FC2ブログ

主われを愛す~だよね!

2012年06月10日
0
0
ぶらり教会散歩
夏を感じさせるような暖かさが続いた一週間、皆様におかれましてはいかがお過ごしのことでしょうか。新聞やテレビでは、政府与野党の消費税の駆引きや、オウム真理教の指名手配犯の逮捕や追跡劇などが頻繁に報道され、日本全体が「粒粒辛苦」、大変苦慮した一週間だったのではとご推察申し上げます。それでも、一週間が過ぎるとまた新たに一週間が始まる訳で、人生その繰返しが積重なり、時と共に年齢も積重なって「俺も(私も)年を取ったなぁ~~」なんて言葉が自然と口から出てくるようになるのではないでしょうか。
さて、今週のパンの紹介ですが、前回に引続きハード系のパン、それも新商品の紹介です。
くるみ入りバゲット 1本 230円

IMG_6726.jpg
さっぱりとした食感に、甘味のある胡桃(くるみ)が絶妙に合う!と研ちゃん思いました。(作った本人が言うのもなんですが
IMG_6732.jpg
火曜日から金曜日まで販売。研ちゃんは夕食で、アンチョビやピクルスや鹿肉と一緒に食べながら食材との相性のテスト、当然、赤ワイン(セイコマ)も一緒にテイスティング、すると和ちゃん、「それって(ワイン)関係ないんじゃない~」と、冷たい視線を研ちゃんのワイングラスに・・・
IMG_6727.jpg
先週、懐かしい人が標茶町に来ました。その名も「チャールズ・シェンク」、愛光幼稚園のシェンク先生なのです。先生との再会は50年ぶり、と言っても研ちゃんの記憶は薄々、愛光幼稚園に一期生で入園した時、標茶町にキリスト教の宣教師として来られていたのがシェンク先生でした。でも、愛光幼稚園の設立にご尽力つくした方だという記憶と、イエス・キリストの記憶と、クリスマスの記憶、それと、歌「主われを愛す~」の記憶だけが何故か鮮明に残っているのです、研ちゃんの脳裏には、何故か?(愛光幼稚園の一期生、赤の矢印がシェンク先生、黄色の矢印が研ちゃん)
App0043.jpg
80歳を過ぎたシェンク先生との再開、正直言って「よぼよぼの爺さん」では?と思っていた研ちゃん、お会いしてビックリ!!!今でもダンディー・シェンクなのです。シェンク先生、大変失礼を申し上げました。
IMG_6710.jpg
教会員の懐かしい思い出話しに、微笑みながら耳を傾けるシェンク先生。向かって左から、シェンク先生、次男のケンちゃん、シェンク先生の奥様、次女のバーバラさんです。
IMG_6699.jpg
ブラームスさんの指揮のもと、聖歌隊による歓迎の歌「主われを愛す」が歌われる。近藤牧師から譜面を渡された研ちゃん、何故か50年ぶりなのに、記憶薄々なのに歌えました、アーメンなのです。IMG_6712.jpg
シェンク先生とケンちゃんに挟まれての記念写真。研ちゃん幸せそう~~でしょう。本当に幸せでした。
IMG_6721.jpg
ケンちゃんとバーバラさんと一緒に記念写真。父とシェンク先生が仲が良く、ケンちゃんのケンは、研ちゃん(研二)の研から付けた名前とか?だから他人とは思えないので、おもわず握手をしました。小樽の兄の記憶では、シェンク先生のお子さんとよく一緒に遊んだそうで、その逸話も多く、その一部を伝えると「お兄さんのお名前、ジュンちゃん」(順一)バーバラさんの記憶も確かでした。なんと素晴らしい~アーメン!
IMG_6723.jpg
今は無き愛光幼稚園。メノナイト教会の窓から見える愛光幼稚園も、今は半分に壊され物置になっています。ケンちゃんとバーバラさんと三人で見つめ、「あそこが・・・入口で・・・あのへんが?」と語り合い、とても懐かしいひと時を頂いたような気が致しました。
IMG_6716.jpg
ケンちゃんとバーバラさんが、ひとつぶの麦の店舗を見に来てくれました。神様がめぐり合わせてくれたこの出会いに、研ちゃん、感謝、感謝。また、お二人にひとつぶの麦のパンを食べていただいたこと、これも研ちゃんとっては奇跡的な出来事だったのかもしれません。(標茶メノナイト・キリスト教会での記念写真)
IMG_6720.jpg
ステンドガラス工房
落として割れたガラスの形状を、そままデザインにして作ったステンドガラスです。まさに世界に二つとしてないデザイン、と言っても過言ではありません。和ちゃんのお気に入りの一つと言いてもいいでしょう。
IMG_6741.jpg
札幌から来たお客様がパンを買いに寄った際、このステンドガラス一目見て気に入り、数万円で購入を求めて来ましたが、和ちゃんの返事は「ノー!」でした。(ちなみに研ちゃん、売ればいいのに~と?)
IMG_6744.jpg
まんが似顔絵工房
前回の回答、デーモン小暮さんでした。孫のまつりちゃんにどうだったと聞くと、にこにこしながら研ちゃんのお腹をつつきました。作戦成功、大成功でした。苦労の甲斐があったといったところ!今週の絵も頑張りました。でも最近少しマニアックに・・・?大丈夫かぁ~~!
小林幸子
シェンク・ファミリーとの出会い、とても感動的でした。でも、日々のお客様との出会いも感動的なのです。お客様が別のお客様に「ひとつぶの麦のパン」と声を掛け、また新しいお客様がパンを求めて来て下さる、これも奇跡な出来事なのかもしれません。でも奇跡は偶然ではなく、神様がお創りになるもの、そうでしたよねシェンク先生!!!
ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.