FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

渡部さんが寄ってくれました。

2019/06/19
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
今朝、パンを作りの合間にテレビのスイッチを入れると、新潟県で震度6強・山形県で震度6弱を記録する地震が発生したとのニュースが流れていました。発生時間は(火)22時25分ごろなので、研ちゃんも和ちゃんも既に寝ていたので全然知りませんでした。日本海沿では雨模様の天気なので、雨による二次災害が懸念されます。週末は雨が降り、小学校の運動会も火曜日に延期されていました。打って変わって昨日と今日は、半袖のワークシャツ 1枚でも暑いくらいでした。今週は禁酒をと思っていましたが、夕方になると冷たいビールが飲みたくなります。缶ビールを1本飲み、バカラのグラスに氷を入れ、ウイスキーの水割りを飲みかけたら、虹別の渡部さんが寄ってくれました。先週配達でお邪魔した時に、鉛筆画や写真のホトムービーの話もしたので、ずらりと並べて見てもらいました。渡部さんも絵や写真や骨董品が大好きで、家の中に山のように積まれていますが、未整理の状態なのです。
鉛筆
IMG_20190620_050818-2.jpg
IMG_20190620_025532.jpg
                
スポンサーサイト
                
                         

続きを読む

            
            

我慢できなくて行っちゃいました。

2019/06/18
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
孫の顔を見に行ってきました。夜にお邪魔するのも悪いかと躊躇していましたが、どしようかと迷った挙げ句に、我慢できなくて行っちゃいました。なぜか無性に会いたくなる時があるのです。
IMG_20190617_200414.jpg
IMG_20190617_192827.jpg
IMG_20190617_191833.jpg
                                 
                                      
            

父の日、食べ過ぎました。そして飲み過ぎました。

2019/06/17
category - 気ままにクラッシック
コメント - 0
                         
昨夜は父の日、食べ過ぎました。そして飲み過ぎました。なので今日はCDを聴きながら、ひたすら読書していました。今夜からまた一週間禁酒しようと考えています。今週は横浜の送りと、川崎の準備に鶴居村のイベント「チーズフェア」の準備もしなければならないので、少しプレッシャーが掛かっているからです。それと、週末は和ちゃんが札幌に行くので研ちゃん一人ぼっち、晩酌放浪記でもしなければ寂しくて(怖くて)眠れないのではと懸念しています。
IMG_20190516_0002.jpg
IMG_20190526_0002.jpg
IMG_20190523_0001.jpg
IMG_20190617_203153.jpg
IMG_20190617_204627_BURST002.jpg


                                 
                                      
            

父の日

2019/06/16
category - 晩酌放浪記
コメント - 0
                         
天気が悪いので、今日は部屋で朝からクラッシック三昧していました。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの「フリーメースンのための葬送音楽ハ短調」を、四人の指揮者、ケルテス、ワルター、ベーム、アバドで聴き比べをしてから、アントン・ブルックナーの「交響曲第7番ホ長調」を二人の指揮者、カラヤンとヨッフムで聴き比べをしてみました。聴き比べると言っても世界の名だたる指揮者ばかりなので、良いとか悪いとかではなく、各指揮者とオケの名演を堪能するといった感じです。聴き終えると昼食の時間、パスタを茹でてミートソースを作って食べました。音楽をたっぷり聴いた後なので、パスタを食べながら赤ワインも飲んじゃいました。酔いも手伝ってか眠くなり、お昼寝タイム。目が覚めたら娘がLINEで、「生ちらし、食べるかい」と聞いてきました。そう言えば今日は父の日だったんだと、昨日息子の嫁から頂いたプレゼントを開けてみたら、素敵なバックが入っていました。バックを眺めながら冷え冷えの黒ビールをぐぐぐいーと、美味しい料理食べながら父の日に感謝していました。
IMG_20190616_115150.jpg
IMG_20190616_115457.jpg
IMG_20190616_193552.jpg
IMG_20190616_193612.jpg
IMG_20190616_184902.jpg
                                 
                                      
            

年齢とともに

2019/06/15
category - 晩酌放浪記
コメント - 0
                         
明日が父の日だとは全然気が付きませんでした。息子のお嫁さんがプレゼントを届けに来てくれ、父の日である事を知りました。仕事が終わると晩酌放浪記の買い出しにフクハラへ、アサヒスーパーDRYとキリン一番搾りを2本買い、酒の肴はツブとエビに決定。アサヒスーパーDRYとグラスを冷凍庫にぶち込み、まずはシャワーで一週間の疲れを流してから、冷え冷えのビールをぐぐぐい~と五臓六腑に流し込む、まさに至福の時というやつです。今週は仕事に於いても、人生に於いても忙しい一週間でした。また、その忙しい一週間を忘れるくらい、年齢とともに時間の経過を早く感じてしまいます。札幌の姉と、函館の兄と、三人で元気なうちに写真を撮りたいと願っていた事が、甥のあまりにも脆い人生で現実となり、複雑な心境で受けとめています。今夜の晩酌放浪記、なんだか酔いつぶれそうです。
ビール
IMG_20190615_184159-2.jpg
IMG_20190615_184221.jpg
IMG_20190615_184118.jpg
IMG_20190615_195025.jpg
IMG_20190610_201247.jpg

                                 
                                      
            

たこトンビの刺身

2019/06/14
category - 晩酌放浪記
コメント - 0
                         
エーコープに昆布森産の「たこトンビ」が売っていたので、一番大きいのを買って来ました。サツドラで「キリン一番搾り」を買い冷凍庫に入れ、晩酌放浪記の始まり始まり。今週は東京に行ったりしていたので、部屋で落ち着いて飲むのは久し振りです。燻製の「たこトンビ」は食べた事はありますが、刺身で食べるのは初めてです。
たこトンビ
IMG_20190614_164917.jpg
IMG_20190614_165116.jpg
IMG_20190614_170442_BURST002.jpg
IMG_20190614_170840.jpg

                                 
                                      
            

ベーグゥ!

2019/06/13
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
配達先の大浦さん家で、アメリカ人が突然出てビックリしました。それもスタイル抜群の超美人、これでも高校生だと言うのだから、これまたビックリです。お店にアメリカ人のキャサリンがベーグルを買いに来た時、「ベーグル」ではなく「ベーク」と聞こえました。ナノデフルーツベーグルが有ったので「ベーク」と言ってプレゼントすると、目を丸くしながら「ベェグゥ!」と言って笑顔で受け取ってくれました。でも研ちゃんの発音と何処か違う、土曜日に松本先生がパンを買いに来たら聞いてみようと思います。
IMG_20190613_150150-1.jpg
IMG_20190613_150150-10.jpg
                                 
                                      
            

我が家が一番です

2019/06/12
category - 気ままにクラッシック
コメント - 0
                         
東京から帰ってきました。やっぱり標茶がいいです。我が家が一番です。これも歳のせいですかね、出掛けるのが面倒になって来ているのかもしれません。甥の葬式も日が経つにつれ、悔やまれる事がいっぱい出てきました。例えば、病院に駆けつけてやるべきだったとか、元気なうちに会社を見せてもらば良かったとか山ほどあります。しかし、生きている時にはなかなか悟れず、お互いに生活や仕事に追われ、客観的に見て判断する余裕がないのです。なので茂樹の事を思うと、今でも悔やまれて正直涙が止まりません。姉兄から「お前たちは兄弟のように育ったから」と口をそろえて言われますが、今その意味の重さを感じています。また、客観的に判断の出来る和ちゃんの意見も、今思えば真剣に聞くべきだったと反省しています。パンを焼き販売をしていると、やっと何時もの生活リズムに戻ったなと感じました。パンの配達もしかり、配達先の南さんとクラッシック談議をするのも日課の一部になっているのかもしれません。今回もCD3枚を貸してくれたので、今週末はハードスケジュール請け合い無しといったところです。前回はブルックナーの「交響曲第7番ホ長調」をヨッフムとコンセルトヘボウで聴きましたが、今回はカラヤンとベルリンフィルで聴いてみたいと思います。それと茂樹を忍んで「フリーメースンのための葬送音楽ハ短調」を、ケルテス、ワルター、ベーム、アバドの四人の指揮者で聴き比べてみますのでこうご期待。そう言えば茂樹と一杯飲んだ時に、「最近ギターを始めたんだ」と言ってスマホの写真を見せてくれました。形見分けに一本欲しいなと思いましたが、触れてはならない領域なので、茂樹の思い出とともに心にしまっておく事にします。
IMG_20190613_0001.jpg
IMG_20190613_0002-3.jpg
IMG_20190613_0004.jpg
イシュトヴァン・ケルテス
ケルテス
ブルーノ・ワルター
ワルター
カール・ベーム
ベーム
クラウディオ・アバド
アバド

                                 
                                      
            

桐ケ谷斎場(JBS代表取締役社長の葬儀・告別式編)

2019/06/11
category - こころ旅
コメント - 0
                         
昨日と打って変わって晴天、気持ちのいい朝を迎えました。昨夜は姉夫婦と兄と四人で12時過ぎまで語り合いました。義理兄が80代、姉兄70代、そして私が60代、還暦を迎えたと言っても、研ちゃんがダントツに若いわけです。なので、お前が皆を看取らなければならないぞと、皆にプレッシャーを掛けられました。ビールにワインにウイスキー、晩酌放浪記なんて言ってる場合じゃない。豆乳に野菜ジュースにサプリメント、健康放浪記とやらに変更しなければならないのです。少し早いですがAM8:00にホテルを出て、タクシーで桐ケ谷斎場に向かいました。車窓から朝のラッシュアワー、人だかりを見ていると、ここは人の住むところではないなと感じました。別れはどんな時も辛いものです。兄弟の様に育ったあいつが(茂樹)死んだとは思えないのが、今の正直な気持ちです。記憶の中にある茂樹は、去年一緒に酒を飲んだ時のままなのです。最後に病院でデザインした社員章には拘りがあり、常に社員を中心とした考えが溢れていました。本人は付ける事が出来ませんでしたが、お柩(オヒツギ)に入れられた背広の襟にはその社員章が輝いていました。生きていればそのロゴについて語りあったのでしょうが、しかし今、彼の思いを聞く事は出来ません。でも研ちゃん心には届くのです。聞こえて来るのです。彼の思いが、それも手に取るように。もう一度会いたいな茂樹に・・・。完。
IMG_20190611_092630.jpg
IMG_20190610_173646.jpg
IMG_20190610_192604.jpg
IMG_20190611_105811_BURST001_COVER.jpg
IMG_20190611_092535.jpg
IMG_20190611_155338-1.jpg
菓子
IMG_20190611_144005.jpg
IMG_20190611_155341.jpg
IMG_20190611_154213.jpg
IMG_20190611_175355.jpg
                                 
                                      
            

釧路AM9:55発、東京/羽田11:40着 AIR DO(JBS代表取締役社長の葬儀・お通夜編)

2019/06/10
category - こころ旅
コメント - 0
                         
五反田の桐ケ谷斎場で行われた、JBS代表取締役社長故関澤茂樹(甥)の葬儀に参列して来ました。10年以上も飛行機に乗っていなかったので、チケットの購入(ネット)から飛行機に搭乗するまで不安でいっぱいでした。羽田からモノレールに乗るのも、JR(山手線)で五反田に行くのも、田舎者の研ちゃんにとっては大冒険なのです。釧路AM9:55発-東京/羽田11:40着AIRDOに乗るため、AM8:00に自宅を出発しました。標茶は薄曇りですが、NHKのニュースで見た東京の天気は雨との予報でした。ネットで購入したチケットの手続きも思っていたより簡単で、係員に聞くまでの事なくスムーズに発券する事が出来ました。まさに案ずるより産むが易し、事前にあれこれ思い悩んで取り越し苦労してもしょうがないという事です。羽田に着くと予報通り雨でした。ホテルのチェックインまでには時間があるので、函館から来た兄と空港内のカフェでコーヒーを飲みながら時間を潰す事にしました。時間を潰すと言っても久し振りの再会なので積もる話も山ほどあり、気が付いたらチェックインの時間になっていたといった感じです。モノレールで浜松まで行き、浜松からJR(山手線)に乗り換え五反田まで、切符の購入も移動も思っていたよりスムーズに行きました。五反田に着き、雨模様の五反田の街を眺めていると、無事にここまで来たのかと感極まるものを、ちょっとオーバーでした、ほっと一安心といったところです。雨脚は強くなり、ホテルを出るころには土砂降りでした。駅前で近くて良かったと思っていましたが、逆に車が混雑していて、雨の中でタクシーを拾うのにひと苦労しました。桐ケ谷斎場は葬儀会場が10ヶ所も有る大きな葬儀場で、葬儀をあげるのにも予約が必要との事で、亡くなってから葬儀をあげるまで1週間程度待のは普通ですと、葬儀の担当者が説明してくれました。次回に続く。
IMG_20190611_180550.jpg
IMG_20190610_094805.jpg
IMG_20190610_113912.jpg
IMG_20190610_114334.jpg
IMG_20190610_121810-1.jpg
IMG_20190610_121033.jpg
IMG_20190610_121140.jpg
IMG_20190610_141753.jpg
IMG_20190610_194110-1.jpg
IMG_20190610_192816-2.jpg
IMG_20190610_191906-3.jpg
IMG_20190610_192619-4.jpg
IMG_20190611_085433.jpg
IMG_20190611_091818.jpg
IMG_20190610_202632.jpg
IMG_20190610_194701-7.jpg


                                 
                                      
            

琥珀色の麦茶でぐぐぐいと

2019/06/09
category - 気ままにクラッシック
コメント - 0
                         
和ちゃんは朝から外でガーデニング造り、なので家の中は大音響でクラッシック三昧と行きました。アントン・ブルックナーの交響曲第7番ホ長調は初めて聴く交響曲です。オイゲン・ヨッフムが指揮を執り、演奏はロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団で、東京でのライブ演奏でした。ヨッフムはこの演奏会の6ヶ月後にお亡くなりになったそうです。老体に鞭打ってのヨッフムの指揮と、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の名演は緊張感あふれる素晴らしい演奏に、会場の聴衆も大満足した事でしょう。第1楽章が23:00、第2楽章が28:03、第3楽章が11:28、第4楽章が14:56と、聴くのも壮絶極まりない、お腹もいっぱいになる交響曲でした。明日、東京に行くので、午後から準備をしていました。羽田で函館の兄と合流して、五反田のホテルにチェックイン。夕方、姉夫婦と一緒にタクシーで葬儀場に向かう予定です。明後日は、告別式が終わったら4時の飛行機で釧路に帰って来て、水曜日には普通通りパン作りをするつもりです。しばしの別れではないですが、孫の顔が見たくなったので、東京に出掛ける前に一緒に遊んで来ました。禁酒七日目、和ちゃんが鳥の唐揚げを作り、研ちゃんがサラダの盛り付けをしました。いつもなら瓶ビールを買って来てぐぐぐいと、なんていったとこれですが、琥珀色の麦茶でぐぐぐいと、今週末はライスで乗り越えました。
ブルックナー7番33番ヨッフム&コンセルトヘボウ
IMG_20190609_171757.jpg
IMG_20190609_184216.jpg

                                 
                                      
            

「白かぶ」と「カリフラワー」

2019/06/08
category - 男の料理
コメント - 1
                         
昨日の漬けていた「白かぶ」と「カリフラワー」、今朝朝食で食べました。和ちゃん、白かぶの食感に「美味しい美味しい」と言いながら、ご飯をお代わりして食べていました。また、葉と茎も野沢菜みたいに漬かり、ご飯との相性もバッチリでした。カリフラワーも新鮮なので、味も食感も抜群に良く、研ちゃんドレッシング無しで食べちゃいました。キムチバージョンも最高でした。禁酒六日目、アジの干物と白かぶの即席漬けでご飯を食べ、今夜も晩酌無しで乗り切りました。ただ、口が寂しいのか、お腹が寂しいのか、無性にお菓子が恋しくなり、「柿の種」に「かりんとう」に「アイスクリーム」にetc、ついつい間食してしまい、ただいま体重増加中です。
IMG_20190608_084900.jpg
IMG_20190608_085312.jpg
IMG_20190608_180745.jpg

                                 
                                      
            

白かぶの即席漬け

2019/06/07
category - 男の料理
コメント - 0
                         
釧路町支所時代にお世話なった野菜農家の鈴木さんが、白かぶとカリフラワーを持って来てくれました。ちょうど裕ちゃんも来ていたので、白かぶとカリフラワーをおすそ分けしました。漬け込み期間1日の「白かぶの即席漬け」を作り、裕ちゃんも作ってみると言っていたので、LINEで写真を送ってやりました。少し早いと思いましたが、晩ご飯のおかずにして食べてみました。明日の朝が楽しみです。なので禁酒五日目をクリアしましたが、問題は明日土曜日の夜です。リバウンドしなければいいのですが?
白かぶ1
白かぶ2
白かぶ7
白かぶ3
白かぶ4
白かぶ5
白かぶ8
白かぶ9
白かぶ10.
白かぶ11
白かぶ12
白かぶ13
                                 
