FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

おじいちゃんとおばあちゃんのお世話

2019/05/08
category - 研ちゃん昔話
コメント - 0
                         
金融部の仕事で「年金友の会」に関わる催しが年に数回有りました。その中でも一番大きな行事が総会です。農家のおじいちゃんとおばあちゃん数百人を大型バス数台に乗せて、ウトロや網走等の大型リゾートホテルに連れて行き、昼はゲートーボール大会とパークゴルフ大会、夜は宴会とカラオケを三泊四日の日程で行うといった、農協の一大行事の一つでした。なので新人職員は全員が教育の一貫として参加かさせられ、おじいちゃんとおばあちゃんのお世話をする事になっていました。出発前の打ち合わせ会議にも参加させ、添乗員としての認識も持たせ、責任のある仕事だという事を理解させました。出発当日、農家を一軒一軒を大型バスで巡回しおじいちゃんとおばあちゃんを載せ、乗車人数の確認、会費の徴収と集計といった仕事を手伝ってもらいました。宴会が終わると、温泉やホテルのスナックで倒れた人がいないか見回りをし、問題が無ければ、ホテルの一室を借りて反省会兼ご苦労さん会をしました。一杯飲んでから温泉に入り足を滑らせて頭を打つ人、スナックで飲み過ぎて立てなくなる人のetc、歳をとっても気持ちだけは若く、焼酎もストレートでガンガン飲み、己を見失うおじいちゃんいっぱいいました。研ちゃんこの仕事に意外と拘りを持ち、反省会の席上では、農家のおじいちゃんとおばあちゃんのお世話の大切さを、新人や若い職員に熱っぽく語っていたように記憶しています(三枚目の写真がその証拠)。令和の時代では骨董品的な存在で、嫌われる上司(おじさん)の代名詞でしょう。
友の会
友の会-2
反省会





スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード