FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

インフルエンザともお別れ

2019/01/31
category - 気ままにクラッシック
コメント - 0
                         
腹の調子も良くなり、インフルエンザともお別れの時が来たようです。昼に和ちゃん(妻)が作ってくれた、「鶏の親子とじ南蛮そば」を食べ明日の仕事の準備に掛かりました。寝てばかりいると腰が痛くなり、身体の調子もどんどん弱ってしまうように感じます。やはり仕事をしていたほうがとも思いますが、いざ働くと休みたいと考えてしまいます。人間の心理って本当に厄介なものです。午後、準備をしながら身体を動かしていると調子も段々と良くなり、今日まで寝込んでいた自分を忘れ、いつしか仕事に夢中になっていました。仕事が片付くと久し振りの音楽鑑賞、クラッシック音楽をタップリ聴きました。音楽を聴きながらつくづく感じました、やっぱり健康が良いなと。心配してくれた皆さんに、LINEで回復のメッセージを送信しました。
IMG_20190131_121903.jpg
IMG_20190131_130524.jpg
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

インフルエンザ

2019/01/30
category - 晩酌放浪記
コメント - 0
                         
インフルエンザに掛かり、熱出して寝込みました。苦節十年、パン屋を始めてから病気で休むのは初めて、日頃の不摂生な生活が祟ったようです。週末、仕事が終わると飲みモード。ピザを食べながらワイン三昧、食後はクラッシックを聴きながら、ブルーチーズをつまみにウヰスキー三昧。翌朝、シャワーを浴びた後、火の気のない部屋で約1時間LINEをしていたら、急に寒気がして来たので熱を測ると38度。病院に行き検査したらインフルエンザのA型だと、内科の佐藤先生に言われました。インフルエンザは隔離状態だという話を聞いていたので、仕事を休まなければならないと思ったら、インフルエンザより仕事を休む方がショックでした。和ちゃん(妻)と娘からLINEで【ゆっくり休んで!】とありがたいメッセージをいただき、熱にうなされながらもベットの中で一人感激していました。翌日、熱が下がっても腹の調子が治らないため、和ちゃん(妻)がお粥を作ってくれました。研ちゃんもLINEで【元気が出てきたよ!!】とお礼のメッセージを返しました。隔離されていてもお礼が言えるんですから、LINEて便利ですね。
IMG_20190127_174521.jpg
IMG_20190127_174550.jpg
ワイン
音響
おかゆ
                                 
                                      
            

右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。

2019/01/27
category - 晩酌放浪記
コメント - 0
                         
今週も無事に一週間が終わりました。今週パン作りをしていて面白い会話がありました。もし私が死んだら?と和ちゃんに聞いたら、研ちゃんが死んで私一人になってもパン作りは続けると言うのです。もちろん元気だったらの条件付き話ですが。何故面白い話かと言うと、JAを早期退職し迷路を彷徨っていた時、偶然思いついて飛び込んだのがパン屋の世界、不安で迷っていた時それを後押ししてくれたのが和ちゃん(妻)でした。修行らしい修行もせず十年といった月日を続けてこられたのも、ひとえに和ちゃん(妻)という協力者(伴侶)がいたから出来たと思うのです。たとえ小さなパン屋でも、「ひとつぶの麦」といった一つのブランドを築き、たくさんの雑誌(テレビ「人生の楽園」にも)に紹介され、遠くからも注文が取れるようになったのも二人の協力なくしては生まれなかったでしょう。老後の生活を考えたら年金に健康にetc、「右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。」の時代です。でも?いや!だから何かをしなければなりません。その何かをこの十年、二人で苦労しながら築き上げて来たんだなと思ったからです。今夜は夜な夜なウヰスキー(ボウモア12年)とブルーチーズをおともに、ゆったりとクラッシックを楽しもうと思います。
部屋
ボトル
CD.jpg

                                 
                                      
            

血と汗と涙の葛藤!

2019/01/26
category - 気ままにクラッシック
コメント - 0
                         
標茶町でも2日続けて雪が降りました。それでも事前の情報より雪の量も風の強さも弱かったので、パンの配達にも影響が出ませんでした。虹別方面は特に風が強く吹き溜まりができやすいので、大事をとって出発を早めにし、天気が崩れる前に配達を終わらせて来ました。なので今日は少し早めですが、ワインを飲みながらオーディオ鑑賞といったところです。昨年の暮れスピーカー(オーディオの)を購入し、その調整に日々追われています。スピーカーにもエージングといって、車で言う慣らし運転みたいなものが必要で、購入直後はまだ本来の音が出ていないとメーカーは言うのです。そのため少なくても100時間程度の慣らし運転、調整が必要なんだと。今取り組んでいるのが、スピーカーの足回りとケーブルの交換です。クラッシック音楽を楽しむため自分の好きな音づくりをする、そこが一番大切なところでもあり、また面白いとこれでもあるんです。足回りはパットを張ったり、スパイクを付けたり、黒檀(コクタン)の上に載せたりして音の変化を確かめます。アンプとCDをつなぐピンゲーブルやスピカーケーブルの交換は必須で、ケーブルによって楽器の音色や声の質が大きく変わるため、音響では一番神経を使うところでしょう。音響の師匠の南さんや親友の裕ちゃんからピンゲーブルやスピカーケーブルを借り、購入したスピーカーの能力を最大限に引き出そうと、血と汗と涙の葛藤が日々続いているわけです。
IMG_20190124_150236.jpg
ケーブル
IMG_20190126_163143.jpg

                                 
                                      
            

何か夢中になれるもの

2019/01/23
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
月曜日(休日)、起きてカーテンを開けると夜中に降ったらしく、数センチ雪が積もっていました。テレビを付けニュースを見ると、日本海側は大雪、特に東北地方では猛吹雪と激しい雪でホワイトアウトに警戒とのこと事でした。店の駐車場を見ると「あっ!」除雪の跡が?、慌ててパジャマを防寒着に着換え、外に出て和ちゃん(妻)の除雪の手伝いをしました。最近知り合いが二人、サックスを始めました。退職し老後の趣味探し、他人が趣味で楽しんでいるのを見ると、俺も何か夢中になれるものが欲しいと(残り少ない人生?)、少し不安になるのかもしれません。楽器に絵にetc、新聞の広告欄の趣味口座を見て始める人も多いようです。昨年の暮れ、JAの役職員OB四人で養老牛温泉に泊まった時も、酒を飲みながら永遠と趣味談議、気が付くと午前様なんて事になってしまいました。若き頃、釧路の知り合いの家に泊まり酒を酌み交わしている時、「研ちゃん!趣味は若いうちから始めろよ」と言われました。仕事に追われ、趣味は老後だと威張っている人は、老後になっても趣味が見付からずに焦るんだと言うのです。あれから数十年、今その現実を見ているわけです。サックスに刺激され、オカリナと本を探しました。断捨離で捨てたかも?と不安でしたが、捨てられない物(検討中箱)の中から発見しました。仕事の合間に「少年時代」や「大きな古時計」を吹いていると、「研ちゃん~!、店まで聞こえるよ~!」と和ちゃん(妻)に言われ(怒鳴られ)、止めました。いずれにしても趣味は何を目的とするかといったコンセプト、それはコンサートであったり、展示会であったり、サークルであったりと人それぞれ、奥深さも様々です。なので若いころから始めないとダメなのか、触れてみるだけでも十分なのか、それはひとり一人違うし、結果は自己満足の世界なのです。サックスを始めた知人の奥様からLINE(ライン)が届きました。【旦那のサックス⁉全然下手です】と、それ見て研ちゃん返信しました【赤面の思い出始めた一生の趣味、温かく見守って行きましょう】と、俺も何か探さなくちゃ、和ちゃん(妻)温かく見守ってくれるかな?
オカリナ

                                 
                                      
            

紅鮭の飯寿司

2019/01/21
category - 晩酌放浪記
コメント - 0
                         
息子の嫁さんのお母さんから、紅鮭の飯寿司をいただきました。研ちゃんは飯寿司大好き人間で、飯寿司で育ったと言っても過言ではないのです。その理由は、一緒に住んでいた明治生まれのばあさんが、暮れともなると毎年鰰(ハタハタ)と鰈(カレイ)の飯寿司をいっぱい造ってくれ、朝晩飯寿司をおかずにご飯を食べて育ったからです。なので今でも鰰(ハタハタ)の飯寿司を食べると、やっぱりばあさんの飯寿司が一番だなと思うのです。ばあさんは何でも作ってくれた人で、3種類のぼたもち「おはぎ」(ゴマ・きな粉・あん)や漬物(特に魚漬けが大好き!)、ぶどう酒(中でもコクワ酒は絶品!)に佃煮にetc、語り付けせないほど思い出がいっぱい有ります。子供の頃には料理を盛り付けし、近所の友達を呼んで誕生会も開いてくれました。我が家でお正月に食べる自慢の茶わん蒸しも、ばあさんから受け継いだ大切な味一つです。今自分たちの孫がその受け継いだ「味」と「茶碗」で食べているわけですから、素晴らしいの一言です。ちなみにこの茶わん蒸しも我が家の味が一番の口で、お店で食べる茶わん蒸しは美味しいとは思いません。今夜の晩酌のおかずは飯寿司とばあさんの思い出、心温まる一夜になりそうです。
紅鮭の飯寿司
茶碗
                                 
                                      
            

鶏皮の手造りくんせい

2019/01/21
category - 気ままにクラッシック
コメント - 0
                         
金曜日、配達先のちっかさんから、小樽のお土産「(鶏皮)手造りくんせい」をいただきました。土曜日、パンも早めに完売したので、用事を済ませ早々に晩酌の買い出しに。釧路の地酒「福司」から発売されたしぼりたて「生酒」をフクハラで購入、帰りにサツドラでビール500ml2本と「手造りスモークレバー(ナカちゃんですよ)」も追加購入し準備完了。ビールとビールグラスを冷凍庫に入れ、シャワーを浴びて今週の疲れを流す。まずは冷え冷えのビールを飲みながら、テレビで大相撲観戦。和ちゃん(妻)は町内会の女性部の総会に行って留守なので、南さんからお借りしたCD「ベートーヴェン&モーツァルト」を聴きながら、一人楽しく音楽鑑賞(晩酌)に勤しみました。
IMG_20190119_092035.jpg
IMG_20190119_181225.jpg
IMG_20190119_0003.jpg
IMG_20190119_0005.jpg
IMG_20190119_0002.jpg
IMG_20190119_0004.jpg
IMG_20190127_0001.jpg


                                 
                                      
            

スマホの機種変更

2019/01/14
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
日曜日、スマホの機種変更と、ヤマダ電機で購入したCD(不良品)の交換で、和ちゃん(妻)と釧路に行ってきました。ブログの写真を撮るのに手軽なコンパクトカメラでもと購入を検討していましたが、機種変更したスマホで部屋の写真を撮ってみたら、以前とは違い写真機能の充実しているのにビックリ!勇んでカメラを購入しないで良かったなと喜んでいます。担当の女子職員から、「家電も全てSoftBsnkに以降するとお得ですよ!」や何やらの説明を聞くのに時間が掛り、長時間和ちゃんを待たせてしまいました。釧路の帰り、「研ちゃんは女性に甘いんだから~!」と、女性と決断力の弱さを和ちゃんに指摘されました。
IMG_9808.jpg
部屋
                                 
                                      
            

謹賀新年

2019/01/13
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
謹賀新年
新年あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりうました。お陰様でひとつぶの麦も十年目に突入いたしました。これもひとえに皆様のご愛顧とご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。昨年は筋トレと水泳で老体に鞭打って、暮れは断捨離に夢中になった一年でした。今年も体調管理に努め、不要な物を減らし、心も身も生活もスッキリして、パン作り十周年を迎えたいものだと切に願っています。皆様に喜んでいただけるパン作り、ご期待に添えるべくパン作りに精進して参りますので、本年も何卒よろしくお願いいたします。皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
                                                           猪

                                 
                                      
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード