FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

懐かしの歌声喫茶!

2011/11/27
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
11月26日(土)、弟子屈町のゴスペル喫茶店「あい」さんに,歌を歌いに行って来ました。マスターの山本さんファミリーはひとつぶの麦のお得意様で、今週、パンの販売に訪問した際に、26日の夜に「懐かしの歌声喫茶」が有ることを教えていただき、仕事を終えた研ちゃんは愛車オデッセイに乗り込み、歌声の響くゴスペル喫茶店「あい」さんに、エンジン全開で(と言ってもスピード違反はしていませんょ?)ひとつぶの麦を出発した訳なのです。
DSC00089.jpg
和ちゃんを孫のところに届け、ゴスペル喫茶店「あい」さんに到着したのが7時15分、7時(9時迄)にスタートした「懐かしの歌声喫茶」、お店の中から聞こえてくるのは、まさにあの懐かしのメロディーではないですか。
名称未設定 1
席に着くとこんな感じ、500円でワンドリンクとおつまみ付き。それと歌詞カードも。
DSC00077.jpg
司会と歌のリードをするマスターの山本さん。歌詞の説明もしっかりと、そして笑いのサービスもおまけ。
DSC00083.jpg
マスターの隣りで手話の指導をしているのがこのお店のママ。当然、マスターとはご夫婦。この日の手話の歌は「故郷」。研ちゃんも「うさぎ追いし・・・」を皆んなと一緒に手話で歌ちゃいました。
DSC00073.jpg
お金を出せば何でも買える時代、家の中にいてもゲームに映画にetc・・・。でもここでは無用、自分の歌声あるのみ、まさに「タイムショック~!」。それにしてもみんな楽しそう~!!!。
DSC00070.jpg
「悲しい~♪場面ではぁ~♪涙ぁ~♪」なんて、「いちご白書」をもう一度では熱唱しちゃいました。研ちゃんマジで、あの頃に戻っちゃったんですね?まさに「タイムショック~!」。
DSC00086.jpg
演奏を担当していた、キーボードとギターのお二人。大変ご苦労様でした。
DSC00087.jpg
カウンター内の天井の壁には、使い古しのコンサートのチケットがずらりと。マスターの歌好きがここにも・・・。
DSC00080.jpg
研ちゃんは、和ちゃんの待つお孫ちゃんのところに行くため、お先に失礼致しましたが、店内は、まだまだ熱気ムンムンで歌っていました。
DSC00093.jpg
みなさんサンキューでした。それでは「また会う日まで~♪」やっぱ最後も歌でしめました。
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

アウトドアー!

2011/11/13
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
ひとつぶの麦のお客様、関さんご家族と一緒にカヌーと登山を楽しんで来ました。長男の虎之介君と長女の舞唯ちゃん,そして、次男の優道君と約束していたカヌー乗り、「いつ行くの~!」、「いつ乗るの~!」、「パン屋さ~ん」と言われ、いよいよ実行しなければと計画し実現することが出来ました。前日まで雨が続き寒く、子供たちに水遊びをさせるのには少し厳しいかと不安でしたが、当日は曇りながらも雨も降らず、計画通り皆で屈斜路湖に出発することが出来ました。
IMG_5335.jpg
奥様と舞唯ちゃん。う~ん楽しそう!。
IMG_5380.jpg
虎之介君とお父さん。う~ん軽快なパドル捌き!。
IMG_5404.jpg
次男の優道君。う~んたくましい。将来が楽しみですね!。
IMG_5370.jpg
ご夫婦仲良くパドリングですか.....。研ちゃん寂しぃ...和ちゃん~。
IMG_5391.jpg
研ちゃんの入る隙間無しって言ったところ。まさに、家族仲良く水入らずって感じですね。
IMG_5416.jpg
弟子屈町のコーボ(COVO)で昼食。ピザとパスタを食べ、藻琴山に向け再出発。藻琴山で迎えてくれたのは、「熊出没注意」の看板。やっぱ北海道は、怖ぁ~い。
IMG_5426.jpg
まずは入山届け。これ山のマナー、さあ、書いた、書いた。うん、うん、優道君はお母さんが書くのね。
IMG_5428.jpg
「さっき、あそこの湖でカヌーに乗ったのよ」って、子供たちに優し説明するお母さん。
IMG_5441.jpg
休憩~。
IMG_5439.jpg
「わぁ~!あそこが頂上だ~!」やっぱ子供って元気がいいわ。早いのなんのって、研ちゃんとても...かないません。
IMG_5449.jpg
なななんだあれ~!!!。ゴジラだ~!!!。逃げろ~!!!。
IMG_5460.jpg
と思いきや、それは屏風岩でした。
IMG_5445.jpg
頂上に到着。ガスがかかって景色は見れませんが、まずは目標達成なので、証拠写真を一枚。
IMG_5453.jpg
さぁ!下山だぁ!さぁ~!。
IMG_5458.jpg
屏風岩を越える子供たち。それを心配そうに見つめていたお母さん。
IMG_5459.jpg
舞唯ちゃんが会いたがっていた「リスちゃん~!」。(撮影:2009年藻琴山)
名称未設定 1
無事下山。皆さん、今日一日大変ご苦労さまでした。最後は「くりーむ童話」でアイスを食べてしめくくり、ここで関さんご家族とお別れをし、和ちゃんの待つひとつぶの麦に帰宅しました。
IMG_5430.jpg

                                 
                                      
            

からまつの湯

2011/11/05
category - 山日記
コメント - 0
                         
標茶町の西別岳に登山に行った帰り、中標津町養老牛に寄り「からまつの湯」に入って来ました。無料で入浴出来るこの温泉は、地元の有志の皆さんが大切に管理し、とても綺麗に整備れされた素敵な温泉なのです。露天の上(混浴風呂)、浴槽も小さいため女性の方には少し気の毒ですが、渓流沿いに有るため、川の流れの音を聞きながら入れる、ロケーションといい、泉質(塩化物硫酸塩泉)といい、最高に満足いただける温泉ではないでしょうか♪♬♪。
「牛」と書かれた山を目印に道路標識を養老牛温泉に向けて右折、3~4分走り砂利道の切れ目の左カーブ手前で右の脇道に右折。
IMG_5153.jpg
カラマツ橋を渡ると、すぐ左側が駐車場。
IMG_5150-1.jpg
風呂は狭いが、駐車スペースは広い。
IMG_5140.jpg
からまつの湯に到着。
IMG_5126.jpg
ここが入口。入口の看板には、「いい湯」、「いい旅」、「いい仲間」と書かれていた記憶が?温泉に入る前に感動~!。
IMG_5128.jpg
一般脱衣所。女性は向かって左側。ちなみに女性用には「水着禁止」の看板が貼って有りました。研ちゃんも大賛成!!!。
IMG_5147.jpg
すぐ右に渓流が。温まったら水風呂代わりにOKかも。でもマナーはしっかり守り、他人の迷惑にならないようにご入浴して下さい。
IMG_5144.jpg
源泉はここから。温度調節機能付き。管理者のみなさんのご苦労が滲み出ていました。
IMG_5145.jpg
温度調節された温泉がここから浴槽へ。感謝で~す!。
IMG_5134.jpg
今日の登山はガスかなぁ~?
IMG_5113.jpg
と思ったら今度は雪が振り出し、寒いのなんのって、もうすっかり「体も心も懐も」冷え切っちゃって。
IMG_5121.jpg
そんな訳でこの無料の露天風呂、「体にも心にも懐にも」最高の温泉♨だったのです!。満足!、満足!!、満足!!!。
IMG_5139のコピー

                                 
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード