FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

水もしたたるいい男

2012/12/09
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
雨か?と思ったら雪が、雪か?と思ったら今度は雨が、暴風雪による停電や地震による津波非難、真冬に起きる自然災害ほど恐怖を感じるものはありません。
IMG_8847のコピー
午前5時過ぎ、雨も弱まり一安心。
IMG_8847.jpg
午前6時、午前2時過ぎにスタートしたパン焼きも今がピーク、二人が一番忙しい時間帯。
IMG_8838.jpg
午前7時、予約の「おから食パン」も準備が出来、いよいよ販売開始です。
IMG_8843.jpg
午前9時30分、可愛いお客様がお二人、ライト君とリオちゃんです。パンもたくさん買ってくれました。
IMG_8844.jpg
12月2日(日)、標茶町コンベションホール「うぃず」で文化講演会が開催されました。
IMG_8853-1.jpg
今年のゲストは、ボクシングの元WBC世界フライ級チャンピオンの内藤大助さんです。
IMG_8861-2.jpg
幼少期に親が離婚、中学時代にはひどいいじめを受けた経験談や、ボクシングの厳しい練習に耐え世界チャンピオンを勝ち取った体験談を、トーク形式で「おもしろおかしく」お話してくれました。IMG_8867-3.jpg
来場者からの質問にも冗談を交え真剣に回答し、会場の雰囲気を盛り上げてくれました。
IMG_8877.jpg
標茶町からお土産をもらい退場、来場者から握手を求められ、それに親切に答える内藤さん。
IMG_8889のコピー
会場から出てきた内藤さん、相当お疲れのご様子で「ほっ~!」と一息ついて控え室に、ボクシングのタイトルマッチより辛そう。
IMG_8890.jpg
パンの配達で弟子屈町に行った時、フクハラの駐車場でシールをべたべた貼ったワゴン車に出会いました。車から降りてきたのは外国人の若いご夫婦でした。研ちゃんが「どこから?」と聞くと「チェコ!」と微笑んでくれました。持っていたハード系のパン「ナッツとフルーツ」をちぎって差し出すと、彼はがぶりと一口食べスマイルで「ナイスブレッド!」と言って喜んでくれました。
1.jpg
彼は人差し指を一本立て(ちょっと待っての仕草で)、車内から取り出してきたのが一枚のポストカード、二人でむしゃむしゃとパンを食べながら「ありがとう!!」と日本語で微笑んでくれました。何故かパン職人の喜びを感じました。(写真:頂いたポストカード)
App0040.jpg
12月5日(水)、標茶町塘路で「出前商店街」が有り、ひとつぶの麦もパンの販売で参加して来ました。
IMG_8892.jpg
「魚屋」無し、「雑貨屋」無し、「コンビ二」なんかあるわけねっ!の塘路で、標茶町の商店街が力を合わせ定期的に出店をするといった企画なのです。
IMG_8894.jpg
ひとつぶの麦、当然パン屋です。
IMG_8=
牛乳と弁当は三本販売店さん。
IMG_8906.jpg
家具の平田家具店さん。
IMG_8901.jpg
雑貨はジョイフル・クドウさん。
IMG_8902.jpg
洋服はまつやさん。
IMG_8900.jpg
魚と野菜は栗田商店さん。
IMG_8911.jpg
とうふの涌坂豆腐店さんと、セイコーマート磯分内店さん。
IMG_8899-2.jpg
試食用のケーキをナイフで切り、販売のお手伝いをする商工会の武ちゃん。出前商店街も彼の企画なのです。
IMG_8904.jpg
小樽の兄夫婦からクリスマス・プレゼントが届きました。
IMG_8913-1.jpg
雑貨屋で見つけたという小物入れは、ひとつぶの麦の店舗にピッタリなのです。
IMG_8936.jpg
さっそく注文用の伝票を入れ、レジ横の壁に掛け使用しています。
IMG_8932.jpg
12月ですね!12月と言えばクリスマスですね。クリスマスと言えば「ナディビティ(キリスト誕生)」の人形の登場。
IMG_8928.jpg
雑貨店「いろえんぴつ」の山崎さんから頂いたもので、ひとつぶの麦の大切な宝物の一つです。普段は寝室の棚に飾って有りますが、12月は店舗に出すのが慣わしになっています。
IMG_8929.jpg
北海道にとっては長い々冬が続きます。それも異常気象、先日の外販では雪から雨に、濡れるわ寒いわでそれは大変な一日でしたがお蔭様でパンの方は完売でした。これもお客様の協力があっての賜物、また明日からパン作りに励みますので宜しくお願いたします。どんな出会いが待って(主から与えられるのか)いるのか楽しみです。小さなパン家「ひとつぶの麦」でお会いしましょう。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード