FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

雑誌掲載のお知らせ!

2014/04/28
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
HO「4月号」(定価580円)
ひがし北海道食べ歩き(定価880円)
fit「5月号」(道新無料配布誌)

IMG_3051.jpg   雑誌内容
IMG_3041.jpg   IMG_3048.jpg
お店にとっては最高の宣伝をして頂き、心より感謝申し上げます。今後とも美味しいパン作りに邁進し、多くのお客様に喜んでいただけるように精進して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

最高の演出

2014/04/27
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
リハビリで釧路の病院に向かう途中、茅沼の田中さんの家にお邪魔いたしました。最近バイクに無性に乗りたくなり、HONDA(50CC)の面白いバイクが有ると聞いたので、さっそく拝見させてもらう事にいたしました。こんなバイクの座席シートの上に、ゴーグル付きのシルバーのヘルメットをさり気無く載せ、そしてお店の出窓の前に置く(飾る?)、これって最高の演出ですよね。バイクを見た後にログハウスに案内され、流派まではお聞きしませんでしたが、美味しい抹茶をご馳走になりました。これも最高の演出でしたよ!
IMG_3020.jpg 抹茶
いのちのパン「主の声に耳を澄ます」
わたしをあなたの活動の焦点として、今日の日を過ごしなさい。周囲の状況は絶えず変化し、世界はあなたのまわりをぐるぐる回っているように見える。あなたがバランスをたもつ唯一の方法は、決して変わることのないわたしから目を離さないことだ。わたしを見つめ、わたしのもとで元気を回復しなさい。そうすればあなたの歩みは、しっかりとゆるぎないものになるだろう。
                                 
                                      
            

春夏秋冬

2014/04/20
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
パンの仕込みは真っ暗闇からのスタート、パン屋の仕事は超~早い。仕込みから始まったパン作りも、焼成(パン焼き)が近づくつれ、表の景色も薄っすらと明るくなり出してくる。パン作りで最も忙しくなるのが、全ての作業が重なるこの時間帯なのだ。パンを作りながら季節を敏感に感じるのは、太陽の出没(日の出)と高度の変化。春、夏、秋、冬、春夏秋冬、四季折々、ステンド・グラスを通して差込む朝の太陽の輝きは、何故か希望に満ちた喜びを感じるものです。
ステンドガラス ステンド
いのちのパン「主の声に耳を澄ます」
怖がらなくてもいい。わたしがついているから・・・・・。あなたの不安な心に向かってわたしが、静まれ、落ち着きなさい、というのが聞こえるだろう。たとえ何が起ころうと、わたしは決してあなたを見放すことも、見捨てることもしない。この確信を、喜びに満ちあふれるまで、深くあなたの心に刻み込みなさい。たとえ、地が姿を変え、山々が海の中に移ろうとも、あなたは恐れる必要はない
わたしはあなたの右の手を取り、後に栄光のうちにあなたを受け入れる。
                                 
                                      
            

春の兆しが

2014/04/15
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
釧路の行き帰り、車窓から目に飛込むのは急速に進む春の兆しです。湖を覆っていたあの分厚い氷も今は融け、野鳥たちにとっては最高の餌場が出来たようです。
2月の自動車事故の怪我で、釧路の東北海道病院に治療に通っています。治療の部位は首と肩で、首は鞭打ち、肩については筋に損傷が有るとの事でした。長期化するようであれば手術も考えると言われ、週に一回ですが回復に向けリハビリに通うようにしています。怪我の功名!雨降って地固まる!災いを転じて福となす!人生楽ありゃ苦もあるさ?悪く思えば愚痴になりますが、良く思うようにすれば、悪い事も全て感謝に変わるものです。

IMG_2983.jpg IMG_2997.jpg
いのちのパン「主の声に耳を澄ます」
わたしを信頼して、恐れを捨てなさい。今のあなたには、自分の手に負えない気がすることがたくさんある。日常の仕事も順調に進んでいない。
わたしに、あなたを導くように求めなさい。わたしはあなたを栄光から栄光へと導き、わたしの王国にふさわしいように、あなたを造りかえていく。わたしがどんなふうにあなたの人生に働きかけているか、そのことを「はい!」と受け入れて、わたしを信頼し、恐れを捨てなさい。
                                 
                                      
            

商売って

2014/04/06
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
雨が降ったと思ったら今日は雪が、何だか商売泣かせの天気が続いた一週間でした。
「今度、根室市に転勤で行く事になりました!」とわざわざパンを買いながら挨拶に来てくれるお客様もいれば、標茶に転勤して来ましたと言って、初めてパンを買いに来てくれる客様もいます。別れと出会いの季節ならではの人の移り変わりに「これが商売というものなのかなぁ~?」と、複雑な気持ちでお客様の対応(パン作り)に右往左往する二人なのです。
そんなある日の事、一人のお客様がパンを買いに来てくれました。二年前、司法書士の勉強のため札幌に行くと言って、わざわざパンを買いながら別れの挨拶に来てくれたお客様で、町外に住んでいるにも拘らず、標茶町に仕事があるとパンを買いに寄ってくれたり、ご家族揃って遊びに出掛けたついでに寄ってくれたりと、ひとつぶの麦のパンの大のお得意様でした。今回、彼はその司法書士の試験に見事に合格され、地元に戻って自分の事務所を持つ事になりましたと、パンを買いながら報告に来てくれたのです。偶然ですが数日前、別のお客様との別れの際に何故かしら彼の事を思い出していたのです。商売って、物を作るのが大変、売るのはもっと大変、でも人との出会いはもっと最高~!なのです。

IMG_2965.jpg IMG_2964.jpg
いのちのパン「主の声に耳を澄ます」
わたしの愛と喜び、平安に満たされなさい。これらは、わたしという生きる神からあふれ出る栄光の贈り物だ。
今日という日を過ごすにあたって、あなたがそのつど必要としている力をわたしが与えることを信じてゆだねなさい。
それがあなたの信頼の礎(いしずえ)となる。心安らかに信頼すればあなたは力を得る。
                                 
                                      
            

値上げ

2014/04/01
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
いよいよ8%が始まった・・・。買い忘れはないですか?と騒いでいた昨日まで、車にテレビに日用品、負担増を考えての買いだめ商戦、その効果はいかに? 
オープンして5年目、原材料の値上げが続いた挙句に消費税までもがUP、ギリギリの経営努力もついに限界、4月から値上げに踏み切ることとなりました。皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

IMG_2957-1.jpg IMG_2960.jpg
いのちのパン「主の声に耳を澄ます」
わたしはあなたにあえて言う・・・混乱のない世界などという幻想は捨てよ、と・・・。
一日一日を訪れるままに受け入れ、その只中にわたしを見出しなさい。
                                 
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード