FC2ブログ

ひとつぶの麦の宅急便

2009年09月19日
1
0
ひとつぶの麦の物語
午前2時ベットの中で目が覚め、夢うつつ中、研ちゃんは考えた。。「やっと、ここまで来たんだな~・・・」と。
ひとつぶの麦の店舗完成写真(上・店舗から厨房、下・店舗のベンチから売場)
s-IMG_0298.jpg写真をクリック(すべて拡大されます)
店舗から中に入った時一瞬、ふしぎの国のアリスか魔女の宅急便の世界を想像。
s-IMG_0327.jpg
ここでベンチに座り(昭和のおみせをイメージ)買い物と、おしゃべりを楽しむことが。年配者は昔を懐かしみ、若者はレトロの雰囲気を。
昨日ついに店舗が完成。仕事が終わった家具工房のKATSUさんと和ちゃんとマーちゃん(うちの長男ですが)と研ちゃんの4人で、店舗のカウンターを挟んで、ひとつぶの麦のパンをトースター(パンがびょんと上に飛び出すタイプ)で焼き、バターをたっぷり塗って食べていると、
s-IMG_0318.jpgs-IMG_0311.jpg
家具工房のKATSUさんがおもわず「トーストをサクサクに焼き、この雰囲気で食べると、なんか懐かしくて涙がでますね~」と言い出した。私達三人はうなずき、そして、みんなでパンを食べながら店舗の完成を祝ったので有ります。
そんなことを思い出していたら急にお世話になった人にパンを届けたくなり、ベットから飛び出して焼き始めた次第で有ります。
s-IMG_0334.jpgひとつぶの麦の魔女宅急便。
ひとつぶの麦の名付け親と言っても過言ではない、釧路のぞみキリスト教会の渡邊牧師、パンづくりの勉強のため、たくさんの具材を提供してくれた興部町のぽっく。そして・・・おおくの・・・みな様に・・・感謝、感謝、感謝です。





ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 1

There are no comments yet.

ぽっく  

ぽっくです^^早速、家族みんなでパンをいただきました。いやー、おいしい^^これまた発酵バターとの相性はバツグンですね^^研ちゃんのパンに対する想いがヒシヒシと伝わってくるような・・・そんなおいしさでした^^有塩発酵バターは製造中止になってしまいましたが、ガゴメ昆布を使ったバターもありますので、よかったら使ってみてください^^

2009/09/21 (Mon) 01:36