ひとつぶの麦の物語

SL冬の湿原号

 ←チェコ・フィル・ストリング・カルテット →鹿肉料理
今年も、SL冬の湿原号がスタートしました。沢山の観光客がSLに乗り、またはSLに乗るため、標茶町にやって来るシーズンなのです。今日、ひとつぶの麦の駐車場に1台のタクシー(釧路の金星かな?)が止まり、2名のお客様がお店に入って来ました。聞くと香港からのお客様で、SLに乗るため、釧路空港からタクシーで真っすぐ来たとの事でした。インターネットでひとつぶの麦を見たと言いい、流ちょうな日本語で「写真撮ってもいいですか?」と聞き、二人はスマホで撮り始めました。撮り終わるとパンを選び、買ったパンを「ここで食べてもいいですか?」と聞くので、結果は(コーヒーもサービス!)ご覧の(写真)の通りです。二人が食べていると、女性のお客様が一人入ってきました。対応の和ちゃん(妻)に女性客が、「おすすめのパンはどれですか?」と聞くと、香港のお客様が後ろから、「クロワッサンが美味しいよ!」と女性客に教えていました。小さなパン家の小さな親切、ひとつぶの麦の小さな出来事でした。
IMG_9573.jpg
KIMG0319.jpg
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 店舗のご案内
もくじ  3kaku_s_L.png 男の料理
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり山日記
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり旅日記
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり教会散歩
もくじ  3kaku_s_L.png えんぴつ画
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【チェコ・フィル・ストリング・カルテット】へ  【鹿肉料理】へ

INDEX