ひとつぶの麦の物語

人の目

 ←因果応報 →邦画

日曜日、休日ですが、中標津のお客様から数件まとめた注文が入り、パンを焼きました。パンを焼いていると、店の前に車が止まり、休業の看板を見て帰るお客様が何人かいました。ナンバープレートを確認すると、遠方のお客様もいたので、帰る後ろ姿を、心苦しい思いで見ていました。先日、野崎精肉店の奥様がパンを買いに見えたときも、「日曜日に来るお客様が、パン屋さんは今日お休みなんですか?とよく聞かれますよ!」と言われ、何のための仕事なの?誰のための仕事なの?と、少し反省を込め思案いたしました。なので、休日でも注文は受けるようにしています。
知床第一ホテルで観楓会をと思い、娘と孫を誘い、温泉と料理をたっぷり楽しんで来ました。でも、それはホテルの従業員が朝早くから夜遅くまで頑張ってくれた、手厚いサービスの代償があったお陰なのです。ホテルの入口で寒いのに出迎えてくれた人、フロントで親切に対応してくれた人、部屋まで荷物を持って案内してくれた人と、到着早々から、その手厚いのサービス受け、感謝の気持ちでいっぱいでした。大浴場の管理や清掃があって、気持ち良く入浴することが出来ますし、夕食の「マルスコイ」や朝食でも、配膳や飲み物等の行き届いたサービスがあってこそ、楽しい思い出がつくれるもの、気持ちよく眠れる布団だって然り、「お金を払うから当然」と思うのか、「よくぞそこまでしてくれた」と感謝するのかでは大違い。自分たちも仕事に戻れば立場は同じ、心の行き届いたサービスを目指さなければならないからです。
自分では気づかないうちに、「俺は客なんだ、金を払ってんだぞ~!」と、つい威張ったりマナーが悪くなり、第二の人生、60を目前に、「仕事って何だろう?」と考えさせられます。理由があって仕事につけない人でも、その人にとっては生きる事が大事な仕事。何のために働くのと聞かれると、家族のため、ご飯を食べるため、生きてゆくためにと人それぞれetc。結果、仕事でストレスが溜まると、人に愚痴を言ったり、やけ酒を飲んだり、病気(うつ病)になったりと、これまた問題もetcなのです。これら全てに共通してい言えることは、「人」と「人」が交わって発生する問題は、コミュニケーションがうまくとれない人間の感情的なトラブルが原因です。人が生きると書いて、それを「人生」と読みます。家族のため一生懸命に働くことは、とても素晴らしいことです。しかし、他人も自分と同じように家族のため、一生懸命に働いているんだということも忘れてはいけません。その思いやりが、コミュニケーションへとつながるからです。息子たちの生き方を見て、「今の若いものは、人のことを考えてない」などの愚痴を言ってしまい、自分も同じ道を辿って来たことを気づかされ反省する、「人の振り見て我が振り直せ」、人は人に教えられ成長してゆくものなのですね。聖書に「隣人を愛せよ」という言葉があります。この言葉を実行することは、非常に難しく無理だと思います。相手(人)に施しをしようと思えば、「右の手のすることを左の手知らせてはならない」という言葉もあり、私たちは「人に見てほしい」、「自分を認めてほしい」、「自分を評価してほしい」といつた願いや期待から、足の裏にも、背中にも知らせたくて、うずうずしてしまいがちです。「隣人を愛せよ」という言葉に、「人の目」を超越した世界「神の目」の生き方、誰にも知られない「愛」で、社会(仕事)や人に施し(貢献)をしていくといった、力強い生き方を感じ、そんな人生に憧れます。この話を息子にすると、「俺の施しをそんな目で見ていたのかぁ~!」と、有無を言わさず一方的に苦言を呈されました。自分も息子と同じように、容赦のない苦言を両親に浴びせ掛けて来たのかと気づきかされ、自責の念の駆られる今日この頃でした。

IMG_4514.jpg
IMG_4529-2.jpg
IMG_4518-1.jpg
IMG_4527.jpg
IMG_4526-2.jpg
IMG_4532-1.jpg
IMG_4534.jpg
IMG_4536-1.jpg
IMG_4538.jpg
IMG_4563.jpg
IMG_4565.jpg
.IMG_4540-1.jpg
IMG_4543.jpg
IMG_4546.jpg
IMG_4545.jpg
IMG_4551.jpg
IMG_4549.jpg
フルーツ
IMG_4547.jpg
IMG_4557.jpg
IMG_4556.jpg
IMG_4573.jpg
IMG_4575.jpg
IMG_4580.jpg
IMG_4577.jpg
IMG_4584.jpg
IMG_4587.jpg
IMG_4589.jpg
IMG_4591.jpg
IMG_4595.jpg
IMG_4601.jpg
IMG_4597-1.jpg
IMG_4599.jpg

スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 店舗のご案内
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり山日記
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり旅日記
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり教会散歩
もくじ  3kaku_s_L.png えんぴつ画
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
         
因果応報 ←因果応報    →邦画 邦画

~ Comment ~

思い出します。 

ご無沙汰です。
写真を拝見していると6か月前の楽しかった北海道旅行を思い出しました。
オホーツクの夕日、オシンコシンの滝、道の駅うとろ、道の駅しゃり•••

先日の爆弾低気圧の冬の嵐心配していました。
こちらでは、想像できないほどの厳しい寒さの中での
美味しいパン作り 頑張ってください。

また、いつの日か「小さなパン屋さん」の美味しいパンを食べに伺います。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【因果応報】へ  【邦画】へ

INDEX