更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 0112345678910111213141516171819202122232425262728292016 03

【  2016年02月  】 

二人の夢

ひとつぶの麦の物語

2016.02.25 (Thu)

和室をリホームしました。畳だった床をフローリングに変え、はめ殺しだった窓も、出入りの出来る大きな開き戸に変えました。窓の工事は、同級生の正則こと井上建築にお願いし、壁紙の張替えは、ルームインテリア佐藤の佐藤さんご夫婦に依頼しました。仏間の和室を洋間に変えるのは少し冒険的でしたが、完成させてみると、和ちゃんはその出来栄えに、「自分が想像していた以上!」、「ガーデニングをするのに、ここに扉が付くのが、...

PageTop▲

過去の記憶

ひとつぶの麦の物語

2016.02.17 (Wed)

一人の時、思い出したくもない過去の嫌な記憶に悩まされます。先日、テレビのドラマで、女優の宮沢りえさんが「自分の過去を消す消しゴムがほしい・・・。」と、涙を流すシーンを目にしました。失敗したこと、悲しかったこと、苦しかったこと、恥ずかしかったこと、辛かったこと、怒られたことなどなど、思いだしたくもないのに頭に浮かんで来た時、自暴自棄にまで至らなiいにしても、とても嫌な気持ちになるものです。スマホの番...

PageTop▲

古い人と新しい人

ぶらり教会散歩

2016.02.08 (Mon)

「だれでも、真新しい布切れで古い着物の継ぎをするようなことはしません。そんな継ぎ切れは着物を引き破って、破れがもっとひどくなるからです。また、人は新しいぶどう酒を古い皮袋に入れるようなことはしません。そんなことをすれば、皮袋は避けて、ぶどう酒が流れ出てしまい、皮袋もだめになってしまいます。新しいぶどう酒を新しい皮袋に入れれば、両方とも保ちます。(マタイの福音書9:16~17)」今の自分を変えたい?とか...

PageTop▲

しばれるね~!

ひとつぶの麦の物語

2016.02.07 (Sun)

毎朝、とてもしばれています。標茶町でも-24℃が記録され、パンを買いに来たお客様も、「今朝が一番しばれたね~!」が第一声でした。それでも昨年の大雪と比べ、「雪より良いけどね?」と、皆さん異口同音に語っていました。店の前の雪の山も、町の除雪作業で姿を消し、お客様の車の出入りも安全になり、本当に助かりました。駅前では、SL冬の湿原号がスタートしたので、大型バスや観光客の往来で賑やかになり出しました。駅前商...

PageTop▲

前月     2016年02月       翌月

Menu

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻の和ちゃんと二人で、自宅の玄関を改良してのパン屋づくり。未知(職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)は似顔絵とカメラ、和ちゃんはお花とステンドグラス。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが二人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード