ひとつぶの麦の物語

シーズン券

 ←白蕪(かぶ) →昔の感が少しずつ
6月1日、標茶町水泳プールの夜間の運営が始まりました。パンの販売を終わらせ、農業者トレーニングセンターに行き、町営プールのシーズン券(4,620円)を購入しました。プールに行くと、夕方から降り出した雨のせいか、泳いでいるのは自分ひとりだけ、贅沢にも貸切り状態でした。いきがってシーズン券を購入してはみたものの、最後にプールで泳いだのは二十年以上も前こと、鈍った身体(酒で)と年齢(60歳の還暦)まで考えていませんでした。初日だから1時間ぐらいで、と軽い気持ちで泳ぎだしたもの、なんと20分も泳がないうちにダウン。スポーツの厳しさ、水泳の苦しさ、25メートルの遠さに翻弄され、息を切らして帰宅いたしました。この先体力は続くのか・・・?シーズン券(4,620円)の行方はどうなるのか・・・?不安です。
IMG_20170602_0001-1.jpg


スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 店舗のご案内
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり山日記
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり旅日記
もくじ  3kaku_s_L.png ぶらり教会散歩
もくじ  3kaku_s_L.png えんぴつ画
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【白蕪(かぶ)】へ  【昔の感が少しずつ】へ

INDEX