FC2ブログ

鉛筆画 作品その5

2010年06月06日
1
0
ひとつぶの麦の物語
一つの作品を仕上げる事は、飽きっぽい研ちゃんにとってとても至難の技で、中でも鉛筆画はとても時間の掛かる作業なので、それを2枚セットで一つの作品を仕上げなければ完成したとは言えない、そんな難題をもった作品が、奈良・東大寺南大門に有る金剛力士像でした。昔から何故か気になっていたこの二体の像、現在は修復されていますが、修復前の写真(写真家:土門 拳)を元に、駆逐した部分を残した昔の力士像にチャレンジしてみました。
s-金剛像
左:阿形(あぎょう) 右:呼形(うんぎょう) (1枚:縦77㎝ 横56)
この作品は人生の楽園でも放映された、研ちゃんの鉛筆画の中でも記念すべき作品なのです。デレクターの安田さんに言わせると、何故こんなのを書く気になったのか
が疑問みたいで、カメラマンの橋本さんと二人で、何故!なぜ!ナゼ!と、研ちゃんに詰め寄ってきたのです。結局、研ちゃんがパンを焼いている間に撮影したらしく、テレビで放映された時は正直ビックリしました。

 コメントありがとう 
YSさんお元気で何よりです。その後、毎日、「テレビを見ましたよ」、「人生の楽園を見たので、近くに来たから寄ってみました」と、二人に声を掛けてくれる人が絶えません。先日ホテルから連絡が有り、観光バスがひとつぶの麦に寄り、パンを買うなんていう話もちらほらと出て来ています。人生の楽園恐るべし~ですよね。人楽のスタッフの皆さんによろしく。
ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 1

There are no comments yet.

YS  

懐かしいな!!

ご無沙汰しています!!YSでございます。久しぶりにブログ覗かせていただきましたら私たちのことをお忘れでないようで嬉しくなりました。その後も順調なようでなによりです「涙のクロワッサン」食べたいですね。標茶もいい気候になってきたんですかね。私は相変わらず西へ東への生活です。たまに近所のパン屋をのぞくと「あーちくわぱん食べたいな」そんなこと思う日々でございます。これからもご夫婦で仲良く頑張ってくださいね。追伸:いただいた行者ニンニク焼酎を飲むとみんな記憶を失います。あれは危険な飲み物かもしれませんよ!あーホルモン煙の中で焼きたいな!!

2010/06/10 (Thu) 09:45