FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

棟方志功の福光時代展

2018/08/27
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
8月26日()、釧路市立美術館で開催されている、版画家棟方志功の「棟方志功の福光時代展」に行って来ました。志功は版画家として超有名な方ですが、倭画(やまとが)や書、油絵も展示され、一番興味のあった二菩薩釈迦十大弟子や襖絵の五智菩薩図なども観ることが出来ました。志功の作品展を観ながら感じた事が二つあります。一つ目は、父に見せてあげたかった事。二つ目は、自分に芸術的センスがまったくないと感じた事です。父も絵や書が好きで、マッチ細工では城や札幌時計台など、大掛かりな作品もいっぱい作り、NHKのテレビでも紹介されました。そんな父の形見で大切に保管しているのが、棟方志功全集(全12巻)です。志功の作品に包まれながら輝く瞳で、優しい笑みを浮かべながら観て回っただろう父の姿が、はっきりと脳裏に浮かびました。
KIMG0213.jpg
IMG_20180827_0002.jpg
志功2
弟子
五智菩薩
正男
IMG_20180827_0005.jpg
IMG_20180827_0006.jpg
KIMG0214.jpg
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード