FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

気力体力

2016/06/26
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
土曜日、小雨模様の天気にもかかわらず多くのお客様が来てくれ、午後3時には全てのパンが完売しました。特に朝は食パンのお客様が続き、いつもより多く作りましたが11時ころには売り切れ、週末に食べる自家用の食パンまで販売してしまいました。午後5時、明日、鶴居の酪楽館で催されるイベントのパン作りを開始する。午後10時、チーズベーグル50個が完成したので、冷まして袋詰をする。午後10時30分、クルミカンパーニュ6個(ハーフ12個)、かぼちゃカンパーニュ6個(ハーフ12個)、クリミバゲット12本、ナッツとフルーツ12本、イチジクとクランベリー12本、計60個のハード系パン作りの開始。午前4時、土曜日の朝のパン作りから数えて既に24時間労働、ここからは気力と体力の勝負、老体に鞭打っての作業が続きます。午前6時、最後のパンの完成を待つのみ、ついにゴールが見えてきました。午前8時30分、袋詰めとラベル貼りの全ての作業が終了し、段ボール箱に入れ準備完了。午前8時50分、愛車ハスラーにパンを積み込み、イベント会場の酪楽館に向け出発。9時35分、昨年より余裕を持ってイベント会場に到着、販売担当者と一緒にパンの陳列を済ませほっと一安心。帰路の途中、助手席から和ちゃんが「ご苦労さまでした。」と、眠たそうにしている研ちゃんに優しく声を掛けてくれました。
KIMG0050.jpg
KIMG0052.jpg
KIMG0055.jpg
KIMG0053.jpg
KIMG0054.jpg

スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード