FC2ブログ

作業する姿に

2016年06月17日
0
0
ひとつぶの麦の物語
16日(木)、17日(金)と二日間、札幌の道新ビル1階で、標茶・弟子屈・鶴居の三町村の、各地域の物産の即売会が開催されています。ひとつぶの麦もパンを販売する事になり、プレーン・ベーグル、チーズ・ベーグル、クルミ・ベーグルの三種類のベーグルを作り出店することにしました。店で販売するパンと注文のパン以外に、今回のイベント用のパンも作らなければならないため、少し早起きをしてのパン作りの開始でした。思ったより忙しく、朝昼食事抜きの作業となりましたが、何とか無事に発送する事ができ安心いたしました。作業をしながら思い出したことが一つあります。それはまだ店をオープンする前の事で、頭の中を「美味しいパンが作れるのか?店はオープン出来るのか?お客様は来るのか?」などなど、夢と希望と不安がいっぱい渦巻いていた頃のことです。札幌でパン屋めぐりをしていた時、ある一件のベーグル店で窓越しに見た光景、それは職人が手早くベーグルを沢山作る姿でした。俺も沢山作りたい、早く店を開きたいと、胸を熱くしながら帰宅した思い出です。あの時俺は、この忙しく作業をする自分の姿を夢見ていたんだよな、と・・・・・。そう思ったら感謝の気持ちで胸がいっぱいになり、瞼の裏に熱いものを感じました。
KIMG0043.jpg
ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.