FC2ブログ

新鮮な野菜

2019年04月05日
0
0
研ちゃん農協昔話
風邪もすっかり治り、元気いっぱいに仕事をしていました。スマホが鳴り出てみると、釧路町支所(農協)勤務の居り大変お世話になった野菜農家の鈴木さんからで、標茶に用事で来るのでパンを買いに寄るとの事でした。先日、当時部下だった熊ちゃんと酒を酌み交わしましたが、二人にとって釧路町支所は、思い出深い職場の一つです。なので酔いが回ると、当時の逸話で盛り上がり、昔は良かった、昔は良かったの世界に入り込むのです。鈴木さん家のお父さんがまた面白い方で、お邪魔すると色々な話をよく聞かせてくれたものでした。そんなお父さんとの会話で、農協職員として野菜農家の力になれる事はないだろうかと常に考えさせられたものです。当時、大企業にも合理化の波が押し寄せ、農協組織もその波は対岸の火事ではありませんでした。各事業所の廃止と合理化が進められ、研ちゃんと熊ちゃんの釧路町支所も同様に、生活店舗と資材店舗が合理化され、複数の仕事を兼務で行わなければならない状況に追い込まれました。そこで思いついたのが、職員が協力し合って仕事をするということでした。市場に出せない規格外の野菜を、金融の窓口担当者が店舗で販売したり、金融の粗品に野菜を使い、資材(野菜)の担当者も一緒に金融の推進に歩くといった事です。研ちゃんが釧路町支所の辞令を受けたのは、都市部での金融の開拓が目的だったので、釧路町のお客様に新鮮な野菜を安価で買いに来てもらい、農協にも貯金ができるんだ、保険(JAは共済)にも入れるんだと理解してもらい、貯金や共済の広域推進を広めて行くのが指名でした。この時、野菜の提供等で一番協力してくれたのが鈴木さんで、また、その取り組みは、鈴木さんのお父さんとの約束でも有ったのです。今日、鈴木さんご夫婦が新鮮な野菜をいっぱい届けてくれました。袋いっぱいのアスパラとほうれん草を受け取った和ちゃん(妻)は大喜び、さっそく、お昼にアスパラガスのバター炒めとほうれん草の胡麻和えを作っていました。なので今夜は、新鮮なアスパラと、お昼に作った胡麻和えで晩酌放浪記と参ります。風邪も治ったことだし、元気いっぱい、酒もいっぱい飲みたいと思います。
追伸:コメントの花粉症のご心配ありがとうございます。研ちゃん、アレルギー性鼻炎でしたが、今は全然問題なしです。ダメなのは猫アレルギーで、猫にさわることが出来ません。可愛いいんですが。

IMG_20190405_0002.jpg
IMG_20190405_0001.jpg
IMG_20190405_170220.jpg
IMG_20190405_171609.jpg
IMG_20190405_171628.jpg
宴会2




ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.