FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

人とひと

2009/11/03
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
看板灯を設置しました。段々と日が落ちるのも早くなり、夕方になると店が開いてるのか、閉まっているのか分からないといったお客様のお言葉に対応するべく問題の相談者、親友裕ちゃんを呼び出し、曲がったのが、いや、真すぐがの議論の末、裕ちゃんが見つけたアンティークのこのランプに決定しました。
s-IMG_0840.jpg
どうです雰囲気有るでしょう。設置も裕ちゃんなんですが、工事が終わり、お世話になったお礼に一杯ご馳走しようとしたら、なんと酒まで持って(それも、あの久保田)来てくれて、研ちゃんあんまり嬉しくて、先に寝ちゃいましたが、とにかく親友湯ちゃんに感謝です。
一ヶ月過ぎた今でも、おめでとう!頑張ってるね!体、壊さないでね!とお祝いを届けながら、声を掛け、そしてパンを買っていってくれる、友人、知人に感謝です。
s-IMG_0847.jpg
これらの暖かい心使いに対する恩返しとして、今来てくれているお客様一人ひとりを大切にし、聖書の言葉から名付けた「ひとつぶの麦」が豊かな実を結ぶような店(パン家)づくりをと、あっ、最後のお客様がきました。研ちゃん「残り2個のカスタード・ドーナツしか有りませんが」お客様「ぜんぶ下さい」研ちゃん「こんなパン家で、すみませんね」お客様「いいえ」研ちゃん「これでも、残っていて良かったと喜ぶお客様もいるものですから」お客様「はい」研ちゃん「ありがとうございました」研ちゃん「和ちゃ~ん、完売!!!」和ちゃん「は~い!!!」
s-IMG_0851.jpgスイッチ絵文字名を入力してくださいパチリ!
CLOSEです。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード