FC2ブログ

問題解決

2017年06月21日
0
0
ひとつぶの麦の物語

クレッセント川崎に再発送するパンの作り直し、ヤマト運輸との話し合いも割り切れない状態でストップしているが、気持ちを入れ替えて作業に打ち込みました。お金の問題というより、和ちゃん(妻)と二人で一生懸命に作ったパンが、二人の気持ちを込めたパンが、と無念で無念でならなかったのです。パンの販売が一段落したのでコーヒーを入れ二人で飲んでいると、ヤマト運輸の責任者の方から電話が架かって来ました。結論から言うと、今回の責任はヤマト運輸で取るとの回答でした。「二人の愛の結晶、ひとつぶの麦のパンが無駄にならなかった~!」と心の中で叫びました。ヤマト運輸の誠意有る対応に、この場をお借りし厚くお礼申し上げます。今月の末から新規開拓で、東京都板橋区加賀にオープンするミニショップにも、ひとつぶの麦のパンの発送が決まりました。7月は鶴居村、10月は釧路市、各イベント会場での販売も控えています。還暦の二人にとっては少しハードかな?今日は標茶の水泳プールは定休日、でも今日は思いっ切り泳ぎたい気分、なので配達が済むと磯分内の水泳プールに直行、思いっ切り1時間泳いで来ました。
KIMG0363-1.jpg
ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.