FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

前を見つめて

2014/10/31
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
10月も今日で終り、朝晩めっきり寒くなってきました。10月といえば、ひとつぶの麦の開店記念の月、あれから早6年、今直パンを焼いていられるのは奇跡のようなものです。お客様と会話をしながらのパンの販売も、今は楽しいと思うようになってきた和ちゃん、一生懸命に作ったパンが「美味しいよ!」と喜ばれた瞬間、働く価値、生きる価値が感じられるようになってきたのかもしれません。研ちゃんも、パン焼きを終えてからの配達と外販は少し大変ですが、一週間に一度、お顔を見ながらの訪問、会話をしながらの販売で、少しは人生の価値を感じられるようになってきました。勉強しなければならない事、努力しなければならない事、反省しなければならない事、考えたら切がないくらいに問題は山積していますが、とにかく前を見つめて進もうと思います。子供達の将来も心配、兄姉の健康も心配に思う今日この頃、「俺も歳かなぁ~」なんて弱音を吐いたり、溜息をついたりの繰り返しですが、お客様を見つめ、神様を見つめて進もうと思います。
IMG_4458.jpg
IMG_4459.jpg
IMG_4450.jpg
IMG_4453.jpg
IMG_4462.jpg
IMG_4470.jpg
IMG_4467.jpg
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

熱々

2014/10/27
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
先日、霜が降りたかと思えば、昨日と今日は、夏を感じさせるぐらい異常に暖かい。役場と商工会に用事をたしに行くのにも、フリースを着ないでフランネルシャツ一枚で、愛車ハスラーに乗って出掛けました。今日は休日ですが、中標津のお客様から食パン(おから)の予約が入っていたので、少し早起きをして予約の食パンを焼きました。ついでにベーグルも焼き、熱々のチーズベーグルを朝食に食べました。自分達で焼きたてのパンを食べるなんて贅沢、普段はあまりしませんが、今日は異常に、何故か、とても熱々が食べたい気分になり、和ちゃんと朝食に食べようと、張り切って焼いたのです。先週の土曜日、自宅用にとバゲットとカンパーニュを残し、赤ワインと一緒に夕食に食べましたが、やはりお客様に焼きたてを食べてもらうのが一番、「美味しい」と喜んでもらうのが一番なのです。今はその賞賛の一言が、研ちゃんにとって、パン職人として、最高に熱々の週末を迎えれるのかもしれません。
IMG_4432.jpg
IMG_4430.jpg
IMG_4426.jpg
IMG_4436.jpg
IMG_4434.jpg
IMG_4439.jpg
IMG_4423.jpg
IMG_7343.jpg
                                 
                                      
            

文化祭

2014/10/22
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
日曜日、孫の文化祭を見に、弟子屈町の小学校に行って来ました。開演前に娘が、「茉莉が描いた絵だよ!」と、廊下に展示された水彩画コーナーに案内してくれた。孫が小学校(六年生なので)の最後に描いたという水彩画を見た研ちゃん、最近水彩画に興味を持ち、スケッチブックを購入しようか・・・?などと仕事の合間に考えたりする今日この頃、先生に褒められたという孫の絵に、何故かライバル意識が燃えるのでした。孫の出番が近づいて来たので、写真撮影の準備をすると、「会場の中、あまり走り回って撮らない方がいいよ!先生に注意されるから?」と娘に釘を刺される。研ちゃんの悪い癖で、ファインダーを覗くと夢中になり、周囲の迷惑や、撮影禁止場所でも撮影するからだ。この件については、函館の兄にもよく戒められていたので、娘の叱責にも素直に応じ、周りの状況を確認してから、冷静に撮影を開始した・・・これで問題ない?よね。
文化祭が終り、皆で一緒に昼食を食べようか?という事になり、そば処「金八」で待ち合わせをする。久しぶりに「金八」の蕎麦を堪能し、中標津に買い物に行く二人(和ちゃんと娘)と別れ、日ハムのクライマックスシリーズ第五戦を見るため、ビール片手に一人寂しく(ウキウキで!)自宅に帰る。

IMG_4343.jpg
IMG_4344.jpg
IMG_4349.jpg
IMG_4360.jpg
IMG_4377.jpg
IMG_4390.jpg
IMG_4375.jpg
IMG_4389.jpg
IMG_4404.jpg
IMG_4402.jpg
IMG_4401.jpg
全校生徒3


                                 
                                      
            

予約

2014/10/19
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
土曜日の朝は早い。今週は注文の内容もバラバラで、食パン、菓子パン、調理パン、ハードと全種類に及んだため、午前2時から準備を始める。ことに、菓子・調理担当の和ちゃんは大変そうでした。研ちゃんも然り、食パンとハードの兼ね合せと、予約時間に合わせたタイミング、さらに、ベーグルは追加も含めて全部で30個、和ちゃんと同様に大忙しでした。
土曜日はお客様のご来店も早く、お出掛けをするのに「おみやげ」にと、ひとつぶの麦のパンを買いに来てくれるお客様も、なので、パンを焼きながらの販売は戦争状態なのです。なので、二人の間には火花が散る時もあるのです。午後2時ころには残りのパンもあと少し、追加で焼いた食パンも直ぐに売れ、日ハムのクライマックス戦を観戦しながら、ご予約のお客様を待ちました。完売の看板を見て帰られたお客様、大変すみませんでした。心からお詫び申し上げます。研ちゃん何が辛いのかといったら、パン職人として今、これが一番辛い事なのです。
明日は孫の文化祭、写真を撮りながら和ちゃんと二人、おもいっきり楽しんで来ます。

IMG_4297.jpg
IMG_4324.jpg
IMG_4331.jpg
IMG_4320.jpg
IMG_4339.jpg
IMG_4293.jpg
IMG_4305.jpg
IMG_4306.jpg
IMG_4312.jpg
IMG_4313.jpg
IMG_4318.jpg


                                 
                                      
            

暴風

2014/10/13
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 2
                         
土曜日、台風なみの暴風が吹き荒れました。午前3時半頃、パンを作りながら和ちゃんが、「吹雪のような風の音がする」と言うので表に出てみると、庭のガーデニングのテーブルや椅子がひっくり返っていました。当然、ガゼボまでが・・・と心配になる。ラジオでは、瞬間風速が28mを超す地域もあるとの事、ガゼボだけでなく、お客様がパンを買いに来れるのだろうか・・・とそちらも心配になる。朝一で焼きたてのチーズベーグルを買いに来た、薬局の真理ちゃんの髪の毛の乱れが、その風の強さを物語っていました。植野さんや関さんと、朝早くから焼きたての食パンを買いに来てくれたので一安心。午前11時に配達に出ると、開運橋から綺麗な虹が見えました。空は青空なのに暴風は弱まる気配なし、時には霧雨も叩き付け、紅葉の葉が散り、道路を飛び回っていました。こんな悪天候にも拘わらずパンを買いに来てくれるお客様に、和ちゃんと二人、「お客様に、感謝だね」、「本当に、ありがたいね」、とパンを焼きながら、自然と言葉を交わし合います。二人が一緒の仕事をし、しかも感謝の意識が同じなのは、金銭には代えがたい喜びです。パンを焼きながら、「あすのことを思いわずらうな」という聖書の言葉を思い出し、何故か勇気づけられる今日この頃、当然、神様にも感謝しています。
IMG_4278.jpg
IMG_4280.jpg
IMG_4283.jpg
IMG_4040.jpg
IMG_4290.jpg
IMG_4288.jpg
                                 
                                      
            

心・技・体

2014/10/07
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
晴れ渡る青空が眩しく、心も爽快に感じられる朝。昨晩、息子のお嫁さんのご実家に伺い、ご両親にご挨拶が出来た事が何より、痞えていたものが、今日、だいぶ楽になりました。何故かパンの販売もスムーズに進み、午後3時には完売、まさに「心・技・体」、心を込めて最高のパンを焼き上げる事が出来ました。感謝で溢れる思いです。
お嫁さん手作りのグラタンをご馳走になり、感動の研ちゃん。お返しに海鮮チジミを届ける、感謝の和ちゃん。些細な事ですが、感動したいのです。感謝したいのです。人生、幸せと感じるのは一瞬の出来事、でも苦しさとの葛藤(生活)は毎日続きます。どちらも同じ人生なら楽しまなければ損!神様からのプレゼントだと思って感動し、感謝して生きた方が、真実の愛を発見出来るかもしれません。そして、もっと美味しいパンも焼けるかも知れませんね。

IMG_4274-1.jpg
IMG_4272.jpg
IMG_4273.jpg
IMG_4276-1.jpg
                                 
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード