FC2ブログ

手紙

2011年03月07日
2
0
ひとつぶの麦の物語
手紙が1通、研ちゃんと和ちゃん宛てに届きました。差出人は以前「人生の楽園」で私達を知り、伊達市からひとつぶの麦にパンを買いに来てくれた、とてもステキで爽やかなご夫婦からでした。お二人の話では現在仕事を辞め、研ちゃん達と同じパン屋を開くのを目標に計画中との事で、「わざわざ遠くから!しかも同じ道を目標に!」感動した研ちゃんと和ちゃん、お二人を早々店内に上げ、ひとつぶの麦の美味しいパンと、和ちゃんの入れた愛情たっぷりのコーヒーでおもてなしをした次第なのであります。
s-IMG_3708.jpg
当時のお礼と、現在の進捗状況が丁寧に書かれた手紙に一安心。私達夫婦に出会えたことが、自分達にとって「忘れられない大切な宝物です」なんて書かれた下りに、2年前を思い出して研ちゃんおもわず涙がポロリ。自分達もひとつぶの麦の準備中、同じように多くの人に支えられ、そして励まされた事を思い出し、これが現在のひとつぶの麦の基礎で有り、また、「忘れてはならない宝物」なんだと改めて感動、つい涙した次第なのであります。
ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 2

There are no comments yet.

BOAZ  

うれしいね

ひとつぶの麦が地に落ちて・・沢山の実を結びます。ひとつぶの麦の励ましが、またひとつぶの麦を生み出すのですね。お手紙の主さんも、小さなひとつぶの麦になって欲しいと応援します。研ちゃんもガンバ!

2011/03/08 (Tue) 00:08

ken3179  

BOAZさん

御言通りの展開とのエール、大変嬉しいです。
この仕事、朝が早くてとても大変ですが、夫婦で焼き上げた真心の込めたパンで、お客様とふれあいが出来る、これって最高の感動、最高の幸せだと日々感謝しています。BOAZさんもガンバ!

2011/04/10 (Sun) 13:49