FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

出陣式の出来事

2019/04/19
category - 研ちゃん昔話
コメント - 0
                         
標茶町議会議員選挙も残すところ2日となり、午後4時ともなると、各候補者の選挙カーが所狭しと街の中を走り回っています。農協に勤めていたころ、酪農家の候補が回って来ると事務所から出て、候補者の選挙演説を聞くようにと上司から指示をされたものです。町議選と言えば懐かしい思い出が一つ有ります。言うべきか、言わざるべきか? そんな場面は、誰もが直面したことがあると思いますが、これはまさにそういった出来事なのです。研ちゃんが釧路町の事業支所長をしていたころでした。釧路町の議会議員選挙に組合員、つまり酪農家の候補者が一名出馬する事になりました。その候補者の出陣式に、地元の農協理事を連れて応援に駆け付けた時の事でした。出陣式の最後の挨拶、万歳三唱を理事が行う事になりました。用意された台に上がり、威勢よく「それでは○○候補の・・・、万歳三唱致します。皆さんご唱和を・・・」と大声で叫んだまでは良かった、だがその次の「○○候補、ば~あ~」の時に「」に力が入り過ぎ、上下の入れ歯が全部、それも見事に吹っ飛んでしまったのです。選挙がらみで落ちるは禁句、それが入れ歯が落ちたのですから、誰も笑う事もできませんし、また、上げた手を下すことも出来ないといった、ドリフターズの志村けんか加藤茶のコントのようなお話しです。配達の帰り、酪農候補者の選挙カーと交差しながら、そんな昔の記憶が脳裏をかすめ、一人車内で薄笑いを浮かべていました。
農協.2




スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード