FC2ブログ

平成最後の○○○

2019年04月30日
0
0
ひとつぶの麦の物語
今日で平成が終わります。テレビでは「平成最後の対戦です」とか、「平成最後の優勝者は」と言った放送が仕切り無しに、繰り返し繰り返し流されています。ちなみに研ちゃんも「平成最後のパン作りだ」とか、「平成最後のゴミ投げです」といった調子で、早朝から連発していたら、さすがに和ちゃんもうんざりって顔をしていました。娘と孫が「研ちゃん、一度言い出すとしつこい」とよく言われます。いわゆるお調子者。仕事が一段落して部屋で休んでいると、平成最後に聴くクラッシック音楽は何を聴こうかな~?とか、平成最後の晩酌放浪記は何を飲もうかな~?など、やっぱり「平成最後の○○」が頭から離れません。がしかし、テレビを見ていたら、ふと平成最後を機に酒を止めようかな~、そしたら平成最後を機に生まれ変われるかな~と。だがしかし、そんな甘い考えは直ぐに消え去りました。なーんでか、令和に変わったら最初の晩酌放浪記は何を飲もうかなと考え出したからです。平成最後の仕事、平成最後の孫とのスナップ、平成最後の気ままにクラッシック、平成最後の晩酌放浪記、ラストは平成最後の晩餐、男の料理です。研ちゃんやっぱりしつこい、そしてお調子者。気ままにクラッシックはモーツァルトのフルート四重奏曲第1番ハ長調K285。フルート奏者はジェームズ・ゴールウェイで、四重奏を奏でるのは東京クヮルテットのメンバー。ゴールウェイは、彼がベルリンフィルを退団するとき、あの指揮者の皇帝カラヤンが引き留めたという逸話の持ち主で、研ちゃんの大好きなフルート奏者です。もちろんフルート四重奏曲第1番も大好きです。ちなみに平成最後に聴いたクラッシックはこの1曲だけでした。今日、親友の裕ちゃんから「山椒}を頂きました。瓶に入って売ってる山椒は正直言ってマズイ。この事を裕ちゃんに話したら、ミルで砕く山椒でなければ「ダメだ!」と言って、ミル入りの山椒をくれました。なので晩酌放浪記の〆はソースカツ丼と決めました。セブンの千切りキャベツと熱々の豚カツをご飯に載せ、ソースと山椒をたっぷり掛けて完成、モー言う事無し絶品でした。あっ、それと親友に感謝、やっぱり持つべきものは友というやつです。明日の令和第一号の予約の食パンは、朝早くて種類が多い。なので今夜はもう寝ます。平成よさようなら・・・。
IMG_20190430_160822.jpg
IMG_20190430_160757.jpg
店
IMG_20190430_160719.jpg
IMG_20190430_160641.jpg
IMG_20190430_165325.jpg
IMG_20190430_165408.jpg
モーツァルト
IMG_20190430_175346.jpg
山椒
IMG_20190430_185741.jpg
IMG_20190430_190345.jpg
IMG_20190501_040220.jpg



ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.