FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

リスニングポジション

2019/02/19
category - 気ままにクラッシック
コメント - 0
                         
月曜日、今日は定休日ですが、おから食パン6本(5本+1本)の注文が入り、朝5時から仕事をしていました。午前9半、注文の仕事が終わり、ひとつぶの麦のあん角をバターを入れたフライパンでこんがり焼き、わかめスープと和ちゃんお手製のサラダで朝食。食後にコーヒーを入れ、音楽鑑賞の始まり、始まりです。今日はドボルザークからスタートしました。曲目は交響曲第9番ホ短調Op.95「新世界より」。映画やテレビでよく使われるので、そういった意味では超有名な曲です。演奏はイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団で、指揮を執っているのがイシュヴァン・ケルテス。とても野性的で、この第9番「新世界より」の録音に於いては、名演中の名演だったのではないかと思います。小泉元首相の言葉を借りれば「感動した~。」といったところ、リスニングポジションを変えて一番聴きたかった曲です。なぜ昨日聴かなかったの?って言われちゃいますが、昨日は何故かチャイコフスキーの心境、「悲愴」を聴いてみたい心境だったのです。言い訳はさておき、お次はベートーヴェン、曲目は交響曲第6番へ長調Op.68「田園」。演奏はアカデミー管弦楽団で、サー・ネヴィル・マリナーが指揮を執っています。これも名演で、マリナー最高と叫び!称賛しまくりました。スピーカーの位置と向き、そして、リスニングポジションをいかにキープするかは、オーディオルームを持ってない限り、普通の生活圏では大変難しいものが有ります。なので、そういった環境化で音づくりをするということは、至難の業と言っても過言ではありません。ことクラッシック(特に交響曲)ともなると、楽器編成が複雑になるため、聴いても満足出来ないのが常です。そういった意味で選曲したのが、ドボルザークの「新世界より」であり、またベートーヴェンの「田園だったわけです。
IMG_20190219_072556.jpg
IMG_20190219_063837_BURST002.jpg
IMG_20190218_095226_BURST002.jpg
ドヴォルザーク新世界
IMG_20190127_0003.jpg
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード