FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

お店が終わって

2010/05/29
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 1
                         
土曜日は町外からのお客様も多く、10時のオープンと同時(オープンの前から)に、次から次へと買いに来てくれるお客様で、午後1時には完売となってしまいました。買えなかったお客様、大変すみませんでした。来週もまた一生懸命パンを焼きますので、またご来店下さい。お待ちしております。
s-IMG_2040.jpg
今日、釧路で「三浦綾子読書会」が有りました。研ちゃんはパン作りが忙しく参加出来ませんでしたが、読書会終了後、釧路からわざわざ来てくれたお客様がいます。それは、読書会の開催場所である、釧路のぞみキリスト教会の牧師の渡邊先生と、三浦綾子文学の特別研究員で、旭川からわざわざ読書会のため、お手伝いに来られた森下先生です。読書会に参加出来なかった事はとても残念でしたが、お二人が来てくれたお陰で、研ちゃんが一生懸命書いた綾子さんの鉛筆画(まだ未完成ですが)を見てもらう事が出来ましたので、少しは気晴らしになったかな~と思います。両先生、大変ありがとうございました。そして素敵なプレゼント、木村敦子さんの本「はがきと共に」ありがとうございました。木村先生との新しい出会いに感謝申し上げます。
s-IMG_2041.jpg
  コメントありがとう 
BOAZさん、先日は大変ありがとうございました。両先生の貴重な時間を使い、わざわざ標茶まで会いに来てくれた、そう思うだけでも胸が熱くなります。綾子さんの鉛筆画も完成が近づき、最後の仕上げは、慎重に、且つ、楽しく書き上げたいと思いますので、楽しみにしていて下さい。あっ!それと、このブログを読んだ小樽の兄が、急に旭川に行きたくなったらしく、先日、三浦綾子文芸館に行って来たよとの便りが届きました。綾子さんの魅力、恐るべし~ですね!研ちゃんも気合いを入れて「書かなきゃ~ぁ!」ですね!
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

ツタンカーメン

2010/05/26
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 1
                         
横向きのツタンカーメンが、正面を向きお客様と顔を会わせる事に致しました。
s-IMG_2039.jpg
これを見た和ちゃん、一言「お~っ!こわ~ぁ」。はたしてお客様の反応は明日が楽しみ、ウ・フ・フ・フ。これって変態ですか。

コメントありがとう  
ちっかさん、やっぱり、ヤバイですか。毎日お客様から、「あっ!ツタンカーメンだ~ぁ」と聞かれるので、一度はやってみたいと思っていました。でもちっかさん、研ちゃんが目覚めたらって、それって、ツタンカーメンより研ちゃんの方が怖いって事ですか
                                 
                                      
            

鉛筆画 作品その4

2010/05/22
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
この作品は縦70㎝横100㎝と、研ちゃんが今までに書いたことの無い、特大サイズ紙にチャレンジした時の作品です。
s-光と影の女性.2
光と影の女性№2(縦70㎝横100㎝)
小さいサイズですと全体のバランスが管理しやすいのですが、大きくなると、人と物の位置関係にズレが出ないように管理しながら、鉛筆で色を付けていくといった作業が大変です。とにかく「完成させるぞ!」の気持ちの維持が一番大変だったように記憶しています。終わった時は、上手とか下手の問題ではなく、ただ投げ出さずに最後まで書き上げた喜びで満足(充実)していたと思います。
                                 
                                      
            

朝日

2010/05/20
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
薬局の看板娘のまりちゃんが、目を丸くしてひとつぶの麦にやって来た。「ねぇ~!ちょっと、これ見てよ~!」と、差し出してきたのは一つのタバコでした。「懐かしいな~ぁ!これ朝日じゃないですか~!今でもこれって売ってるの~ぉ、「ちょっと~ぉ!このタバコ、あんたのお父さん、トンちゃん(父の愛称)が吸っていたタバコよ~!やだ~ぁ!」
s-IMG_2027.jpg s-IMG_2028.jpgレジの横の壁に
そんな訳で、トンちゃんが使っていたバリカンとカミソリと一緒に飾ると、まりちゃん「あらっ!ちょっと~ぉ!ぴったり収まったじゃない~!やだ~ぁ!」この後、タバコを持って来ただけと言って、パンを買わないでさっさと帰って行くまりちゃんに、研ちゃん「ちょっと~ぉ!パンは~!やだ~ぁ!」
                                 
                                      
            

骨董屋めぐり(木馬編)

2010/05/17
category - こころ旅
コメント - 0
                         
士幌、鹿追間の長い直線道路の中間に有る、カントリー家具とレストランの店「ブーオ」で見つけたキッド式の木馬です。パンを買いに来てくれた子供たちの遊びにと、札幌の帰りに購入、車に積んで帰って来ました。
s-IMG_2025.jpg

s-IMG_2026.jpg

s-IMG_2022.jpg
ひとつぶの麦はパン屋ですが、パンを売るだけでなく、遊び(夢)も分けてあげたいな~ぁと、研ちゃんは考えている訳で、ふしぎの国のアリスやジブリの世界を感じられるパン屋で有ってもいいんじゃないか~ぁ、なんて和ちゃんと話しています。だから遊びに来て下さい。ついでにパンも、てな感じでお待ちしていま~す。
                                 
                                      
            

社会科見学

2010/05/15
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
標茶町立小学校の三年生の生徒四人が、学校の授業、社会科見学のため、ひとつぶの麦にやって来ました。
s-IMG_2017.jpg
ドーナツとピザパンをご馳走したら、大喜びで食べていました。真剣な生徒たちも、さすがにこの時は目の色が変わり、「いただきま~す」と大きな声でお礼を言い、パンを食べるのに夢中になっていました。やっぱり子供って可愛いですね。
s-IMG_2020.jpg
徒たちの最後の質問「ひとつぶの麦の由来は」に対し研ちゃん「聖書の~」、「一粒の麦、地に落ちて死なねば~」の説明に目を丸くして聞いていた生徒達、やっぱりパンの方が興味有りそう。
                                 
                                      
            

骨董屋めぐり(鞄編)

2010/05/13
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
ジャ~ン「手前、生まれも育ちも葛飾柴又、帝釈天で・・・」の寅さんが、映画でよく持っていた皮の大きな鞄これ研ちゃん欲しかったんです~使用可能なものなら数万円もしますが、今回デットしたこの鞄は、デスプレー用に売られていたものなので使用不可、しかも価格は激安、研ちゃん迷わず即購入といった次第です。満足、満足・・・。
展示場所は、ひとつぶの麦の入口のドアを開けると、真っ正面に有る飾りケースの上に、ドール人形と一緒に並べて置いて有ります。
s-IMG_2007.jpg
「赤い靴履いてた女の子~(歌)」状態なのです雰囲気は・・・。連れて来たのは「異人さんに~(歌)」ではなく研ちゃんでした。
                                 
                                      
            

骨董屋めぐり(ランプ編)

2010/05/12
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
昨日の鎧は少し問題有りでしたが、今日のは和ちゃんが選んだ、本物のアンティークランプで有ります。中央は和ちゃんお手製のステンドのランプですが、両サイドのピンクとブルーのランプが手稲の骨董屋さんで購入したものです。s-IMG_1992.jpg
お客様は上のランプよりも下のパンが目的なので、ランプに気づかず、「つぶあんパンにコロッケパン、そしてチーズベーグルも」なんて感じですから、「これ素敵なランプですね~なんて気づく人は稀だし、ほとんどの人は、ステンドに興味を持ち、質問も「このステンドは、誰がお作りになったんですか~」なんて感じで、話題はステンドグラスになってしまう訳です。
s-IMG_1996.jpg
お店のカウンターから見たらこんな感じ、バックの飾りはメルヘンの世界を子供達に  をイメージしましたが、ごちゃごちゃ飾り過ぎて、メルヘンでなくてウルヘン(うるさいの駄洒落)て感じですね。
                                 
                                      
            

骨董屋めぐり(鎧編)

2010/05/11
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
先日お休みを頂き、札幌と小樽に行って来ました。当然カマさんの居る美国まで足を伸ばし、積丹の海の幸や温泉を堪能して参りました。
s-IMG_1955.jpg
小樽と札幌では店用のデスプレーにと、アンティークの店を数軒廻り、面白そうな物を数点買って来ましたので、ご紹介致します。
s-IMG_1986.jpg
これアンティークじゃないけど、研ちゃん子供の頃からこんなの大~好きで(何故かゾクゾクする)、今回も一番先に飛び付きました。和ちゃんは無言でしが、理解はしくれている思い即購入。
s-IMG_1983.jpg
置き場所は、店(玄関)の入口(風除室)、向かって左側の花代の上に飾って有ります。でも何故後ろの壁にも同じような鎧の壁掛けがって研ちゃん子供の頃からこんなの大、大、大好き~  なんで有りま~す。
                                 
                                      
            

店舗のご案内

2010/05/03
category - 店舗ご案内
コメント - 3
                         

ちいさなパン家 ひとつぶの麦 
IMG_4251.jpg

IMG_4239.jpg
IMG_4216.jpg
IMG_5123.jpg
IMG_4240.jpg
IMG_1040.jpg
IMG_1041.jpg
ディスプレー2
IMG_2949.jpg
IMG_9858.jpg
IMG_4705.jpg
IMG_8718.jpg
img245.jpg
ステンドガラス
IMG_6686.jpg
IMG_1034.jpg
花壇
                    
                      メニュー表

3.パンのメニュー表の値上げ
OPEN  焼き上がり次第次第開店
CLOSE パンがなくなり次第閉店
休  日   日曜日・月曜日(祭日・不定休)
営業日   火曜日~土曜日
駐車場   3 台
〒088-2301 北海道川上郡標茶町旭一丁目3番7号
℡015-485-2383(谷本研二)
★標茶郵便局の横です★ 
案内地図
                                 
                                      
            

涙のクロワッサン

2010/05/01
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 2
                         
やった~!ついにクロワッサンがひとつぶの麦に登場。名付けて「涙のクロワッサン」なんてどうでしょうか。
ねり
お客様から「テレビで人生の楽園見ましたよ」と毎日のように言われ「クロワッサンまだですか~!」と言われる度に「今、忙しくて~すみません」と謝る和ちゃん、いよいよ作らねば~
s-IMG_1927.jpg
ついに完成!見事ひとつぶの麦の店舗に初登場いたしました。
売り

第一号のお客様に、「クロワッサン作りましたよ~!」と、笑顔で袋詰めする和ちゃん。
                                 
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード