FC2ブログ

この上もない喜び

2015年11月09日
0
0
ひとつぶの麦の物語
パンを作る仕事に巡り会えたこと、そして、その仕事を通して沢山のお客様に巡り会えたことに感謝しています。大人は言葉で美味しさを表し、子供は身体で美味しさを表現してくれます。何も無いところからパンという形を作り出し、それが言葉や表現となって返ってきたときが、職人として、この上もない喜びを感じる瞬間なのかもしれません。当然、苦しみや悲しみにも出会います。しかし、苦難の中から救いを求め導きだされたとき、その苦しみや悲しみは大きな喜びへと変わり、生きる源にもなってくれます。日曜日、釧路で長男の嫁のご両親と食事をしてきました。初めてお会いするご両親を想像しながら、ただ待ち合わせ時間を待っている私、ご両親への手土産を買う気回しのいい妻。自分が腹を痛めて生んだ子供、それも長男の結婚ともなるとこうも違うものかと、驚きと神経の図太さを感じずにはいられませんでした。コイツは一生独身かも?と思っていた長男が急に結婚することになり、正直、驚きで喜びが表現出来ないでいました。息子が食事をしながら嫁と嫁のお父さんと仲良く話をしている姿を見て、少し逞しくなったように感じました。釧路から戻ると、今度はその足で養老牛温泉「湯宿だいいち」に向かいました。楽しみの露天風呂も今日は雨なのでと思いながらも、心の中に降り注ぐこの上もない喜びは、雨の露天風呂もまたオツなものかと思わせてくれました。
KIMG0237.jpg
KIMG0236.jpg
IMG_6020.jpg
IMG_6023.jpg
IMG_6027.jpg
KIMG0279.jpg
KIMG0276.jpg
KIMG0262.jpg
KIMG0263.jpg
だいいち-2
ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.