FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

大根のしょうゆ漬け

2017/07/25
category - 男の料理
コメント - 0
                         

谷川さん家から頂いた大根の余りで、大根のしょうゆ漬けを作りました。大根は皮をむいて2㎝の角切りにし、塩をまぶして15分ほど置きます。しんなりしたら水洗いし、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。ポリ袋に大根を入れ、手でもんだ削り節とだし汁(醤油、みりん、砂糖、酢)を混ぜ、軽くもんで口を閉じます。冷蔵庫に入れ、2時間ほど置くと完成です。その間プールに行き、クロールに背負泳ぎに平泳ぎ、たっぷり1時間泳いで来ました。
KIMG0120-1.jpg
KIMG0121-1.jpg
KIMG0122.jpg
KIMG0124.jpg
KIMG0126-1.jpg
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

大根の煮物

2017/07/24
category - 男の料理
コメント - 0
                         

谷川旅館の奥さんから、採りたての大根をいただきました。何でもご主人が栽培したとの事で、少し小ぶりですが愛情はたっぷりのようです。なので、晩ご飯のおかずに大根の煮物を作る事にしました。
KIMG0132.jpg
2~3㎝にカット、1センチほど十字の切りこみ(隠し包丁)をいれ、面とりをしました。
KIMG0133.jpg
昆布と大根を鍋に入れ煮立ったら中火にし、だし汁(醤油、みりん、白だし、酒、砂糖)を加え落としぶたをし1時間煮込みました。
KIMG0135.jpg
KIMG0136.jpg
KIMG0138-2.jpg
KIMG0139-1.jpg
火を止め、味がしみるまで1時間ほどおき、さらに弱火で30分煮込みました。しばらく置いておくと味がしっかりとしみるので、その間にプールに行き、たっぷりと1時間泳いで来ました。大根だけのシンプルな煮物ですが、ご飯もドンドン(ビールもガンガン)すすんじゃいます。作り置きできるので、冷蔵庫に入れ一晩置くと更においしくいただけます。
KIMG0142-1.jpg
                                 
                                      
            

夏の夜は

2017/07/17
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         

土曜日、新聞折り込み週刊フィットに掲載されたせいもあり、パンも早めに完売しました。夕方、暑い一日が終わり、夕食に何を食べようかと和ちゃん(妻)と話していたら、遊びに来ていた孫のさくらを迎えに嫁の由香ちゃんが来たので、急遽焼肉を食べようか?ということになりました。焼肉に焼き鳥に焼き魚、ビールにワインにetc。食べて飲んで遊んで、そして夏の夜のラストを飾るのは花火。一週間無事に過ごせた事に感謝、そして若い家族の幸せを祈りながら、飛び散る花火を眺めていました。
IMG_8023-2.jpg
IMG_8021-2.jpg
IMG_8034-3.jpg
                                 
                                      
            

食パンとハード系ブレット

2017/07/15
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         

連日猛暑が続いていますが、皆さんお変わりございませんか。仕事が済むとプールに直行、帰りにサツドラでビールを買って家に直行の日々を繰り返しています。7月14日、新聞(夕刊)折り込みの週刊フィット[fit ]の表紙に、ひとつぶの麦の食パンとハード系のパンの写真が大きく紹介されました。今年に入って雑誌が2回、そして今回のフィットで3回目の掲載なので、店の宣伝にもなり、店主としてはとても感謝しております。先日、台湾のトラベル会社から60名のパンの注文が入りました。川崎や東京の発送もあるので、還暦夫婦のパン作りとしてはちょっとプレッシャーかな?と思いますが、二人で力を合わせ頑張ろうと思います。猛暑厳しき折、くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます。
広告
                                 
                                      
            

当たり前の出来事(誕生日)

2017/07/12
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         

7月9日(日)、研ちゃん(私)の誕生日、61歳を迎える事が出来ました。ひとつぶの麦の庭には、和ちゃん(妻)が丹精込めて育てたバラがいっぱい咲き、お祝いの花束をもらったようです。誕生日の前日、家族が集まりささやかですが誕生パーティーを催してくれました。人生振り返れば、当たり前の出来事で泣いたり笑ったり、他爱もない出来事に怒ったり叱ったり、気が付いたら61歳の爺さんになっていたというわけで、まさに浦島太郎の世界です。花は咲き、そして散る。孫たちもどんどんと成長し、ジジ(私)のそばからいずれは離れて行くことでしょう。でも花は春にまた咲き、私たちを喜ばせてくれるし、孫たちもやれ入学だ、進学だ、成人式だ、結婚だと私たちを楽しませてくれる事でしょう。なので、ジジも健康管理に努め、日々プールに通い、少しでも長生きをしようと思う今日この頃なのです。
IMG_7981-1.jpg
花-2
                                 
                                      
            

チーズフェア

2017/07/05
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         

7月2日(日)、鶴居村の楽酪館(チーズ工場)に、イベント「チーズフェア」で販売するパンを届けて来ました。土曜日の午後から日曜に掛けてのパン作りはちょつと大変ですが、それなりに楽しんで参加させてもらっています。水泳も休まづに続けていますよ、この日もパン作りの合間を縫ってプールに行き、1時間泳いで来ました。鶴居村の帰り、和ちゃん(妻)の要望に応え、上オソ別の西山さんと中オソ別の南さん家にお邪魔し、お庭(花)を拝見させていただきました。
KIMG0367-1.jpg
KIMG0368-1.jpg
KIMG0370-1.jpg
KIMG0371-1.jpg
KIMG0373-1.jpg
KIMG0374-1.jpg
KIMG0376-2.jpg
KIMG0377-1.jpg
                                 
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード