更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2015 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 02

【  2016年01月  】 

以心伝心

ひとつぶの麦の物語

2016.01.25 (Mon)

昨年の暮れから、雪も少なく穏やかな日々が続き、このまま春を迎えるのでは、いや、迎えてほしいといった、甘い期待感みたいなものを抱いていました。その期待感の裏には、昨年の暴風雪と大雪に対する強い警戒感と、それを避けたいとの願いの表れだったのかもしれません。しかし、その儚い願いは暴風雪とともに消え去り、北海道の厳しい冬の現実を悟らされることとなったのです。18日(月)の夜から振り出した雪は、時間が経つにつ...

PageTop▲

思い出の写真

ひとつぶの麦の物語

2016.01.19 (Tue)

18日(月)定休日、写真の額縁を選びに釧路に出かけました。孫の思い出の写真を、「アート工房ささき」で額縁と台紙に納め、娘と茉莉にプレゼントをしようと思ったからです。A3の写真に台紙の余白も入れると、少し大振りの額になり、金額もちょっと高目になりましたが、娘と茉莉の喜ぶ顔が目に映り、思い切って買うことに決めました。仕上げに一時間半ほど時間が掛かると言うので、釧路に住む長男に連絡を取ると、嫁の出産前の検診...

PageTop▲

まごころ

ひとつぶの麦の物語

2016.01.19 (Tue)

長男の嫁から、手作りのマドレーヌが届きました。見た目もお洒落ですが、お味の方も言うこと無し、紅茶と一緒に、二人で美味しくいただきました。また、次男の嫁のお母さんからも、二人の大好物の鮭の飯ずしが届き、これまた夫婦で美味しくいただきました。この暖かい「まごころ」へのお返しは、私たち夫婦の「まごころ」、ひとつぶの麦のパンでした。...

PageTop▲

新年会

ひとつぶの麦の物語

2016.01.10 (Sun)

子供たちが集い、孫たちと一緒に食事をするのは、私たち夫婦にとって最高に楽しい時間です。仕事の疲れを忘れ、ただ美味しい料理に舌鼓を打ち、美酒に浸りて孫と戯れる、こんな贅沢な時間がありまか。孫の稚拙な笑顔とよだれは、なにものにも代えがたい天からの贈り物、生きる望みの源です。今年は長男夫婦にも子供が誕生します。家族が増えるということは、幸せなことばかりではなく、同時に不安や心配事も増えることを意味してい...

PageTop▲

新年あけましておめでとうございます。

ひとつぶの麦の物語

2016.01.03 (Sun)

二十八年の新春を皆様お揃いでお迎えになられたこととお喜び申し上げます。旧年中は格別のご愛好に賜わり厚くお礼申し上げます。孫と一緒に楽しい年越しを過ごすことが出来て、最高に幸せなことだと感謝しています。幼児(おさなご)のさくらは天使のように可愛く、することなすこと全てが皆の注目的、笑いがたえませんでした。2016年は、長男の嫁の出産に、私たち夫婦の還暦祝いと、超多忙の一年になりそうです。七年目を迎えたひ...

PageTop▲

前月     2016年01月       翌月

Menu

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻の和ちゃんと二人で、自宅の玄関を改良してのパン屋づくり。未知(職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)は似顔絵とカメラ、和ちゃんはお花とステンドグラス。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが二人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード