FC2ブログ

記憶に残る食べ物

2019年09月16日
0
0
男飯
皆さんは子供の頃の食べ物で、記憶に残っているもの、また、もう一度食べてみたい物って有りますか?研ちゃんが上げるとしたら、それは断然にきんつばです。明治生まれのばあちゃんがいて、帯広の親戚の家に遊びに行った帰り、必ずお土産に買って来てくれたのがきんつばでした。当時の子供は甘いものに飢えていました。今の子供たちのように、ポテトチップスだのスイーツだのと、何でも手軽に買ったり、食べたり出来る時代では有りませんでした。ばあちゃんの帰りをひたすら待ち、帰ると同時にきんつば買って来た!とばあちゃんに飛びついたものでした。また、仏壇にお供えして有るきんつばを眺めて(狙って)いると、もう少し待ちなさいと、笑みを浮かべ諭されたものです。NHKの朝の連続テレビ小説なつぞらを見ながら、そんな子供の頃の思い出話をしたら、和ちゃんが札幌のお土産にきんつばを買って来てくれました。研ちゃんの話、聞いていてくれてたんだ。ここだけの話ですが、もったいないので、朝と昼とで半分ずつ食べました。それと札幌のお土産の中に、お姉ちゃんが作ってくれたご飯のおかずも沢山入っていました。これも子供の頃のばあちゃんを思い出す食べ物の一つです。今みたく、ハンバーグだのスパゲティーだのといった贅沢な料理が並ぶ食卓では有りませんでしたので、ばあちゃん手造りの保存食がいっぱいお膳に並び、兄弟で取り合って食べたものです。パソコンで写真の整理をしながら、姉兄の顔を見て、昔の事を懐かしむ今日この頃なのでしす。
IMG_20190916_100601.jpg
IMG_20190916_100823.jpg
IMG_20190916_101202.jpg
IMG_20190916_101028.jpg
IMG_20190916_101331.jpg
IMG_20190916_101413.jpg
IMG_20190917_084349.jpg
IMG_20190916_144613.jpg
IMG_20190916_145106.jpg


ken3179
Posted by ken3179
小さなパン家「ひとつぶの麦」のブログへようこそ!
33年間勤めたJAを早期退職し、愛する妻(和ちゃん)と二人で、自宅の玄関を改良して始めた小さなパン屋。未知(パン職人)の世界へのチャレンジです。
二人の共通の趣味は登山と食べ歩き。個人的には、私(研ちゃん)はカメラと音楽鑑賞(クラシック音楽が大好き)、和ちゃんはステンドグラスとガーデニング(バラが大好き)。
そして二人には可愛いお孫ちゃんが三人、最近は生意気で可愛く無い時も有りますが!

Comments 0

There are no comments yet.