FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

以心伝心

2016/01/25
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
昨年の暮れから、雪も少なく穏やかな日々が続き、このまま春を迎えるのでは、いや、迎えてほしいといった、甘い期待感みたいなものを抱いていました。その期待感の裏には、昨年の暴風雪と大雪に対する強い警戒感と、それを避けたいとの願いの表れだったのかもしれません。しかし、その儚い願いは暴風雪とともに消え去り、北海道の厳しい冬の現実を悟らされることとなったのです。
18日(月)の夜から振り出した雪は、時間が経つにつれ大雪となり、19日(火)、風と雪はその勢いを増していきました。当然、こんな天気の中、街を歩く人影も少なく、パンを買いに来るお客様はいないだろうと、臨時休業の看板を架けることにしました。20日(水)、雪は弱まったが以前と風は強く、午前2時半、今日も仕事は休みだねと、和ちゃんと話し合いました。しかし、午前4時半を過ぎると、二人とも仕事のことが気に掛かり出し、少しでもパンを作ろうかということになりました。まさに以心伝心!ひとつぶの麦のパン作りに対し、夫婦で同じ考えを持つことはとても大切なんだと気づかされました。正直言って、お客様の顔を見たとき、パンを焼いて正解、店を開けて良かったなあと思いました。多分和ちゃんも同じ気持ちで、お客様に接していたことと思います。

KIMG0149.jpg
KIMG0148.jpg
KIMG0146.jpg
KIMG0147.jpg
KIMG0162.jpg
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

思い出の写真

2016/01/19
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
18日(月)定休日、写真の額縁を選びに釧路に出かけました。孫の思い出の写真を、「アート工房ささき」で額縁と台紙に納め、娘と茉莉にプレゼントをしようと思ったからです。A3の写真に台紙の余白も入れると、少し大振りの額になり、金額もちょっと高目になりましたが、娘と茉莉の喜ぶ顔が目に映り、思い切って買うことに決めました。仕上げに一時間半ほど時間が掛かると言うので、釧路に住む長男に連絡を取ると、嫁の出産前の検診で市立病院にいて、今診察が終わったところだと言うので、レストラン「山はた」で待ち合わせをし、一緒にご飯を食べることにしました。茉莉の写真の出来栄えは想像通り、「これが俺の孫じゃ!」と自慢げに支払いを済ませ、喜び勇んで弟子屈町へと向かったのです。
KIMG0144-1.jpg
002.jpg
018.jpg
山はたのコピー
KIMG0142.jpg
額縁

                                 
                                      
            

まごころ

2016/01/19
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
長男の嫁から、手作りのマドレーヌが届きました。見た目もお洒落ですが、お味の方も言うこと無し、紅茶と一緒に、二人で美味しくいただきました。また、次男の嫁のお母さんからも、二人の大好物の鮭の飯ずしが届き、これまた夫婦で美味しくいただきました。この暖かい「まごころ」へのお返しは、私たち夫婦の「まごころ」、ひとつぶの麦のパンでした。
KIMG0137.jpg
KIMG0138-1.jpg
KIMG0155.jpg
IMG_4473-1.jpg
IMG_4280-1.jpg

                                 
                                      
            

新年会

2016/01/10
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
子供たちが集い、孫たちと一緒に食事をするのは、私たち夫婦にとって最高に楽しい時間です。仕事の疲れを忘れ、ただ美味しい料理に舌鼓を打ち、美酒に浸りて孫と戯れる、こんな贅沢な時間がありまか。孫の稚拙な笑顔とよだれは、なにものにも代えがたい天からの贈り物、生きる望みの源です。今年は長男夫婦にも子供が誕生します。家族が増えるということは、幸せなことばかりではなく、同時に不安や心配事も増えることを意味しています。最近夫婦の会話が子供たちの話題になると、自分たちの若い頃の話に行き着き、最後はいかに父や母に迷惑をかけたものかと反省に至るのです。そして一人、心の奥底で過ぎた年月(としつき)を思い起こし、その罪の深さ重さに侘びを入れるのが常になりました。これも歳をとったせいなのでしょうか?年寄りにしか思っていなかった親と同じ年齢になると特に。あっ!そうそう、歳のせいと言えば、最近は涙腺もゆるくなり、朝の連続テレビ小説を見ただけでも涙うるうる状態なのです。
IMG_6185-1.jpg
IMG_6188-1.jpg
IMG_6189-1.jpg
IMG_6197-1.jpg
IMG_6273-1.jpg
IMG_6276-2.jpg
IMG_6244-2.jpg
IMG_6289.jpg
IMG_6279.jpg
IMG_6266-1.jpg
IMG_6256-1.jpg
IMG_6269-1.jpg
IMG_6208-1.jpg
IMG_6288-1.jpg
IMG_6303-1.jpg
集合写真-2

                                 
                                      
            

新年あけましておめでとうございます。

2016/01/03
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
二十八年の新春を皆様お揃いでお迎えになられたこととお喜び申し上げます。旧年中は格別のご愛好に賜わり厚くお礼申し上げます。
孫と一緒に楽しい年越しを過ごすことが出来て、最高に幸せなことだと感謝しています。幼児(おさなご)のさくらは天使のように可愛く、することなすこと全てが皆の注目的、笑いがたえませんでした。2016年は、長男の嫁の出産に、私たち夫婦の還暦祝いと、超多忙の一年になりそうです。
七年目を迎えたひとつぶの麦、美味しいパン作りを目指して、日々精進してまいりますので、今年もよろしくお願い申し上げます。
IMG_6076.jpg
IMG_6069-1.jpg
IMG_6087.jpg
さくら.2
IMG_6113.jpg
IMG_6103.jpg
IMG_6122.jpg
さくら.5
さくら.6
IMG_6094.jpg
IMG_6163.jpg
さくら.1

                                 
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード