FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ken3179

Author:ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

    
            

親子ずれ

2009/11/07
category - ひとつぶの麦の物語
コメント - 0
                         
今日の出来事。
研ちゃん買い物からの帰り、車を駐車して店(家みたいなものですが)に戻ろうとしたところ、2台の車が道路の両側に停車、1台からは若い男女のカップル、もう1台からは一人の女性が「ひとつぶの麦」に入っていきました。そこに小さな子供と手をつないだ親子ずれが一組、郵便局の前を通り過ぎ「ひとつぶの麦」に曲がったところに、別の親子ずれが横断歩道をわたって来て、またまた「ひとつぶの麦」に曲がろうとしていました。
s-IMG_0864.jpg
カメラマイバックに「ひとつぶの麦」のパンをいっぱ入れて、楽しそうに自宅に帰る親子ずれ。
親子ずれが続けて「ひとつぶの麦」に入るのを、買い物袋をぶら下げて見ていた研ちゃん、この場所でいつかわと夢見ていたこの光景、店に入らず(玄関が一つなので、お客様がいたら入れないだけ)ただ幸せいっぱいで眺めていた分けで有ります。
s-IMG_0865.jpgs-IMG_0876.jpgs-IMG_0877.jpg
カメラ(左)お母さんの貫禄たっぷりのリーちゃん(中央・右)感動の看板に座布団三枚で~す!!
感動のよいんを心の残して店に戻ってみると、リーちゃんが床に座り込み、終わったハロウィーンの看板を新作に書き直すところでした。
なぜこの子は(リーちゃんですが)こんなに絵が旨いんだろう。そして文章も巧みに使い、その出来映えに研ちゃんは最初に脱帽、次に唖然、最後に感動。そしてこの子は(リーちゃんですが)を「ひとつぶの麦」に使わして下さった神様に感謝の祈りを捧げるので有りました。今日も沢山の感動を・・・アーメン。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード