FC2ブログ

春夏秋冬

2014年04月20日
0
0
ひとつぶの麦の物語
パンの仕込みは真っ暗闇からのスタート、パン屋の仕事は超~早い。仕込みから始まったパン作りも、焼成(パン焼き)が近づくつれ、表の景色も薄っすらと明るくなり出してくる。パン作りで最も忙しくなるのが、全ての作業が重なるこの時間帯なのだ。パンを作りながら季節を敏感に感じるのは、太陽の出没(日の出)と高度の変化。春、夏、秋、冬、春夏秋冬、四季折々、ステンド・グラスを通して差込む朝の太陽の輝きは、何故か希望に満ちた喜びを感じるものです。
ステンドガラス ステンド
いのちのパン「主の声に耳を澄ます」
怖がらなくてもいい。わたしがついているから・・・・・。あなたの不安な心に向かってわたしが、静まれ、落ち着きなさい、というのが聞こえるだろう。たとえ何が起ころうと、わたしは決してあなたを見放すことも、見捨てることもしない。この確信を、喜びに満ちあふれるまで、深くあなたの心に刻み込みなさい。たとえ、地が姿を変え、山々が海の中に移ろうとも、あなたは恐れる必要はない
わたしはあなたの右の手を取り、後に栄光のうちにあなたを受け入れる。
ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.