ひとつぶの麦の物語

邦画

 ←人の目 →光(希望)
11月も残り一週間、クリスマスの準備には少し早いようですが、来週は和ちゃんがサラブライトマンのコンサートで留守にするため、日曜日、お店の飾り付けをいたしました。
最近、週末はDVDで邦画を見ながら寛ぐのが、研ちゃんの唯一の楽しみです。和ちゃん、「字幕を読むのが面倒になったんでしょ?」と馬鹿にしますが、研ちゃん監督による映像表現や、俳優の表現や演技力に魅せられ、役者って凄いなって感動して涙する今日この頃なのです。洋画でも同じではと思うでしょうが、邦画の方が自分の過去や身近な出来事と重なり、その感動は洋楽では味わう事は出来ません。ベテランの俳優では、西田敏行、中井貴一、阿部寛、佐藤浩市、織田裕二、柄本明さんにetc。若い俳優では、妻夫木聡、松田龍平、瑛太、岡田将生、高良健吾さんにetc。女優も含めると他にも大好きな俳優さんは沢山いますが、個性のある難しい役柄を見事に演じ切ったときなどは、役者という仕事の醍醐味を感じさせられ、感動で涙が止まらなくなります。「それって歳のせいで、涙腺が緩んでいるだけでしょ?」、と和ちゃんや親友の裕ちゃんにからかわれていますが、泣けるものは泣けるから仕方がないのです。読書をしていても、どの俳優に演技させるか?どう表現させるか?なんて、ちょっと楽しく、そして監督気分で小説を読んでいます。和ちゃんには反対されていますが、研ちゃん、ボクシング等の格闘技も大好きなので、60インチの大画面のテレビで、パッキャオやドネアの世界戦の観戦や邦画を鑑賞するのが目下の夢です。
49歳の電車の
悪人
舟を編む
素敵な金縛り
横道世之介
多田便利軒
県庁の星
パッキャオ
ドネア


スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 店舗のご案内
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり山日記
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり旅日記
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり教会散歩
もくじ  3kaku_s_L.png えんぴつ画
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
         
人の目 ←人の目    →光(希望) 光(希望)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【人の目】へ  【光(希望)】へ

INDEX