FC2ブログ

標茶町花火大会

2010年08月14日
1
0
ひとつぶの麦の物語
標茶町の花火大会が14日(土曜日)午後七時三十分、カウントダウンに迎えられ開催されました。雨のため翌日に延びた花火大会を、待ちに待ったと言わんばかりに、会場「うぃず」前の駐車場は、人、人、人の山で大賑わい。親友の裕ちゃんから電話が有り「花火大会の写真撮らないか~」と闘志むき出しに挑戦状を叩き付けられた研ちゃん、花火の写真を撮るのは初めてですが、とにかく裕ちゃんの挑戦を受けないわけにわと気持ちを奮い立たせ、パン焼きの仕事が終わッてから準備をして行って来ました。
s-IMG_2694.jpg

s-IMG_2677.jpg

s-IMG_2691.jpg

s-IMG_2695.jpg
 「開発センター」と「うぃず」の前に設けられた屋台村 
屋台(仮設テント)で食べ物や飲み物を求める人の列。標茶にこんなに沢山の人がいたかな~ぁと思っちゃうほどの賑わい。 
s-IMG_2738.jpg
撮影終了後、この焼き鳥を焼く臭いと煙に負け、生ビールを買いに裕ちゃんと売場に直行。
s-IMG_2739.jpg
日中の暑さも忘れ、千鳥足で生ビールを片手に夕涼み、花火の余韻にしたりながら屋台をめぐり歩く。
s-IMG_2737.jpg

 コメントありがとう 
順調で何より!ちっかさんのお帰りを一番楽しみに待っているのは子供達。御主人もお隣さんも含め、みんなで大喜びといったところですよね。よか!よか!よかです!ひとつぶの麦にとってもビックニュース。店のカウンターの前にパン袋を持って立つちっかさん、首を長~くしてお待ちしています。チャンスが有ればクランベリーでも手みやげにもう一度、なんて和ちゃんとパン焼きしながら話しています。とにかく、はやる気持ちを押さえ、無理なさらないで十分療養して下さい。
ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 1

There are no comments yet.

ちっか   

う・う・羨ましい~
今の私にとって滅茶苦茶羨ましい組み合わせのビールと焼き鳥
子供達も花火は見に行ったみたいです。(パパとばーちゃんと、そしてじーちゃんと)

私も釧新花火を窓から見ました。とても綺麗に見えましたが、やっぱり花火は下から見上げるのが一番だね~と旦那と…(子供達も一緒に7階から見てたんです~)
子供達も最初は良かったけれど、暑いし、焼き鳥やジュースなどはないし…最後は飽きていたみたいです 

そう、そう、リハビリも順調で、釧路に宅配しない前に、27~31日辺りには、自由の身になれそうです

2010/08/18 (Wed) 10:55