FC2ブログ

大切な時間

2010年04月18日
0
0
ひとつぶの麦の物語
最近、絵を描き始めました。油絵!冗談でしょう、研ちゃんゴッホやピカソじゃ有りませんから。研ちゃんが書くのは、人生の楽園でも少し紹介されていた鉛筆画です。一つの作品に数ヶ月掛けて作り上げる鉛筆画を、今の自分に出来るのか、はたして可能なのか、チャレンジしたい気持ちが再び鉛筆を持たしてくれました。でんも書きだしてみると大変、パン作りの合間に継続出来るのか不安!それでも書こう!!下手でも書こう~!!!
s-IMG_1896.jpg
バゲットにライ麦パン、そしてスープにコーヒーにチーズで朝食。書きかけの絵を眺めながら、ゆったりとした時間を趣味と過ごす事が出来ました。今書いている絵は、北海道を代表する偉大な小説家、三浦綾子さんです。何故三浦さんがテーマかそれは、店の名前「ひとつぶの麦」は、三浦さんの小説「塩狩峠」で出合った言葉「店名(天命)」だったからです。
s-IMG_1895.jpg
お客様の要望で作った、ライ麦70%の少しクセの有るパン。
ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.