FC2ブログ

お店が終わって

2010年05月29日
1
0
ひとつぶの麦の物語
土曜日は町外からのお客様も多く、10時のオープンと同時(オープンの前から)に、次から次へと買いに来てくれるお客様で、午後1時には完売となってしまいました。買えなかったお客様、大変すみませんでした。来週もまた一生懸命パンを焼きますので、またご来店下さい。お待ちしております。
s-IMG_2040.jpg
今日、釧路で「三浦綾子読書会」が有りました。研ちゃんはパン作りが忙しく参加出来ませんでしたが、読書会終了後、釧路からわざわざ来てくれたお客様がいます。それは、読書会の開催場所である、釧路のぞみキリスト教会の牧師の渡邊先生と、三浦綾子文学の特別研究員で、旭川からわざわざ読書会のため、お手伝いに来られた森下先生です。読書会に参加出来なかった事はとても残念でしたが、お二人が来てくれたお陰で、研ちゃんが一生懸命書いた綾子さんの鉛筆画(まだ未完成ですが)を見てもらう事が出来ましたので、少しは気晴らしになったかな~と思います。両先生、大変ありがとうございました。そして素敵なプレゼント、木村敦子さんの本「はがきと共に」ありがとうございました。木村先生との新しい出会いに感謝申し上げます。
s-IMG_2041.jpg
  コメントありがとう 
BOAZさん、先日は大変ありがとうございました。両先生の貴重な時間を使い、わざわざ標茶まで会いに来てくれた、そう思うだけでも胸が熱くなります。綾子さんの鉛筆画も完成が近づき、最後の仕上げは、慎重に、且つ、楽しく書き上げたいと思いますので、楽しみにしていて下さい。あっ!それと、このブログを読んだ小樽の兄が、急に旭川に行きたくなったらしく、先日、三浦綾子文芸館に行って来たよとの便りが届きました。綾子さんの魅力、恐るべし~ですね!研ちゃんも気合いを入れて「書かなきゃ~ぁ!」ですね!
ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 1

There are no comments yet.

BOAZ  

疲れていたでしょうに・・ありがとう

疲れていたでしょうに、こころよく迎えてくださってありがとう。三浦綾子さんの絵を見せていただいてありがとう。読書会の他の方々にも見せてあげたいので、次の読書会の前に借りに行きます。

私たちがお話をしている間にも、何人ものお客さんが来ては、「完売」の札を見て帰って行ったのを見ました。そんなお客さんの姿を見る研ちゃんの目に「申し訳ありません。」という言葉をみました。ひとつぶの麦が、多くのお客さんに愛されている姿がうれしいです。

2010/06/07 (Mon) 06:50