FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

無料配布の聖書

2017/09/25
category - ぶらり教会散歩
コメント - 1
                         

ぶらり教会散歩、標茶メノナイト教会の主日礼拝に顔を出しました。パンの発送準備で家を出るのが遅れ、着いたらギデオン教会 旭川支部の森谷さんが証をしているところでした。ギデオン教会とは、ホテルや病院、学校や刑務所等に旧約聖書や新約聖書を無料配布し、キリスト教の布教活動を行っている法人で、私も標茶メノナイト教会の佐藤さんから昔(20~23歳のころに)いただきました。佐藤さんには2~3ヶ月読むと理解できますよと言われ渡されましたが、ほとんど見ることもなく、その聖書は本棚の肥やしとなっていました。それから十数年たち、その聖書を開く機会が訪れました。私がJA(農協)の共済係長になった時の事です。現業職から事務職に代わり、ネクタイを締めてデスクに座る日々が続き、精神的にも肉体的にもダウン寸前の時でした。体調不良で仕事を休み、数日家で寝込んでいました。仕事も溜まって、勉強しなければならない事も山ほどある、そんなプレッシャーの重みに押しつぶされそうになり、藁にもすがる思いで(救いを求めて)開いたのが、その時いただいたギデオン教会の聖書でした。読んでも理解の出来ない聖書でしたが、文字を見るだけでも安らぐような気がして、ただただページをめくって眺めていました。するとある聖句が目に、いや、言葉として聞こえてきたのです。そしてその聖句「主の祈り」は私の心に火を灯してくれました。うれしくてうれしくて、なんどもなんども読み直しました。翌日、不思議なことに体の痛みとプレッシャーは消え、元気はつらつと仕事に戻った記憶が、今なお鮮明に蘇えります。また、JA(農協)を早期退職した時も然り、旅をしている時も、次の仕事を探している時も常に読んでいたのがこのギデオン教会の聖書でした。教会に顔を出すようになったのもこの頃で、聖書を読んで理解の出来ない箇所を牧師に聞いたり、教会員の皆さんと交わりを持ったりと、聖書を通しての出会いもたくさん生まれました。そんな甲斐あって神様にみちびかれた仕事が「パン屋」であり、いただいた店名(天名)が「ひとつぶの麦」だったのです。
主の祈り(マタイの福音書6章9~13節)
天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。御国が来ますように。みこころが天で行われるように地でも行われますように。私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。私たちの負いめをお赦しください。私たちも私たちに負いめのある人たちを赦しました。私たちを試みに合わせないで、悪からお救いください。

KIMG0200-1.jpg
KIMG0204-1.jpg

スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

NoTitle

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/ckeWoM
でブログをやっているあゆといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード