FC2ブログ

開店休業

2015年02月11日
0
0
ひとつぶの麦の物語
雪と雨の繰り返し、今年は暖かいのでしょうか?やはり異常気象なのでしょうか?標茶町の虹別では、低気圧で続いた猛吹雪により帰宅困難者のため、酪農センターに一時的に避難所も開設されたとのこと。地吹雪のため、視界不良や通行止めで集荷が困難になり、生乳の廃棄処分など、大変な問題にもなりかけない今回の猛吹雪に、「一日だけでも大変なのに、三~四日も続くなんて何十年ぶりの事か?酪農家にとっては・・・」と嘆く酪農家の奥さんの胸中は、お店に例えるとまさに「開店休業」、相撲に例えると「特俵いっぱい」の状態なのかもしれません。玄関と窓が吹き溜まりで覆われた大浦さん、十年ほど前の百年に一度言われた猛吹雪の時は、家の前の車が全て雪に埋もれて見えなくなり、生乳の集荷も遅れ、道が開いて来たのが四日目の晩だったとか。生き物を扱う酪農の仕事は、厳しい自然との闘いでもあるんですね。また、客商売の私たちも同様にピンチ、地元のお客様はもとより、町外のお客様も来れなくなり、豆腐店のかあさんも「開店休業だわぁ~」と、度重なる吹雪に嘆いていました。ひとつぶの麦も同様で、開店の前後に数人のお客様が買いに来てくれましたが、吹雪が強まるにしたがい開店休業状態に、窓から吹雪の様子を伺いながら、「パン屋にとっても・・・」と嘆いていました。
KIMG0014.jpg
KIMG0012.jpg
KIMG0016-2.jpg
KIMG0017.jpg
KIMG0018.jpg
KIMG0019-2.jpg
KIMG0010-2.jpg

ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.