                                      
            

禁酒

2019/06/06
category - 晩酌放浪記
コメント - 0
                         
月曜日から禁酒、なので今日で四日目になります。昨日の夜はさすがにやばかった。天気が良く暑かったので、仕事が終わった後にビールが飲みたくなりましたが、なんとかコカ・コーラゼロで乗り越えました。三日坊主とはよく言ったもの、禁酒を続けようと思ったら、飲みたくなるのもちょうど三日目でした。
IMG_20190606_153048.jpg
                                 
                                      
            

夢の優績者、念願のベスト10(共済課人事異動編)

2019/06/05
category - 研ちゃん昔話
コメント - 0
                         
釧路のプリンスホテルで開かれた共済の担当者会議で、事故処理と割り込み情報を使った推進活動の二刀流が報告されました。懇親会の席上で横に座った某農協の共済担当者が、研ちゃんの事故処理と共済推進の二刀流に対し、「やってもやらなくても給料は同じなのに、何でそんなに無理をするのか」と言われました。いわゆるわざわざ人に頭を下げてまで推進しなくても、給料は同じだろうと言うのです。さらに、そんな暇があったら農協の資格試験を取った方が出世もするし給料も上がると言われました。しかし研ちゃんの目標は、全道でベスト10に入り、全道1位のOさんと一緒に表彰台に立つ事だったので、正直言って「こいつ何言ってんだ」ぐらいにしか思いませんでした。全道広域推進研究会交流会でJAしべちゃの割り込み情報の事例発表する事になり、共済連釧路支所の業務課長と札幌に出張しました。会場に入るとなんと昨年事例発表をしたSさんが、表彰者として胸に大きなリボン徽章(きしょう)を付け立っていたのです。正直ショックでした。そして負けたと思いました。さらに、都市農協の強さをまざまざと見せつけられたような感じがしました。事例発表に立った研ちゃん、発表の最後に「僕は来年、このお立ち台に立ちます」、いわゆる優績者になると宣言してしまったのです。帰りの汽車の中で、業務課長にビックリしたとよ言われ、協力するので出来る事があったら言って下さいとエールを送ってくれました。それからというもの、事故処理用と推進用の手帳を2冊持ち、ひたすら走り回ったのです。示談が終わり釧路から午後8時に帰宅すると、お客様から契約の連絡が有ったと和ちゃんから聞くと、晩ご飯も食べずに吹っ飛んでいったものです。ストレスからなのか、一時は右の耳が聞こえなくなった事もありました。そんなプレッシャーの中、年が明け決算が終わり、後は実績の知らせを待つだけとなりました。結果は保証金額10置円を超え優績者に選ばれ、そして念願のベスト10入りを果したのです。町から優績者が初めて誕生した年でした。優績者のパーティーの席は特別席で、優績者ごとに席札が置かれ、会長他お偉方が同席していました。共済連の推進部長に言われました。「野球選手に例えると、1位のOさんは王貞治で記録を残す人だが、君は事故処理をしながら優績者になったので、三割三十本の長嶋茂雄だよ」と。そして、「この会場にいる担当者は、Oさんではなく、君を目標に頑張るだろう」とも。共済課人事異動編、これにて完結といたします。長々とお付き合い頂き、誠にありがとうございました。
発表
IMG_20190605_0002.jpg
                                 
                                      
            

JAしべちゃの割り込み情報(共済課人事異動編)

2019/06/04
category - 研ちゃん昔話
コメント - 0
                         
全道広域推進研究会交流会から戻った研ちゃん、事故処理だけでなく保険の推進もやってみる事にしました。全道1位のOさんと、事例発表をしたOさんの部下のSさんは憧れで有り、光り輝いて見えたのです。しかし、いざ鞄を持って商店街を回ってみても、そう簡単に保険の契約をしてくれるものではありませんでした。そこで考え着いたのが、「JAしべちゃの割り込み情報」でした。カテゴリの「漫画似顔絵」をご覧になっている方はご存知かと思いますが、自分で言うのもなんですが、こう見えても研ちゃん似顔絵が得意なのです。なので、お店の人の似顔絵とコメントを5判のカラーのコピー用紙に収め、毎月新聞折り込みに入れるといった企画でした。新聞折り込みの中から手に取って見たくなる、そして、JAって貯金もあるの?共済(保険)もやってるの?と町の人に理解してもらう。それは、農業のための農協から、地域のためのJAにかわり、地域から農業の大切さを理解してもらおうとの戦略でした。そして、この「JAしべちゃの割り込み情報」が道新の全道版に載り、その後の推進活動の大きな踏み台になるとは想像もしていませんでした。次回に続く。
IMG_20190604_0008.jpg
IMG_20190604_0002-2.jpg
IMG_20190604_0007.jpg
IMG_20190604_0010.jpg
IMG_20190604_0006.jpg



                                 
                                      
            

格安航空券

2019/06/03
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
釧路-東京(羽田)往復で38.000円、格安航空券の予約を初めてしました。航空会社はAIRDO(エア・ドゥ)で、この飛行機も乗るのは初めてです。ホクレンスタンドの自動洗車機で洗車をしてから、クリーンセンターでゴミ投げを済ませて来ました。昼食を食べてから、さくらと一緒に「駒ヶ丘公園」と「麻生公園」で遊んで来ました。
IMG_20190603_113919-2.jpg
IMG_20190603_114432-2.jpg
IMG_20190603_135032-2.jpg
IMG_20190603_140126.jpg
IMG_20190603_141512-2.jpg
IMG_20190603_142840.jpg
                                 
                                      
            

一人で大音響にして

2019/06/02
category - 気ままにクラッシック
コメント - 0
                         
和ちゃんがマリちゃんのガーデニング造りの手伝いに行ったので、南さんから借りたモーツァルトのCD三枚を、久し振りに一人で大音響にして聴く事にしました。No.1「セレナード第13番・アイネ・クライネ・ナハトムジーク」ト長調 K.525、歌劇「フィガロの結婚」 K. 49、歌劇「魔笛」序曲 K.492 、フリーメイスンのための葬送曲 ハ短調 K.477=ブルーノ・ワルター指揮/コロンビア交響楽団。No.2「交響曲第40番ト短調 K. 550」=ジョージ・セル指揮/クリーヴランド管弦楽団。No.3「交響曲第35番 ニ長調 K. 385」(ハフナー)、フリーメイスンのための葬送曲 ハ短調 K.477=カール・ベーム指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。お昼、無性にカツカレーが食べたくなり、エーコープ(豚カツ)とフクハラ(LEE辛さ×30倍)を買いに行ってきました。
オーディオ
IMG_20190602_0002.jpg
IMG_20190602_0001.jpg
IMG_20190602_0003.jpg
IMG_20190602_123221.jpg
                                 
                                      
            

車の交渉

2019/06/01
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
やっぱり完全に二日酔い、気が付いたらカウチソファーでお腹出して寝てました。ありがたいことに、土曜日は本当に客足が早くなりました。AM7:45ころにカップルが二組買いに来てから、お客様の出入りが続き、PM1:00には完売状態、パンが数個残っただけでした。残り少ないパンを見つめな「やっぱり早く来なければ売り切れちゃうんですね」と言われるのは、嬉しいような、悲しいような複雑な心境です。なのでクルミパン1個をのこして完売にいたしました。あとは夕方まで、予約のKさん(おから食パン1本)とYさん(あん角5斤とかぼちゃ食パン1斤)を待つだけとなりました。仕事が早く終わったので、娘の車の入れ替えの交渉を手伝いました。娘の話を聞くとディーラーの言いなりになっているようなので、もっと強気で交渉しなければだめだと言って、他ディーラーの同等の車と天秤に掛けました。娘は今後の付き合いも有るので、天秤に掛けた悪者は父親である研ちゃんにして、ディーラーとの交渉を進めてもらう事にしました。晩酌をしていたら娘からLINEでメッセージが届き、開くと「決めました」と書いてありました。走行距離数も10,000㎞ちょいで、タイヤも夏冬アルミホイールで新品同様のものが付いているとの事でした。おまけにカーナビまで付いていると聞いたので一安心、LINEで帰りに今夜の〆のカツ丼をお願いしました。
Screenshot_20190602-113952.jpg
Screenshot_20190602-113958.jpg
Screenshot_20190602-133009.jpg
Screenshot_20190602-113946.jpg
IMG_20190602_003736.jpg

                                 
                         

続きを読む

            
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード