FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

光(希望)

2014/11/30
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
先週、標茶町にも初雪が降りました。灯油も高くなり、ストーブを焚かないように我慢していましたが、白いものがちらつくともう限界、朝一番の仕事はストーブのスイッチを入れることになりました。
ハード系のパンの注文が多い一週間でした。捏ねては焼き、捏ねては焼きの繰り返しに、「また作らなければならないのかぁ~?って感じでしょ」と、愉悦の眼差しで研ちゃんの作業を見つめる和ちゃん。それでも研ちゃんの心の中は注文してくれたお客様への感謝でいっぱい、それは、忙しい日はとても幸せな気持ちで働けるからです。焼き上がったパン達は、既に買ってくれるお客様が決まっていて、そしてその人達は、今日このパンを食べるのを楽しみに来てくれるからです。また、偶然店に来てパンと出会い、「あっ!カンパーニュが残ってたぁ~」なんて喜びながら、パンを抱えるようにして帰ったお客様や、バゲットが売り切れ、がっかりして帰ったお客様の顔を思い出しながら、繰り返し焼き上げていく仕事は、疲れを感じず、達成感や充足感で満たされるからです。和ちゃんもサラブライトマンのコンサートを聴きに行くのに、午前1時に起きてパンを焼き、午前7時の一番列車に間に合うように仕事を終わらせ、札幌のコンサート会場へと向かいました。その根性たるもの職人魂そのもの、無理しなくてもいいよと言ってやっても、お客様の喜ぶ顔が頭に浮かぶのでしょう、達成感や充足感を感じながら、繰り返しパンを焼いているのだと思います。
土曜日の夜、弟子屈町で娘とデートをして来ました。和ちゃんが札幌に行って留守なので、鮨の「よこ山」で食べようかと娘を夕食に誘ったのですが、孫の茉莉はお泊りでいなく、娘と二人だけの夕食となり、初デートとなった訳なのです。お店のご主人と女将さんは、とても優しい方で、開店時間の前でしたが、お店の中に入れてくれ、娘が来るまで待たせてくれました。「特上生ちらし」に、サービスの「あら汁」、最高に美味しく頂きました。そして、娘と二人の時間、最高に楽しく過ごさせていただきました。
衆議院が解散され、標茶町も各党の事務所開きの準備で大忙し、ひとつぶの麦に店舗の向かいでも、とある候補の選挙事務所が設けられました。消費税の増税、社会保障、原発の問題等々、日本が抱える問題はいっぱいです。高齢化や格差社会、そして飢餓。先の見えない社会情勢に希望を失いつつある人々、これは日本だけでなく、地球規模で抱えている問題です。花も鳥も動物も、人と同じく地球上に必要として創られた大切な存在、なので無駄に創られたものは何一つとしてありません。「夕あり朝あり」、「日は沈み、日はまた昇る」。旧約聖書の創め、神様が闇の中に最初にお創りになったものは「光」です。「光」は「希望」にたとえることが出来ます。仕事でも、人(お客様)に喜ばれる事を目標に努力すれば、自ずと心の中に「光」、希望が生まれるのかもしれません。

IMG_4641.jpg
IMG_4660.jpg
IMG_4633.jpg
IMG_4671.jpg
IMG_4661.jpg
IMG_4654.jpg
IMG_4667.jpg
IMG_4655.jpg
IMG_4681.jpg
IMG_4648.jpg
IMG_4474.jpg

スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード