので有ります。チラ紙を作り終えた研ちゃんが天然酵母のパンを試作中、和ちゃんが工房からステンドが完成したと叫んで戻って来た。早い!スゴイ!きれい!と研ちゃん。そこに突然家具工房のえんちょうせんせいKATSUさんが現れ、看板が出来ましたので設置したいとのこと。研ちゃんのチラ紙が完成し和ちゃんのステンドグラスも完成、そして看板も完成とあいなった次第で有ります。おっと!そこに!女性さおりちゃんから突然のうれしいメールが、感無量の男性研ちゃん一杯やりて~ぇグラスワイン[赤]にっこり和ちゃん「合いた~い!」、まさに激動と感動の一日で有りました。偶然でしょうか。それとも神様の・・・。
それではひとつぶの麦の全貌をお見せいたしましょう。

s-IMG_0545.jpg
なんと!窓の上にはひとつぶの麦の看板が飾られ。
s-IMG_0526.jpg
な!な!なんということでしょう。窓の中には和ちゃんのステンドグラスが彩られたでは有りませんか。
s-IMG_0560.jpg
ついに完成しましたジブリの世界、そして二人の描いていた「ちいさなパン家づくり」の夢がこれで完成です。
雄叫びの男性研ちゃん「和ちゃんジンギスカン焼いてステーキうまか~っ!!!、マーちゃん祝杯グラスワイン[赤]チ~ン!!!」
                                 
                                      
            

電子店名スタンプでロゴマーク

2009/09/24
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
以前紹介した親友裕ちゃんと一緒に購入した(裕ちゃんは俺が先だと言うだろうが)CASIOの真っ赤なレジスタちゃんの電子店名スタンプが今日届きました。
s-IMG_0515.jpg
この優れものは、レジスタの横に差し込むだけで、レシートや領収書にひとつぶの麦のロゴを印字する素晴らしい電子機器なのです。まったく女の子可愛いヤツです。うふフ・・フ(にっこり和ちゃんには内緒に内緒です)
s-IMG_0511.jpg
ちなみに本日、第一号のお買い上げ者が出ました。商工会の局長アイコン名を入力してくださいタケちゃんです。売ったというよりは、お金をおいてったて感じですが。お金多過ぎですタケちゃん。
s-IMG_0512.jpg
練習に打ってみました。「はい、お釣り30円とレシートのお返しで~す。まいど、ありがとうぺこりございました!」
                                 
                                      
            

新聞折込みのチラ紙が完成

2009/09/23
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 1
                         
フライヤーも完成。値札と籠も揃った。最後は新聞折込みのチラ紙づくり、これが完成すれば後はパンづくりに専念出来るぞと、夜中まで掛かってついに完成。
s-IMG_0507.jpg
自慢するほどの出来ではないが。疲れました。センスがないいのが分かりました。

ヒエ~ッ!プリンターのCanon Pro9000が壊れちゃった~ぁ。これってプリントのやり過ぎ・!?
s-IMG_0509.jpg
がっくし汗マジまいったっす。電話をせねば、Canon、Canon、キャノ~ン!!!

和ちゃんも店の正面の窓に入れるステンドグラスの製作に追われ工房の中でてんやわんや、これが完成すれば後はパンづくりに専念出来るぞと、2枚のうち1枚が完成。
s-IMG_0487.jpg
ビフォ→
s-IMG_0490.jpg
アフター
s-IMG_0510.jpg
和ちゃんあと1枚頑張って!。あなたはスゴイ(つよい!)。
                                 
                                      
            

パン籠と値札がそろいました

2009/09/22
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
パン籠を購入。値札は研ちゃんのオリジナルで、値札立ては家具工房KATSUさんのオリジナル。
s-IMG_0377.jpg
問屋にカタログで見積もり依頼、パン焼きで価格のチエックを忘れ、つい高い買い物をしてしまい反省してます。
s-IMG_0378.jpg
釧路の大手家具店二○リさんで和ちゃんが購入してきたもの。価格もデザインもグットです。
s-IMG_0379.jpg
ステンドの工房からちょくちょく出てくる和ちゃんのお宝に、家具工房KATSUさんも感心。値段は不明ですがデザインはOK牧場。
s-IMG_0381.jpg
ひが~しぃ~!「お宝~!」・・・にい~しぃ!「二○リ~!」と言ったわけで、三役そろい踏み。
値札とかごを並べながら、ここに自分たちの焼いたパンを乗せて売るのかと思ったら、期待と不安が入り交じりチョット複雑な心境ですが、船は既に港をはなれてますので、引き返す分けにもいかず、ただ前進あるのみと言ったところです。応援よろしくお願いします。
                                 
                                      
            

店のフライヤーができました

2009/09/22
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
店のフライヤーが完成。ひとつぶの麦のパンを買って帰る際、袋の中に、暖かい手の中に、財布の中に人生いろいろ、しまい方もいろいろ、とにかく記念に持ち帰りたくなるようなものをと、無いセンスを振り絞って作った分けなので大切にお持ち帰りを。和ちゃん曰わく、フライヤーの押し売りてやつかな。でも、パンの押し売りはしませんのでご安心を。
s-IMG_0492.jpg写真をクリック
名刺サイズのミニだけど、可愛いでしょ。また押し売りしちゃった。まっ、いっか~!
                                 
                                      
            

 カマさんの思い出(神威岬感動編)

2009/09/20
category - こころ旅
コメント - 0
                         
カマさんとの再会、そしてお目当ての焼き魚との再会に満足した我らグルメメンバー、お腹がいっぱいになると、神威岬へ向け出発。いよいよ積丹半島岬めぐりの旅が、はじまりはじまり~です。
s-IMG_9604.jpg写真をクリック(拡大)
昼食後、カマさんと意気投合する義兄さんと姉さん。
s-IMG_9610.jpgs-IMG_9612.jpgs-IMG_9614.jpgs-IMG_2527.jpg
研ちゃん近くに停泊していたヨットに興味が注がれ、持ち主らしき人に近づき、仲良くなって塩辛をもらい、松竹梅でかるく一杯やっちゃいました。(昨年の夏、この人のヨットを偶然写真に撮っていた。左から四枚目の写真がそれ。)
s-IMG_9616.jpg
そんなわけで我らグルメメンバーは、カマさんと晩の再会を誓い、しばし分かれて岬を目指したので有ります。義兄さんカメラパチリ。
s-IMG_9617.jpg
姉さん「晩ご飯のため歩こうよ!」和ちゃん「そうそう晩ご飯いっぱい食べるため!美味しい物いっぱい食べるために!歩こう!歩こう!」研ちゃん「なんだ、さっき食べたばかりなのに・・・もう。」
s-IMG_9625.jpg
そろって「うわ~っ!!!」、「すてき~っ!!!」義兄さんカメラパチリ。
s-IMG_9621.jpgs-IMG_9627.jpgs-IMG_9632.jpgs-IMG_9634.jpg
天気に恵まれたことに感謝、この素晴らしい自然に恵まれたことに感謝、すべてに感謝です。
s-IMG_9637.jpg
あれ!お義兄さんは、ありゃ!おとうさんははてな
s-IMG_9633.jpg
姉さん、和ちゃん、あっ・・・そ・・・こ・・・だっ!!!研ちゃんカメラパチリ。
s-IMG_9639.jpg
姉さん、和ちゃん!!灯台をバックに撮りマ~ス!、はい、ポーズ!カメラバッチリ!
s-IMG_9641.jpg
s-IMG_9645.jpg
和ちゃん!ちょっちとちょっちと!!この花・!?
s-IMG_9646.jpg

