FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

ダブルイベント!!

2013/03/24
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
段々と春の気配が近づいてきました。路肩の雪の山も日増しにどんどん融けだし、まさに春は町から」が現れ出しています。ひとつぶの麦のパンの販売も春の兆しが訪れて、東京のイベント会場でのパンの販売が、いよいよ実現する事となりました。店舗の販売用のパンを作り終えてから、イベント用のパンを焼く作業に取り掛かりましたが、焼いてから冷まして袋詰めの作業の繰返しが想像以上に長く、商売の大変さを改めて実感させられました。販売するのは、チーズベーグルとベーグルドックの2種類を50個ずつの計100個。作業をしながら感じたのは、作ることの嬉しさの反面、果たしてこれのパンが全て売れるのか?という不安も頭を過ぎり、冬の湿原号のイベントに引続き大変いい経験と勉強させていただきました。
IMG_9715.jpg
焼き上がったベーグルドック。
IMG_9802.jpg
焼き上がったチーズベーグル。
ベーグル
袋詰めされたベーグルドック。
ケース2
袋詰めされたチーズベーグル。
ケース1
素敵な知らせが釧路から、イラスト描きの一枚の「はがき」が届きました。江別の友人に「人生の楽園」を見たと言って「ひとつぶの麦」のパンを買って来てもらったそうです。その「ひとつぶの麦」パンの味の感想を阿寒町の友人伝えたら、なんと今度は阿寒町の友人が「ひとつぶの麦」のパンを買って来てくれたそうです。「ひとつぶの麦」のパンがリレーで買われるなんて、とても素晴らしい事ですね。しかも、そのリレーが北海道の中で行われているなんて、研ちゃんにとっては夢の夢、信じられない出来事なのです。送り主の村田さん感謝いたします。お電話くれればお届けいたしますよ、遠慮なくご連絡下さい。
IMG_9833.jpg
子供の成長は早いもの、ひとつぶの麦にパンを買いに来てくれるお客様の左藤さん家の一心君もその一人。今は立派に一人でパンを選ぶことが出来ます。
IMG_9807.jpg一心
お母さんの自転車に乗ってパンを買いに来てくれてた頃、どうです大きくなったでしょう!
IMG_7733.jpg
三浦綾子読書会に参加するため釧路へ。読書会は10時から始まりますが、パンを焼く作業を終え出発出来るのは10時30分がやっと、当然車はスピードオーバー(お巡りさん、すみません~!)やっとのこと釧路に到着しました。
IMG_9811.jpg
読書会の会場「のぞみ教会」に無事到着。
教会
読書会の案内を見て何故か「ほっ」と溜め息が、ドアに手を掛けるとわずかだが身体に緊張感が漂うのを感じます。
看板
今回の三浦綾子読書会は「草のうた」がテーマ。綾子さんの幼少の頃の思い出を書き綴った、心温まる、そして幼少を思い出させるとても素晴らしい本でした。
IMG_9816.jpg
読書会の進行役を務める釧路高専の小田島先生。各参加者に読書感想を求めながら、今回も楽しく読書会を盛り上げてくれました。
IMG_9814.jpg
昔懐かしの思い出話しに花が咲き、時間を忘れ語り合う参加者達。
IMG_9818.jpg
終了後は恒例のひとつぶの麦のイベント、パンの即売会を行いました。3ケースのパンもあっという間に売れ完売状態、皆さんありがとうございました。感謝いたします。
IMG_9821.jpg
昼食は釧路のラーメン店「海皇(ハイファン)」へ。
IMG_9830.jpg
注文したラーメンは、当然いつもの豚骨霧色ラーメン。
IMG_9827.jpg
イベント用のパンやラスクなど通常の作業を終えてからのパン作り、年齢的にもちょっと大変でしたが、売れてから成り立つのが商売、苦労して作っても売れなければ意味が無いのです。いわゆる自己満足だけでは成り立たないのが商売の世界なのです。今回、東京でのイベントでの販売を終え、自分の知らないところにパンが送られ、自分の知らない人たちがパンを販売するといった経験も、自分の考えの甘さと商売の厳しさを痛感させられる良き出来事だったのだと思い感謝しております。
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

寝坊

2013/03/18
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
おから食パンとベーグルの地方発送いたします。ご希望の方は是非ご注文の連絡を下さい。
おから角食 1斤300円(1本「2斤」600円) もっちりと食べ応えのある食パン

おから角食(大)
チーズベーグル 1個160円 二種類のチーズがタップリのチーズベーグル
ベーグル
ベーグルドック 1本190円 ソーセージをチリコンカンを包み込んだベーグルドック
IMG_6058のコピー
厚岸町のお客様から「おから角食」の注文が有りました。週に一度、定期的に数件で注文をまとめて取りに来てくださいます。しかし、受渡し時間が早く、午前七時までにパンを冷まして注文通りに切らなければならなため、当然早起きが必要とされるのです。
この日、目覚まし時計のタイマーをかけ忘れて奇しくも寝坊、パンを冷ますのが間に合わず受渡しを断念、お客様にご迷惑をお掛けする事となってしまいました。オープンから三年間続けて注文をして下さった大切なお客様なので、お詫びし厚岸町までお届けをする事にいたしました。

IMG_9648.jpg
厚岸町のお客様にパンを渡した帰り、知り合いの「花や」さんに寄って来ました。経営者は商工会の中村君のお父さんとお母さんで、ご主人が退職後に「何かやらねばぁ~!」と始めたのがこのご商売だそうです。人生の楽園を見てパンを買いに来てくれたのがきっかけで、お知り合いとなりました。
IMG_9650.jpg
店内のところどころに絵や骨董の品々が飾られている、とても雰囲気の良いお店なのです。
IMG_9652.jpg
骨董大好きの研ちゃんにとっては宝の山、コーヒーを一杯ご馳走になり仕事が待っているので早々に帰宅。
IMG_9651.jpg
トンネルを抜けるとそこは雪国だった。
IMG_9791.jpg
なんて小説の行を思い出させるのが標茶町の虹別。本町の標茶とは雪の多さも風の強さも大違い、まさにトンネルを抜けると別世界なのです。
IMG_9788.jpg
農家の軒先も雪の山でいっぱい、雪の投げ場も無くなり除雪も大変そうです。
IMG_9790.jpg
西別岳も雪で真っ白、今年の山開きはいつになるやら・・・です。
IMG_9433.jpg
台湾からのお客様です。「チクワァ~」とか、「ソウセイジィ~」などと片言の日本語で説明する和ちゃん、何とか理解してパンを買っていただきました。
IMG_9675.jpg
塘路の出前商店街を楽しみに待っているお客様。その楽しみの一つが、買い物券が当たる月一回のガラポンゲーム。
IMG_9686.jpg
開店前、今日はそのガラポンゲームの日なのでその準備に追われる商工会のミワちゃん。買い物に来るお客様の楽しみの一つ、ミワちゃん頑張ってね。
IMG_9794.jpg
塘路小中学校の生徒たち。
IMG_9658.jpg
冬の楽しみのホッケ-ももう少しで終り、みんな仲良く、そして元気いっぱいに遊んでいました。リンクを作ってくれた先生方に感謝ですね。
IMG_9657.jpg
JA時代の良き友「熊ちゃん」と一杯やりました。なかなか一緒に呑む機会も無くなりご無沙汰ばかりの熊ちゃんですが、お誘いしたら高いお酒を抱えて遊びに来てくれました。
IMG_9799.jpg
久しぶりの呑み会なので酒も会話もどんどんすすみ、あっという間に一升ビンが空に・・・ぜんぜん変わってませんね熊ちゃん。
IMG_9796.jpg
熊ちゃん楽しかったよ!ありがとう、感謝します。「ところで今度はいつやるの・・・」
                                 
                                      
            

北の大地の贈り物

2013/03/11
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
SL冬の湿原号の最終列車に合わせたイベント「うまいもん市場」が開催され、ひとつぶの麦も参加いたしました。9日(土)、10日(日)の二日間JR標茶前に特設テントが設けられ、牛肉や毛がになど多種多様の品物が販売されました。ひとつぶの麦はみゅうみゅうさんと一緒にパンの詰め合わせセット、「冬の湿原号乗車記念しべちゃパン・ツインセット」を販売することにしました。
IMG_9749.jpg
チーズベーグルを販売するに当たり、イベント販売用のラベルの作成をしました。研ちゃんが昔(JA時代)書いた牛のイラストにベーグルを持たせた、酪農の里「標茶町」からの贈り物をイメージして作りました。
IMG_9728.jpg
日曜日、午前三時に起床しベーグル作りを開始する。土曜日、完売後に来たお客様の注文のパンも一緒に作るものの、普段の作業量からすれば気持ちに余裕を持っての作業でした。
IMG_9719.jpg
焼き上がったチーズベーグル。おいしそう~!
IMG_9726.jpg
袋詰め開始。
IMG_9708.jpg
完成しました。後はイベント会場に向かい販売するのみ。
IMG_9743.jpg
前日、孫の茉莉ちゃんに手伝ってもらい作った看板を取り付ける。
IMG_9745.jpg
SLのお客様を迎えるマスコットのクックちゃんと、何故か楽しそうな商工会の中村君。
IMG_9750.jpg
SL冬の湿原号が到着しました。
IMG_9670のコピー
十二時三十分、一日限定30個の詰め合わせセットが無事に完売。隣でカレーを販売していた藤花ホテルのなっちゃんと記念撮影。
IMG_9751.jpg
イベントも無事終了したので、五十石で旅の宿「なかまの家」を経営する名嘉真さんと一杯やることにしました。
IMG_9772.jpg
牛舎を自分で改良して作り上げた民宿は、名嘉真さんの思い入れがタップリと詰まった宿なのです。
IMG_9770.jpg
日本酒が大好きな名嘉真さん、お酒を前にするとニコニコと嬉しそう。
IMG_9771のコピー
奥さんと娘さん。素敵な笑顔で迎えてくれました。感謝!
IMG_9779.jpg
鶏の卵を生産し販売する、大木牧場(ポロ二ー)の大木さん。人生の楽園にも一緒に登場してくれた協力者なのです。
IMG_9776.jpg
名嘉真さんお手製の鹿の料理でお酒も急ピッチ。日本酒に拘りが有るというだけあって、名嘉真さんの作る鹿料理はお酒との相性がバッチリ、酔いそう~。
IMG_9775.jpg
楽しい一夜に感謝します。また一緒に日本酒で!ねっ、名嘉真さん。
                                 
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード