FC2ブログ

新しいスタンド

2019年04月22日
0
0
研ちゃん農協昔話
朝、コーヒーを飲みながらNHKの朝の連続テレビ小説を見ていてら、昨日の投票日の事を思い出し、玄関に新聞を取りに行き当選者の確認をしました。和ちゃんがスムージを作ってくれたので、朝食がわりにスムージを飲みながら、落選者の顔を思い浮かべていました。部屋の掃除をしてからシューベルトのレコードを一枚聴き、役場と銀行へ所要の手続きに行きました。役場に行く事は滅多に有りませんが、印鑑証明書と納税確認書を取りに行くついでが有ったので、町長室に顔を出し、新町長と少しお話をしてきました。その足で農協に預金を積み行き、帰りにホクレンスタンドに寄って、オイルとエレメントの交換をしてきました。先週、鉄粉とタール落としで苦労しましたが、一部どうしても落ちないタールの塊が有ったので、ピッチクリーナーを借りスプレーしてみたら、これまた見事に、それも力を入れゴシゴシとこすらなくても、タールの塊が綺麗に拭き取れたのです。先週の「金と苦労」はいったい何だったんだろうと思ったら、考える事じたい馬鹿馬鹿しくなりました。話は変わりますが、実は研ちゃん、26~27歳のころ、このホクレンスタンドに勤務していたのです。しかも設立第一号給油者。つまりオープンした昭和56年12月21日、関係者によるテープカットの終了後、一番最初に給油したのが研ちゃんだったのです。旧スタンドに人事移動の辞令が出た時、正直言って研ちゃん農協を辞めようかと真剣に考え、その悩みを先輩に相談しました。結論は、やるからには心機一転、前任者がしていなかった窓ふきやオイル交換など、都市のスタンドを真似して、とにかく一生懸命やってみようという事でした。それもこれもその時の上司、スタンドの所長との出会いが有ったからだと思います。研ちゃんの考えを実行させてくれ、一緒に働き、仕事もいっぱい教えてくれました。結果、売上も利益も順調に伸びて、当時の経済部長が頑張れば新しいスタンドを作っやると言って、出来たのがこのホクレンスタンドだったのです。今思い出しても、あの頃は頑張ったなと思います。女子マラソンの有森裕子さんの言葉を借りれば、「自分で自分の事を褒めてやりたい」なんて台詞も、数十年前の出来事なので許してもらえますよね。最後は館田理容所で断髪式、綺麗さっぱりした頭で今週も頑張ります!
IMG_20190422_081132.jpg
IMG_20190422_081615.jpg
IMG_20190422_082451.jpg
IMG_20190422_135053.jpg
IMG_20190414_161732.jpg
IMG_20190422_141710.jpg
IMG_20190422_134842.jpg
IMG_20190423_0001.jpg
IMG_20190423_0002.jpg
IMG_20190423_0003.jpg
理容館田

ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.