灯台が見えてくるあと少し、がんばれ!晩ご飯のためにご飯
s-IMG_9647.jpg
やっとこさ神威岬に到着した、我らグルメメンバー(一人不明ですがseeyou
s-IMG_9654.jpg
あぁ~!地平線が・・・神威が・・・しん様が。
s-IMG_9650.jpg
とにかく、いいべさ~っ!ほ・つ・か・い・ど・う北海道~!!!
s-IMG_9651.jpgs-IMG_9652.jpg
左・和ちゃん!こち見て!撮るわよ!(昔の女学生が二人)右・研ちゃんと和ちゃん!撮るわよ!(昔の新婚さん)。 まっ、いっか~!
s-IMG_9665.jpgs-IMG_9669.jpgs-IMG_9670.jpg
武家屋敷のようなトイレ。周りの環境もOK牧場、とてもステキです。
s-IMG_9680.jpgs-IMG_9673.jpg
駐車場に隣接してにあるお休み処、ベニンシュラ。おみやげや食事はここで。
s-IMG_9674.jpgs-IMG_9623.jpg
最後のしめは積丹ブルーのこのアイス。ソフトクリームお味はてへっグットでした。
s-IMG_9675.jpg
積丹ブルーのアイスで神威岬の反省会。さー温泉だ!温泉!つづく。
















                                 
                                      
            

ひとつぶの麦の宅急便

2009/09/19
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 1
                         
午前2時ベットの中で目が覚め、夢うつつ中、研ちゃんは考えた。。「やっと、ここまで来たんだな~・・・」と。
ひとつぶの麦の店舗完成写真(上・店舗から厨房、下・店舗のベンチから売場)
s-IMG_0298.jpg写真をクリック(すべて拡大されます)
店舗から中に入った時一瞬、ふしぎの国のアリスか魔女の宅急便の世界を想像。
s-IMG_0327.jpg
ここでベンチに座り(昭和のおみせをイメージ)買い物と、おしゃべりを楽しむことが。年配者は昔を懐かしみ、若者はレトロの雰囲気を。
昨日ついに店舗が完成。仕事が終わった家具工房のKATSUさんと和ちゃんとマーちゃん(うちの長男ですが)と研ちゃんの4人で、店舗のカウンターを挟んで、ひとつぶの麦のパンをトースター(パンがびょんと上に飛び出すタイプ)で焼き、バターをたっぷり塗って食べていると、
s-IMG_0318.jpgs-IMG_0311.jpg
家具工房のKATSUさんがおもわず「トーストをサクサクに焼き、この雰囲気で食べると、なんか懐かしくて涙がでますね~」と言い出した。私達三人はうなずき、そして、みんなでパンを食べながら店舗の完成を祝ったので有ります。
そんなことを思い出していたら急にお世話になった人にパンを届けたくなり、ベットから飛び出して焼き始めた次第で有ります。
s-IMG_0334.jpgひとつぶの麦の魔女宅急便。
ひとつぶの麦の名付け親と言っても過言ではない、釧路のぞみキリスト教会の渡邊牧師、パンづくりの勉強のため、たくさんの具材を提供してくれた興部町のぽっく。そして・・・おおくの・・・みな様に・・・感謝、感謝、感謝です。





                                 
                                      
            

やっぱり北海道

2009/09/18
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 1
                         
コレステロールだ!成人病だ!たしかに。
しかし、美味しい物はおいしいわけで。
s-IMG_0318.jpg写真をクリック
パン焼きの合間、ゆったり朝食とはいきませんが、焼きあがったばかりのパンで!至福の時を!
s-IMG_0309.jpg
焼きトーストとチソジュース
s-IMG_0311.jpg
カリッ!と焼いた食パンにたっぷりと有塩バターのせて、とろけたところをサクッ!と。(手作りの無添加・発酵バター)北海道が口の中いっぱいに広がる。
s-IMG_0312.jpg
健康管理はチソジュースで。(小樽の兄の奥様お手製のチソジュース)感謝です。
それでは皆さん並んで、はいカメラばた~!やっぱり北海道だべさ~ぁ!
                                 
                                      
            

カマさんの思い出(再会編)

2009/09/17
category - こころ旅
コメント - 0
                         
美国のカマさんに会いに行くと知った札幌の姉夫婦、積丹半島岬めぐりと、カマさんの焼き魚が食べたくて私たちの愛車オデッセイに一緒に乗り込み、いざ・美国へ参らんとあいなった次第で有ります。
s-IMG_9566.jpg写真をクリック
義兄さんが焼き魚を目当てにしているので、まずはご飯を調達と、途中余市のホットもっとでご飯を買うことにする。
s-IMG_9570.jpgご飯を買う、姉と和ちゃん。
弁当屋でご飯だけを注文するのは、さすがに私たちいかちゃんグルメメンバーだけだったようです。
s-IMG_9578.jpg
美国漁港に着くと、カマさん「やっぱり、きたっきゃあ~っ」と言うなり、大歓迎かと思いきや、カマさんいきなり内輪を和ちゃんに渡し、おみゃ~焼けっ」と、和ちゃん「はい!」とばかり、にこにこしながらカレイ、ほっけ、イカを焼き始める。
s-IMG_9606.jpg
どうゆう分けか初対面の姉にまで「イきゃ~もってきゃ~っ!」とお客様に焼いたイカを届けさせる始末。姉もあねで「ハイ!」言って届ける始末。
s-IMG_9579.jpg
そんな分けでカレイ
s-IMG_9602.jpg
ほっけイカホットもっとのご飯で十分に堪能した次第で有ります。ちなみに、魚大好きの義兄さんはカレイ3枚とほっけ1枚、そしてホットもっとの大盛りご飯を完食。研ちゃんのご飯はなぜかナミでしたがはてな。しかし、研ちゃんはビールでした。(魚もイカも醤油なしで全員OK!義兄さん曰わく、もったいないとのこと。まさに潮の味と言ったところです。)
s-IMG_9581.jpg
水中展望船も「久しぶり~つ!」と叫んでいるようにも。
s-IMG_9596.jpg
イカつり漁船とイカをさばくカマさん。つづく
                                 
                                      
            

釧路のぞみキリスト教会

2009/09/16
category - ぶらり教会散歩
コメント - 0
                         
釧路のぞみキリスト教会
s-画像 164写真をクリック
釧路町のポスフールから釧路市内に向って数分、環状線に突き当たるとジャスコ方面に右折、すると直ぐ右側に四角い屋根の白い教会が見えてくる。
s-画像 002
交通量の多い二車線道路、よく注意して見ないと一般住宅と見間違えて通り過ぎてしまいそうだが、屋根の上の白い十字架を目印に、手前の大きな製麺店に向かって右折する。
s-画像 001
狭い通りに入ると、直ぐ左側が釧路のぞみキリスト教会の入口。
画像 025
s-IMG_6357.jpg
入口に立つと素敵な木目の看板と、灯油タンクの防雪屋根の十字架が優しく迎え入れてくれます。
s-画像 094
教会に入ると静かで、白い壁にひときわ引き立つダークブラウンの十字架に、ついお墓アーメンと。
s-画像 057
誰でも向かい入れてくれる渡邊牧師の優しい笑顔に、つい神様と。
s-IMG_0360.jpg
旭川から森下特別研究員を招いての三浦綾子読書会は、本との出会い、人との出会いの場として多くの参加者に親しまれている。三浦文学を通して、新しい出会いを求めてはいかがでしょうか。
s-IMG_6423.jpgs-IMG_6437.jpgs-IMG_6493.jpgs-IMG_6507.jpg
クリスマス礼拝には、食事会や音楽、人形劇などを披露し、地域住民とのコミュニケーションの場として役立て、また、新しい規格も常に考え取り組んでいる。
s-画像 168釧路のぞみキリスト教会〒085-0058釧路市愛国東1丁目6番15号
買い物の途中ぶらりと立ち寄り、悩みや愚痴を聞いてもらい、気持ちも心もリフレッシュしたところで、また、買い物や食事に行くと言った商業圏の中に有るオアシス的教会です。




                                 
                                      
            

これって・・・なに

2009/09/16
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
これって・・・なにアイコン名を入力してくださいと皆さん思うでしょう。ステンドグラスの天使のキャンドル立ての横に取り付けてある銀色の物体。
s-IMG_0243.jpg写真をクリック
あの顔1裕ちゃんでも「そば、いや、コーヒー、いや、スパゲティー・・・なんだ・・・これはてな状態でした。
標茶町の大手リビングホーマーの社長ひとテッちゃんが「これ、倉庫にあったんだけど、つかいますーゥ!」と、わざわざ「ひとつぶの麦」のディスプレーにと、持ってきてくれたものです。
男性研ちゃん「これ、なに、なんなのはてな、「テッちゃん、・・・これって・・・・!?
テッちゃんの話では昔の精米器で、手で回してお米を精米したものだそうです。

男性研ちゃんは想像を巡らせた。これは、創立者である初代社長の大将(ニックネーム)が仕入れた貴重なしなものではないかと。(ちなみに大将とは、テッちゃんのお爺ちゃんで、うちの親父の大切なお客様だったので有ります。)ありがとうテッちゃん!こんな貴重なものを。もう一度倉庫さがしてみて~ぇ
                                 
                                      
            

クリームシチュー

2009/09/16
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
クリームシチュー 160円
s-IMG_0240.jpg s-IMG_0241.jpg
じっくりと煮込んだクリームシチューを、生地の上に乗せ焼き上げたユニークな調理パン。焼き上げたばかりの熱々のジューシーなシチューは絶品です。
                                 
                                      
            

つぶあんパン

2009/09/16
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
つぶあんパン 150円
s-IMG_0085.jpg s-IMG_0096.jpg s-IMG_7521.jpg
北海道十勝産のアズキをじっくりと時間をかけ煮込んだほんのりと甘いあんと、もちっとした生地の相性はバツグンです。ひとつぶの麦の代表ともいえる美味しさです。

                                 
                                      
            

菓子パン

2009/09/15
category - ひとつぶの麦のパン
コメント - 0
                         

つぶあんパン 140円
IMG_0982.jpg
こしあんパン 140円
IMG_0987.jpg
クリーム 140円
IMG_1011.jpg
チョコクリーム 140円
チョコクリーム
豆乳クリーム 140円
IMG_0992.jpg
ごまさつま 140円
ごまさつま
かぼちゃあん 140円
かぼちゃ
うぐいす豆 140円
うぐいす
きんとき豆 140円
金時
紅いも 140円
紅いも
オレンジカスタード 150円
IMG_1120.jpg
アップルカスタード 150円
IMG_1121.jpg
スイートポテト 150円
スイートポテト-6
ブルーベリーチーズ 150円
IMG_0999.jpg
ラズベべリーチーズ 150円
IMG_0997.jpg
シナモンロール 140円
IMG_6235.jpg
メロンパン 140円
メロンパン
コーヒーケーキ 300円               
IMG_6199.jpg
シュトーレン (クリスマス限定)
IMG_2639.jpg
                                 
                                      
            

綺麗なバラには刺が

2009/09/15
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
突然和ちゃんが後ろにあらわれ、得意そうににっこり和ちゃん「綺麗な花にはトゲが有るのだ~ぁ!」とバラを研ちゃんに。
s-IMG_0145.jpg
受け取ろうとした男性研ちゃん「いて~ぇ!」
ニヤニヤながらにっこり和ちゃん「美しい女にもトゲが有るのだ~ぁ~っ!」
s-IMG_0172.jpg
ドキドキの男性研ちゃん「・・・・・・はぁ。」 ルンルンでにっこり和ちゃん「我が家の庭はバラざかり~っ!」 
ヒヤヒヤの男性研ちゃん「は・な・の・・・こと・・・だよね!なに、これ、なに、ウワ~ッ!きれ~ぃ!」
あまりにもバラが綺麗で、会話にならない二人でした。
                                 
                                      
            

わたくし生まれも育ちも

2009/09/15
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
わたくし生まれも育ちも標茶町旭、商店街の床屋で産湯につかり、姓は谷本、名は研二、人よんでパン家の研ちゃんともうします。いごよろしゅ~う、おたのもうします。でしたっけ・!?
s-IMG_0363.jpg
名刺作っちゃいました。しかも、麦のデザインの色が違うだけだけど、和ちゃんバージョンと二種です。裏にはかかし君もバッチリ登場し、皆様に優しく語り掛けるシーンも。これだけこったんだから直ぐ捨てませんよね
                                 
                                      
            

釧路どんパチリ

2009/09/14
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
裕ちゃんが突然あらわれ顔4「あまりイィ~出来ではない、の、だ、が~ぁ」と言って差し出したのが、この二枚の写真で有ります。(釧路どんぱく祭り花火大会)
s-_MG_2196.jpg写真をクリック
s-_MG_2110.jpg

にっこり「うわ~ぁ!きれ~ぃ!!!」
男性研ちゃん「う~ん、あまり良くない、というか、撮り方が、というか、シャッター速度が~な~あ~ぁ!」
顔6裕ちゃん「そんな簡単なもんでない、いや、花火が早くて、暗くて、明るくて、フイルターが有れば、とにかく難しいんだ。でもな~あ~ァ・・・。」
結局、二人のカメラ談義はこれで終わってしまったかのように思われたが!
男性研ちゃん「裕ちゃんこの写真は・!?
顔1裕ちゃん「これは、帰りぎわに、車が帰ってから、綺麗だから、ついでに、ピントがはてな
s-_MG_2237.jpg写真をクリック
男性研ちゃん「これ、ムージャン!い~ぃジャーン!」
顔4裕ちゃん「ぉ・お・う、これな!!!これはな~あ!かえりにな~あ!どぉ~だあ~つ!!!!!」
結局、我が家のプリンターCanon Pro9000でA3の超光沢用紙でプリントし、額に入れプレゼントしました。「だって、親友裕ちゃんだから!」
                                 
                                      
            

ウインナーロール

2009/09/14
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
ウインナーロール 130円
s-IMG_0982.jpg
プリッとしたウインナ-の食感やチーズのうま味を引き立たせために仕上げたふんわり生地は、フィリングとの相性が抜群です。おやつや軽食にいかがですか。

                                 
                                      
            

調理パン

2009/09/13
category - ひとつぶの麦のパン
コメント - 0
                         

ちくわ 140円
ちくわ
ウインナーロール 140円
IMG_1015.jpg
焼きカレー 140円
IMG_1017.jpg
ピロシキ 150円
IMG_1021.jpg
メンチカツ 150円
メンチ
ベーコンエッグ 140円
ベーコンエッグ-2
コロッケ 150円
IMG_1023.jpg
キノコとベーコン 140円
IMG_1019.jpg
きんぴらごぼう 140円
IMG_1829.jpg
ジャーマンポテト 140円
IMG_1027.jpg
ピザ 160円
IMG_1030.jpg
ロングウインナー 160円
IMG_1033.jpg
うまカレードック 160円
IMG_0291.jpg
ミートパン 150円
ミートパン
ポテトサラダ 150円
IMG_0974.jpg
グラタン 150円
IMG_7355.jpg
                                 
                                      
            

お店拝見

2009/09/13
category - こころ旅
コメント - 0
                         
先日、美国(積丹半島)のカマさんに会いに行った帰り、以前ブラームス夫妻がプレゼントしてくれた本、大好きほっかいどうのパン屋さんさんに掲載されているお店の内の1件が余市町にあったので、和ちゃんと立ち寄り勉強することにしました。
s-IMG_9942.jpg
お店の名前は凜香、定休日でしたがわざわざ店を開け、立て看板まで出し写真を撮らせてくれました。感謝です。
s-IMG_9943.jpg
撮影の許可をいただき、写真を撮りながらお店の中のレイアウトを勉強。二人はタッグを組み、研ちゃんはバックに回って写真撮り、和ちゃんは正面からパンや酵母の質問ぜめ。30分1本勝負のゴングがベルオークション鳴った。
s-IMG_9944.jpg
定休日でパンは冷凍のものしか有りませんがとのこと、酵母パンを5~6個購入すると2個おまけしてくれました。感謝です。美味しかったです。
                                 
                                      
            

新鮮な野菜もらっちゃいました

2009/09/12
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
ヤッちゃん、良ちゃん新鮮ありがとう!そしてナミちゃん応援ありがとう!!!
s-IMG_0046.jpg
夕方ヤッちゃんが突然あらわれ、というか、普通は来てくれたと表現するところですが、ヤッちゃんスキンヘッドな分けで、どう見ても海坊主、いや、あちらの方、いや、とにかく迫力のある方なのです。そんなヤッちゃんが新鮮な野菜を持って現れました。会話もなく、お礼のパンを渡すことも出来ず、新しく出来た立て看板をほめる事もなく、ただ、いっぱいの野菜がのった大きなカゴを入り口のベンチにドーンと置いて絵文字名を入力してください「どーもーっ!」とだけ言って、出て行ってしまわれたのです。頂いた野菜(大根、インゲン、ニラ、サンチェ)和ちゃんが届けたパン(角食、うぐいすパン、青りんごパン、くりーむパン)アップロードファイル拍手をクリック
                                 
                                      
            

レジ購入しました

2009/09/11
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
ジャ・ジャ・ジャ・じゃ~ん!!!ひとつぶの麦がついにレジスタを購入しました。
s-IMG_0007.jpgs-IMG_0008.jpg写真をクリックすると、スタイルバツグンのレジちゃんが。
CASIOのレジスタを購入しましたならの木の店のカウンターの上に、わたしはレジよと!、言わんばかりに真っ赤にドレスアップされ、燦然と輝いている分けで有ります。素晴らしい!お金が入っていればもっと素晴らし~い!親友裕ちゃんの店のレジスタが壊れ、新しいのに買い換えると言うので、一緒の機種(裕ちゃんの店は白)にしょうかと、和ちゃんと話がその場で決まり、裕ちゃん、そく「ネットで注文だ~ぁ!」となった次第です。
我が家が購入したレジスタが値引きされているのを見た遊ちゃん、一言「赤いレジなんか、買うやついね~ェ!!!」と、研ちゃん冷静に考えた(裕ちゃん、本当は赤が欲しかったんだ!!!)アップロードファイル拍手をクリック
                                 
                                      
            

かかし君が入社!

2009/09/11
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
s-IMG_0002.jpg
待ちに待ったかかし君がついにひとつぶの麦入社してきました。
代表取締役の研ちゃんに会うなり、彼は大きな声(文字)でいきなりちいさなパン家の焼きたてのパンと、誓いの言葉を述べたので有ります。感激した研ちゃんも負けじとよしゃ~あぁ!!!と叫んだので有ります。がんばろうね!かかし君。アップロードファイル拍手をクリック
                                 
                                      
            

イカのげそと新鮮トマトのオープンサンド

2009/09/10
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
今回は美国のカマさんからいただいたイカのげそでチャレンジです。
s-IMG_9981.jpg写真をクリックすると拡大されます。
美国のカマさんから頂いたイカを刺身で一杯、残った足(げそ)を使い、焼きたてのパンでオープンサンドをつくりました。
s-IMG_9976.jpg
札幌の姉の畑(と言っても猫の額ほどですが)で採れた、もぎたての新鮮なトマト。
s-IMG_9997.jpgひとつぶバケット
s-IMG_9975.jpg角食(パン・ド・ミ)
イカのげそと新鮮トマトのオープンサンド
暖めたフライパンに有塩発酵バーターと、イカのげそを入れ下味を付けたら、こしょうやお酒(白ワイン)などお好みで味付けをし、素早く炒めたらイカのげそはの下準備は終了。今度は、バケットかトーストをオーブントースターでかるく焼いてクリームチーズを塗り、その上にスライスしたトマト、炒めたイカのげそをのせパセリで彩りしたら完成です。親友遊ちゃんと完食~ッ
                                 
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード