FC2ブログ

豪雪地帯の苦労

2018年01月29日
0
0
ひとつぶの麦の物語

冬の寝床は大好きです。今日は休日、目が覚め、ぽかぽかの寝床の中でゆったりと本を読んでいました。ガタガタ・ゴーゴーと響き渡る重機の音がうるさいので、もしやと思い起きてブラインドをめくると、裏のステンド工房室の屋根に雪が積もっていました。「降ったんだ・・・?」とひとりごちり、寝床に入って読書の続き。今月に入ってから冬型の気圧配置が続いたため、日本海側を中心に大雪に見舞われ、空と陸の交通に影響が出ているとの報道が毎日のようにテレビで放映されています。午前7時、コーヒーを飲みながら朝刊に目を通し、朝の連続テレビ小説「わろてんか」を見ながら朝食済ませる。防寒着 に身を包み、昨夜積もった雪の除雪作業に取り掛かる。除雪をしながら数年前の大雪が脳裏をかすめる。積み上げた雪は物置の屋根まで届き、これ以上降ると和室の窓ガラスが割れるのではないかと不安でたまりませんでした。積雪3メートル、雪の投げ場のなくなった豪雪地帯の苦労がひしひしと伝わって来ます。
IMG_8792.jpg
IMG_8796.jpg
IMG_8799.jpg

ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.