FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

希望(のぞみ)

2016/03/30
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
長男に孫が誕生いたしました。これで孫が3人、3という数字はひとつぶの麦のラッキー・ナンバーです。しかも、生まれた日が3月30日と3ずくめ、まさにラッキー・ナンバーずくめの子なのです。テロに戦争に難民、温暖化による気温の上昇に原発の問題、人類はいったいどこに向かっているのでしょう。希望は失うものではなく抱くもの、どんなに苦しくても望みはすてたくありません。この子の誕生の知らせを聞いた時、バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」を聴き、ひとり部屋で祈りました。世のため、人のための希望(のぞみ)の子であって欲しいと。ちなみに女の子なので、マザー・テレサのように育ってくれればと、贅沢な希望(のぞみ)を抱くおじいちゃんでした。
1459335817004.jpg
1459288292095.jpg
1459285626667.jpg
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

お泊り

2016/03/29
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
3月27日日曜日、孫のさくらが泊りに来ました。翌日、息子夫婦が釧路に行くため、さくらの面倒を一日みることに、玩具で遊んだり散歩をしたりと、長いようで、とても短い一日でした。
IMG_6426-1.jpg
IMG_6473-1.jpg
IMG_6477.jpg

                                 
                                      
            

定休日

2016/03/15
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
月曜日、今日は定休日ですが、チーズベーグル10個とおから食パン2本の注文が入り、早起きをしてパン作りをしました。チーズベーグル10個は埼玉県に帰るお客様からの注文で、おから食パン2本は釧路へのお土産だそうです。今週販売予定の新作の食パン、「フランス食パン」を試作してみました。従来の山型の食パンと、クラスト(皮)とクラム(中身)違いを出すため、粉の配合と焼成を変え焼き上げました。お昼に和ちゃんと試食、ワクワク、ドキドキ、焼きたてのパンを食べるのは最高に幸せです。午後から定休日。べートーヴェンの弦楽四重奏を聴き、その後は孫のさくらとお遊び、ワクワク、ドキドキ、これも最高に幸せな時間です。
KIMG0310-1.jpg
KIMG0307-1.jpg
KIMG0309-2.jpg
                                 
                                      
            

孫の世話

2016/03/07
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
日曜日、孫のさくらを預かる事になりました。私たち夫婦も若いころ、和ちゃんのお母さんに子供たちを預け、富良野やトマムにスキーをしに行きましが、預かる方の大変さを全然考えていませんでした。自分たちが遊ぶことで頭の中はいっぱい、その為、親(おじいちゃんとおばあちゃん)が孫の面倒をみるのが当たり前と思っていたのでしょう。少し苦労しましたが、さくらを寝かすことが出来ました。さくらの寝顔を見ていると、預かるのは大変ですが、孫を寝かす喜びに満たされている自分に気づきました。おじいちゃんってこんなもの?と考えながら、和ちゃんのお母さんはどんな気持ちで、子供たちの面倒をみてくれていたのだろうかと、孫の可愛い寝顔を見ながら、義母をしみじみと思い出していました。
IMG_6313のコピー
さくらと
KIMG0306.jpg
                                 
                                      
            

光陰矢の如し

2016/03/06
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
さくらの初節句を、和ちゃんの手料理で祝ってやりました。光陰矢の如し、さくらも皆と一緒に料理を食べるようになりました。本当に月日の流れるのは早いものです。
全員
さくら食事
さくら.1
                                 
                                      
            

スノーモービル

2016/03/05
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
スノーモービルに初挑戦して来ました。配達先の尚樹君が店にパンを買いに来た時、スノーモービルのスリルと面白さを説明してくれ、和ちゃんと一緒に一度乗ってみたいねと話していました。若いころにはジェットスキーに乗って、屈斜路湖の中島を一週したりして遊んだ経験も有りますが、この歳になってまさかスノーモービルに乗るとは想像もしていませんでした。
KIMG0277.jpg
KIMG0278.jpg
                                 
                                      
            

雛祭り

2016/03/04
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
3月3日は孫のさくらの初節句。和ちゃんは赤飯を炊き、研ちゃんはピンクの雛人形を買ってやりました。
KIMG0286-2.jpg
さくらとお雛様
                                 
                                      
            

不安の一日

2016/03/02
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
北海道は猛吹雪です。テレビのニュースでは、ニュースキャスターが「暴風雪の地域は・・・引き続き暴風雪にご注意下さい」と、しきりに注意と被害防止を喚起していました。しかし、標茶町の朝はいたって穏やか、テレビのニュースにもさほど気にとめず、パン作りを繰り返していました。火曜日は、和ちゃんのパンの配達を兼ねたステンド・グラスの日、午前十時までに準備を済ませ、何時ものように鶴居村に向けて出発しました。早朝、町立病院に検査に来た虹別のお客様が、虹別は猛吹雪なので早く帰れと連絡があったと、急いでパンを買って帰りました。午前十一時、朝とは様相が変わり風と雪は次第に強さを増し、鶴居に向かった和ちゃんの事が急に心配になり出す。スマホに掛けると、「ただいま電話に出る事が出来ません」とのアナウス。頭の中は、事故や猛吹雪で立ち往生をしている和ちゃんの姿が妄想のように駆け巡り、鶴居行きを中止にすればよかったと後悔する。配達先の焼肉「さるるん」さんに電話を入れ、和ちゃんが無事に到着したかどうかの確認をするなどなど、不安の一日でした。
KIMG0276-1.jpg
KIMG0275.jpg
                                 
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード