FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

フォトウェディング

2014/12/15
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
先週、強い寒気と低気圧の影響で、西日本から東日本の広い範囲で雪となり、ダイヤの乱れや空の欠航が相次いだ一週間でした。道東でも雪の後に大雨が降り、釧路-標茶間では、自動車の事故や、大型トラックが坂を上れないないなどの被害も多数発生し、一時通行止めにもなったとお客様からお聞き致しました。しばれも段々と厳しさを増し、店用の暖房として購入した薪ストーブ型のファンヒーターも、店内を暖めるためオープン前から大活躍しています。日の出も遅くなり、午前六時を過ぎてもまだ薄暗く、カーテンを開けても寂しいので、クリスマス用のステンドを灯し楽しんでいます。注文のパン作りに追われて忙しい時、厨房の空気も張り詰め、ただひたすら黙々とパン作るといった状態で、心にゆとりがなくなります。楽しいパン作りが美味しいパン作りの秘訣、作業の合間にステンドの明かりを楽しむのも、大切な作業工程の一つなのかもしれません。
息子夫婦のフォトウェディングのため、釧路の清水写真館に両家で行って来ました。十二時から始まった着付けも、撮影までに約二時間程待たされ、新婦も「お腹が空いたよ~」と少し可愛そうでした。清水写真館を出た時には既に夕食の時間、昼食はプリンスか全日空で食べよう?と思案してたのがまったく無駄に終り、近くの「ビスターレビスターレ」に直行し食べる事にしました 。撮影までの長い待ち時間が、ご両親と沢山お話をする機会を与えてくれました。ウエディングドレスとタキシードに変貌を遂げた新郎新婦、その二人を複雑な思いで見つめるご両親。息子に「しっかりしろよ!」と思う反面、親としての責任を自覚し不安にさいなまれる研ちゃん、長い目で二人を見守りたいと思います。

IMG_4743.jpg
IMG_4735.jpg
IMG_4729.jpg
店-2
IMG_4723.jpg
IMG_4753.jpg
IMG_4750-2.jpg
I結婚-2
IMG_4756-3.jpg
IMG_4760-3.jpg
IMG_4762-4.jpg
結婚5
結婚4

スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード